2006年1月13日(金) 今週のキャストから

「美女と野獣(福岡)」

 どうみてもを意識したキャストの投入で笑ってしまいます。柳瀬ビースト、早水ポット、そして極めつけは下村ルミエール。名古屋で千秋楽の挨拶をやって、また福岡でもやってもらうつもりでしょうか? いえ、不満なんじゃありませんよ、私だって土曜日が空いてりゃマチソワで遠征したいくらいの豪華な顔ぶれだと思います。でも、楽間際にこういうことをやるんなら、京都アイーダだってもうちょっとなんとかできたんじゃないの、と言いたくなります。

 それはそうと、女性アンサンブル1枠に初顔の新子夏代(あたらしなつよ)さんが登場。新子さんは、去年は「人間になりたがった猫」に出ていたのですが、年が明けてからは姿を消したので、どこに行ったのかな〜と思っていたのですが、BBだったんですね。

 男性アンサンブル10枠の原田昌幸さん、女性アンサンブル3枠の遠藤珠生(えんどうたまき)さんのお2人だけが、「美女と野獣」福岡公演で完全出場を続けています。今週を含めて、あと2週でゴールです。タマネギ版の「美女と野獣(福岡公演)出演者一覧」も、合わせてご覧下さい。

「人間になりたがった猫(全国公演)」

 先週は、女性アンサンブルのほとんどの枠がダブルキャストが組まれていて、どうやらA組とB組があって日替わり交代だったのですが、今週は昨日と今日で見る限りA組オンリーのようです。

 漢字がわからなかった (かみじょうなな)さん、(まつもとりさ)さん、(いしぐりえり)さん は、それぞれ上條奈々さん、松本梨沙さん、石栗絵里さんとわかりました。これは、四季公式Webのライオンキングのキャスト一覧が新しくなって、そこにお名前が出るようになったのでわかりました。名古屋LKが終った機会に少しリニューアルしたんでしょうかね。

  そうそう、このLKのキャスト一覧で、Yシンバの高畑兄弟と、シェンジの高島田さん、それから女性アンサンブルの王クンさんだけ、名前が違う色の文字で表示されませんか?私のPCでは、白文字になります。なんでこの4人だけ白文字なのかなー、と考えてしまいました。わかったら「な〜んだ」別に特別な意味はないです。気にしない気にしない。

posted by 宇部産タマネギ at 02:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年1月8日(日) 来週の動き

今週は、週初めに小規模なキャスト移動があっただけで、週の半ばでの移動はアンサンブルさんを含めてもまったくなくて、キャスト表作りとしてはとても平穏な1週間です。

明日の1月9日(月、祝日)は、いよいよ名古屋LKが千秋楽です。最後を飾るYシンバ&Yナラは誰でしょうね。

ところで、来週は半分くらいの公演が金曜まで休演で、土日から始まります。お正月休みということだと思います。「ライオンキング(東京)」、「キャッツ」(東京)、「マンマ・ミーア!」(大阪)、「コーラスライン」(京都)の4本がそうです。

「南十字星」(東京)と「美女と野獣」(福岡)の2本は、千秋楽が近いので、もうそのまま最後まで走ってもらう、ということらしく、正月休みは無しで、普通に公演があります。

「オペラ座の怪人」(東京)は、再来週に保守点検期間が組まれているので、お正月休みはそこまでおあずけで、来週は通常どおりです。

全国公演の2本、「クレイジー・フォー・ユー」と「人間になりたがった猫」は、年末年始にお正月休みがあったので、通常どおりの行脚の旅です。

 出演期間が長くなってる出演者が多い「マンマ・ミーア!」ですが、名古屋LKが終ると男性アンサンブルを中心に交代が進むような気がします。野中万寿夫さんが空けば、ビルの松浦さんに休んでもらえそうですし。BBが終れば、佐野ビルってのもありかも。ドナの保坂さん、当分大阪にいてくれるような気がします。今さら、ポリーでもないでしょうし。なんて言ってると、前田ドナだったりして!? 前田ドナと合うソフィって誰だろう?前田ドナ&木村ソフィだったら、味噌カツにレモンぽん酢を掛けて味わうみたいな個性のキョーレツさで、エーゲ海の小島がぶっ飛びそう。  (支離滅裂です)

posted by 宇部産タマネギ at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年1月6日(金)今週のキャストから(その1)

