2010年12月5日(日) 音楽座ミュージカル「ホーム〜はじめてテレビがきた日〜」 初日

DSCN1667a.jpg

今日は、音楽座ミュージカル 『ホーム~はじめてテレビがきた日~』 初日でした。

宮崎祥子さんの音楽座ミュージカル再出発の作品ですから、私はもちろんしっかり初日から見てきました。

宮崎祥子さんの役は、「幸枝」。 主人公の山本哲郎(佐藤伸行さん)の妹の役です。 宮崎さん自身のリアル年齢より若いところから、白髪が混じったおばあちゃんに近いところまで演じます。 リアル年齢より上を演じるのは、初めてじゃないかしら? 

前回の出演は、『シャホン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ』の里美役でした。 それより、出番はとっても多いです。 台詞も多いです。 なので、よっぽど楽しめます。

今日、初日が開いたばかりなので、お話の中身は詳しくは書きません。 でも、中身は、この演目のチラシの絵から最初に受けたイメージとは全然違いました。 その意味では、このチラシはかなり的外れで、失敗作に近いと私は思います。 ただし、『はじめてテレビがきた日』 というサブタイトルのほうは、このストーリーに込められた大事なもののワザと一歩手前に外したところを婉曲表現で指しているように思います。 

宮崎祥子さんのことを書きます。 宮崎さんは「幸枝」だけではなくて、オリジン役でも出ているようでした。 幕が上がって最初のプロローグの場面で、オリジンがゴニョゴニョしている中にもいましたし、その次の2回目にオリジンたちが出てくる場面にもいました。 それ以降のオリジンたちの場面では、見つけられませんでした。 2回目にオリジンたちが出てくるときは、その前に幸枝は下手にはけていくけど、オリジンでは上手から出てくるのでご注意。 (タマネギったら、なにを見てるんだか)

自暴自棄になってる兄に噛みつく場面では雀卓を蹴飛ばしてしまいそな勢いだったし、「新しい洋服を....、髪型を変えても....」と夫に不満をブチかます場面も迫力満点でした。 個人的には、ちょっと身につまされる台詞で耳が痛かったデス。 可愛い系ヒロインのミュージカル俳優もいいのですが、これからはいい芝居をやれる役者のほうに軸足を移していってほしいです。

7月のミュージカル座公演「ひまわり」以来、ほぼ半年ぶりに宮崎祥子さんの舞台を観られた、幸せな日曜日でした。 

<追記> 公演プログラムの中に、今後の公演予定が書いてありました。

音楽座ミュージカル「リトルプリンス2011」 星の王子様
東京公演 ル テアトル銀座 2011年5/31(火)~6/12(日)
大阪公演 イオン化粧品シアターBRAVA! 6/25(土)、26(日)
広島公演  ALSOKホール 7/2(土)
ホームタウン公演 町田市民ホール 7/7(木)、8(金)

*「リトルプリンス2011」ってタイトルになっていますから、内容を前回の2008年のときとは変えるんでしょうね。 私も見直したほうがいいと思います。 「おいしい水」 Agua de Beber なんて、ジャズナンバー中心になったりしてね。これは冗談です。

それから、2011年秋 新作公演を予定 ともあります。 「リトルプリンス」と新作公演を対象にした2011春オーディションもあるようです。

posted by 宇部産タマネギ at 19:08 | Comment(1) | 宮崎祥子 |

2010年11月10日(水) 音楽座ミュージカル「ホーム」キャスト発表

しばらくネット環境のないところに行っておりました。 本拠地に戻ってみたら、音楽座ミュージカルの次回作「ホーム」のキャスト発表が出てました。 こちら です。

それによると、私こと、宇部産タマネギが応援している宮崎祥子さんは、幸枝 と 豊 の 2役で出演されるようです。

「ホーム」、まだ見たことないので、どんな役どころなのか私はまったく知りません。 出番の多い役だといいな。 里美は出番少なかったからなぁ。 

キャスティングされていると楽しみになってきます。 12月は久々に劇場通いをします。

posted by 宇部産タマネギ at 01:05 | Comment(0) | 宮崎祥子 |

2010年9月25日(土) 宮崎祥子さんからメッセージ

私こと、宇部産タマネギが応援している宮崎祥子さんから、メッセージを頂きました。 ここでご紹介します。

100914_2018~0003.jpg『こんにちは宮崎祥子です。
 音楽座ミュージカルから再出発します。
 舞台から離れたかったけど無理でした!
 学習能力がないと言われました。私もそう思います。
 悔いが残らないよう生きるのみ。
  私の人生だから(笑)。
 私を救って下さった演出家に心から感謝します。
 次回作の「ホーム」、ぜひぜひ観に来てください。 』

posted by 宇部産タマネギ at 09:41 | Comment(4) | 宮崎祥子 |

2010年9月23日(木祝) 宮崎祥子さん、Rカンパニー(音楽座ミュージカル)にカムバック

私にとっては、久々の朗報です。

私こと、宇部産タマネギが応援している 宮崎祥子さん が、Rカンパニーに復活しました。 音楽座ミュージカル/Rカンパニー公式Webサイトの中の、メンバー紹介のページ(こちら) をご覧ください。 プレ・メンバーの一人として載っています。 