正月休み明けの今週、キャスト異動がほとんどなくて年越しメンバーのまま今週の公演に入りました。わずかに交代したところを上げるなら、

・「ライオンキング」(名古屋)のスカーが、川地圭友さんから下村尊則さんへ。名古屋LKは今週が最後です。

・全国公演の「クレイジー・フォー・ユー」のフォーダー夫妻が、池田英治さんと西内いず美さんに。

・「キャッツ」(東京)の、ミストフェリーズが蔡さんに代わって、今週から松島勇気さんに。

 当面のイベントとしては、

1月9日(月、祝) 名古屋LK 千秋楽
1月9日(月、祝) 大阪MM  1周年
1月12日(木)  東京PH(電通四季劇場・海) 1周年
1月14日(土)  鹿鳴館(自由劇場) 開幕
1月15日(日)  南十字星(四季劇場・秋) 千秋楽
1月22日(日) 福岡BB  千秋楽
1月31日(火) CFY(全国公演) 千秋楽

こんなところでしょうか。

 では、キャストの動きです。

 「ライオンキング(名古屋)」

 スカーに下村さんが再登場。ティモンの羽根渕さんは、名古屋LKでのティモン完投達成目前です。完投って、つまりは開幕から千秋楽まで1つの役を自分だけで務め上げた、ってことです。公演数でいうと、950公演くらいでしょうか?大型の完投ということだと、最近では、保坂知寿さんが、「マンマ・ミーア!」(東京公演)のドナを開幕から千秋楽までの約700公演を(1日も休まないで)完投しています。 

 「人間になりたがった猫(全国公演)」

 今週のビックリは、この人猫(ひとねこ)のアンサンブルさんです。

 詳しくはキャスト表を見てもらうとして、10人の女性アンサンブルの枠に何人待機しているんでしょうか?しかも、見覚えのないお名前が多いんです。四季の公式Webのキャスト一覧にも載ってない方が多いので、新人さんかも知れません。研究所を卒業していきなり全国公演の旅に出たのでしょうか? 

 アンサンブルではありませんが、トリバーが、今週から佐藤夏木さんに代わっています。

 <雑感> 今週で名古屋LKが終ると、その翌々週くらいからキャストがかなり動くでしょうね。そりゃ、一度に40人規模で人が余るわけですから。そうこうしているうちに、福岡BBも終って、こちらでも30人規模の大型演目ですから、なかなか大変そうです。

posted by 宇部産タマネギ at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年1月2日(月)
謹賀新年&今週のキャストから

新年、明けましておめでとうございます。

 年末年始の帰省から戻ってきましたので、今年の初投稿です。会社員には今年の正月休みは短くって、慌しいばかりです。かたや、我が家の小学生は18連休!何なんだ、この違いは?とぼやいても休みは長くなりません。

 さて、年末年始のこの時期といえでも、四季の俳優さんは殆どの演目で大晦日も元旦も公演があるので、いつもどおりお仕事です。ご苦労さま&ちょっとお気の毒な気もします。

 では、今週のキャスト移動の話題です。

「ミュージカル南十字星(東京)」

 岡野教授役が、12月30日までは光枝さんでしたが、元旦からは維田修二さんに交代しています。開幕当初から教授役には光枝さん、維田さん、そして山口嘉三さんがキャスティングされていましたから、おそらく予定どおりの交代なんでしょう。

 それから、子役3人、今週は3人ずつの2組が日替わり交代で出演しています。ひとつの組は鈴木優美(すずきひろみ)さん、笘篠ひとみさん、川野礼絵(かわのれえ)さんの3人、もうひとつの組は、池田彩(いけだあや)さん、五十嵐愛子さん、池田真帆さんの3人です。

「オペラ座の怪人(東京)」

 ピアンジが、大晦日まで蔵田雅之さんでしたが、元旦からは半場俊一郎さんに代わっています。これは予定されていた交代のようです。一方、カルロッタ役は、大晦日までが種子島美樹さんでしたが、元旦から諸 英希(ちぇ よんひ)さんに代わりました。こちらは、確定キャストフォンのアナウンスが慣れない感じの女性の録音でしたので、これは予定外と思われます。多分、年末年始の休業期間中に交代で出勤する当番だった方の録音なんでしょう。ご苦労さまです。