ということは、12月に東京公演がある 音楽座ミュージカル『ホーム ~はじめてテレビが来た日~』に出演があるのかな、と期待しちゃいます。

<追記> つい先日、音楽座ミュージカル『ホーム ~はじめてテレビが来た日~ 』のチラシが郵便で届きました。 そのウラ面に関根麻帆さんの写真が載っています。 ということで、関根麻帆さんも出演されるのでしょうね。 でも、関根麻帆さんは、メンバー紹介には載っていません。 <追記終わり>

posted by 宇部産タマネギ at 02:15 | Comment(3) | 宮崎祥子 |

2010年7月9日(金) ミュージカル座公演「ひめゆり」

 私こと、宇部産タマネギが応援している宮崎祥子さんの、ほぼ1年ぶりになる舞台を観てきました。 ミュージカル座の「ひめゆり」です。 

DSCN1585a.png

 宮崎祥子さんは、ひめゆり学徒の「はる」役。 今までに演じてきたどの役ともちょっと毛色が違う役だと感じましたが、それでも祥子色のオーラは健在でした。 それでいて、ちょっと毛色が違う感じの、いい味出してました。 再び舞台で宮崎祥子さんを観られるこの日を待っててよかったです。

 「ひめゆり」を、今日初めて観た私が言うのも何ですが、「ひめゆり」は、ミュージカル座のミュージカル座らしさというか生い立ちを凝縮したような、ある意味、看板演目であるわけですよね。 今日、拝見したところ、これまで私が見てきた「サイト」(2009年2月、博品館劇場)や「ロザリー」(2009年10月、六行会ホール)とこの「ひめゆり」では、『さすがに、作品の作りこみ具合が違うな~』と感じました。 思えば、音楽座ミュージカルの作品でも同じような印象を持ったことがあります。 「七つの人形の恋物語」(2008年8月、赤坂ACTシアター、主演:宮崎祥子)の次に、「マドモアゼル・モーツァルト」(2008年12月、東京芸術劇場)を観たときのスッキリ感に似ています。

posted by 宇部産タマネギ at 02:07 | Comment(1) | 宮崎祥子 |

2010年4月2日(金) 宮崎祥子さん公演情報 ミュージカル座「ひめゆり」

 宇部産タマネギが応援している 宮崎祥子さんが出演する公演情報です。

 ミュージカル座創立15周年記念公演 終戦65年特別企画
 「ひめゆり」
 会場  THEATRE1010  (つまり、シアター千住)
 公演日程  2010年7月8日(木)〜7月13日(火) 全8公演

 http://www.musical-za.com/STAGE/himeyuri10/stage.htm

 宮崎祥子さんは、 ひめゆり学徒の「はる」役で出演します。 この公演は、一部、ダブル・キャストで上演され、宮崎祥子さんは★組(ほしぐみ)です。

 キャストを見ますと、井料瑠美さん、北村がくさん、浦壁多恵さんをはじめ(もっと古い人も)、劇団四季の舞台でお目に掛かったことのある俳優さんが何人もいます。 祥子さんの舞台は、音楽座ミュージカルの「シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ」以来、ちょうど1年ぶり。 待っててよかった.... 

<追記> 劇団四季時代音楽座ミュージカル時代 に続く3枚目の出演記録表を作らなきゃ... やっぱり俳優さんは、舞台に出ててくれるのがイチバンですね。 俳優さん自身も、舞台に出てるのがイチバンでしょうけど。

posted by 宇部産タマネギ at 00:57 | Comment(5) | 宮崎祥子 |

2009年4月11日(土) 音楽座ミュージカル「シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ」 キャスト発表

 今日のイベントが終わってから音楽座ミュージカルの公式サイトで発表になるんだろうな、と思っていたら、やっぱり発表になりました。 6月に、東京、相模大野、大阪で上演される「シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ」のキャスト発表です。 公式サイトのページはこちらです。 でも、発表にはなったものの、なんだか公式サイトで見えたり消えたりしてたみたいだし、まだまだ流動的という予感がしますけど...

 私こと、宇部産タマネギが応援している宮崎祥子さん。  宮崎祥子さんは、里美役 です。 祝!出演決定! 

 お佳代ちゃんは、高野菜々さん。  「マドモアゼル・モーツァルト」に続いて主役ですね。

 ゆうあんちゃんは、安中淳也さん。

 上坂琴乃さんは初舞台になりますね。 それから辻本真由美さんは、4月からRカンパニーに入った新人さんです。 辻本さんも初舞台。

 でも、今回も渡邊りせさんのお名前がありません。 これは残念です。 「七つの人形の恋物語」、もっと見ておけばよかった...

<追記4/12(日)> 例によって、タマネギ版キャスト表を作りました。 こちらです。 <追記終わり>

posted by 宇部産タマネギ at 23:06 | Comment(2) | 宮崎祥子 |

2009年3月19日(木) 祝!受賞 宮崎祥子さん

 音楽座ミュージカルの公式サイトに、宮崎祥子さんの受賞についての記事が載っていました。 公式サイトはこちらです。 公式サイトでは、この情報が独立した記事になっていないようなので、全文を引用させていただきます。

-- ここから引用 --   2008年7月6日(日)北とぴあで上演した「リトルプリンス」の公演が、主催のきたく子ども劇場よりきたく子ども劇場賞・作品賞を受賞、王子役を演じた宮崎祥子が、個人賞・ベスト出演者賞を受賞しました。(3/17) -- 引用ここまで ---

 この日の公演は私も観ていました。 その日のブログ記事はこちらです。 受賞おめでとうございます>宮崎祥子さん。 応援している私も嬉しくなってしまふ。

 宮崎さん、賞をいただいたのは、マラソン大会以来だそうです。

<追記 3/20> 音楽座ミュージカルの公式サイト、作品紹介の「リトルプリンス」の項には、さっそく今回の受賞の記録が載っています。 やること早いですね。<追記終わり>

posted by 宇部産タマネギ at 19:55 | Comment(4) | 宮崎祥子 |