「ライオンキング(名古屋)」

 キャスト移動の話ではないのですが、千秋楽がいよいよ来週の月曜日ですので、ラスト1週間となりました。

<雑談>

  正月休み最終日の明日、京都劇場の「コーラスライン」を見てきます。前回の東京公演は見てないし、最後に見たのはいつだったかなと思って調べてみたら、全国公演の「コーラスライン」を山口県下関市で見たのでした。1999年7月のことです。「ラ・アルプ」によれば、今年、また「コーラスライン」が全国公演で回るそうですね。同じ演目がまた全国公演に出る、というのを聞くと、前回の観劇がなお一層昔のことのような気がしますし、我ながら四季通いが長続きしてるなー と感心します。

 

posted by 宇部産タマネギ at 15:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2005年12月28日(水)
今週のキャストから(その2)

「美女と野獣(福岡)」  主要キャストは変更なしです。女性アンサンブル2番に、今週からはにべあゆみさんが入りました。ということは、西内いず美さんの、開幕以来不倒の記録が途切れてしまいました。はにべあゆみさんは、福岡BB初登場です。それどころか、ひょっとして福岡シティ劇場に初登場じゃないかしら?ちょっと調べてみたところでは、です。  先週も、同じく開幕以来、女性アンサンブル1番の枠を一人で守っていた佐伯真由子さんの枠に佐和由梨さんが入ってきて、不倒の記録が途絶えたのでした。しかし、佐和さんの出演は結局1週だけで、今週から佐伯真由子さんが1枠に戻ってきています。1週間だけでもお休みできてよかった、と思うことにしましょう。 「マンマ・ミーア!(大阪)」  こちらも、主要キャストに変更なし。保坂さんドナ、五十嵐さんソフィ、続投です。続投と言えば、松浦ビルも今週で連続45週!です。大阪公演だけで数えると、青山弥生さんのロージィも長かったですが、それでも確か38週でした。(39週目は佐和由梨さんでした <笑> )   女性アンサンブル2番、中国語の読みは自信ないのですが、確定キャストフォンを聞くと張 小伊さんと聞こえます。「マンマ・ミーア!」東京公演の初期には出演されていましたが、大阪では初登場です。
posted by 宇部産タマネギ at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2005年12月28日(水)今週のキャストから(その1)

水曜日、どの公演も今週は今日からスタートです。キャストもずいぶん動いています。

「ライオンキング(東京)」

 今週から、東京のエドは石 路(シー ルー)さん、ティモンが中嶋徹さん。中嶋さんは、久々のLK出演です。「アイーダ」の京都公演と「異国の丘」の東京公演に貼りついていました。異国が京都で始まったら、またそちらに行かれるのでしょうか。

 男性アンサンブル3番が、小出敏英さんから小原哲夫さんに。小原さんも忙しいかたです。先週までは、名古屋でアンサンブルの9番(東京では10番にあたります)とエドを演じておられて、そのあと続けて東京に移ってきてエドです。他に、アンサンブル3番もOKの一人3役の方です。

 6番は黒川輝さんから阿川建一郎さんに。阿川さんは、先週まで上演していた15年ぶりの「間奏曲」を終えて、休みなしで久々の6番復帰です。

 女性アンサンブルに移ると、2番が岡本和子さんから松元香保里さんに。東京で同じ2番をやってた松元さんは、名古屋に移って2番を2週間務め、今週から東京に戻ってきてまた2番です。

 次に、今週驚いた移動はこれです。女性アンサンブルの6番に加藤聖恵さんが入りました。CFYのパトリシアから休みなしです。CFYの全国公演は今週お休みですが、加藤さん以外のCFYメンバーのうち、休みなしで違う演目に登場したのは加藤さんだけ。お休みしたいだろうな、と思います。CFYは1月5日、山口県下松公演からスタートですが、パトリシア交代なんでしょうか。

 女性アンサンブル10番が金寿恵(きむ すえ)さんから岩渕夏子さんへ。13番が上原のりさんから山下るみ子さんに代わっています。

「ミュージカル南十字星(東京)」

この演目、あまりキャストの動きがないので、このブログに登場することは少ないのです。主要キャストは変更なし。しかし、今週から荒木美保さんが抜けました。代わりに団 こと葉さんが同じ枠に入っています。

団さんは、今週月曜日の時点では、「キャッツ」のディミータに出るように発表だったのですが、火曜日になってディミータは先週までと同じ眞弓ヴァネッサさんに変更になりましたので、団さんはどこに行くのかな?と思っていましたが、実はここだったのですね。

posted by 宇部産タマネギ at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2005年12月26日(月)今週のACL京都公演のキャスト雑感

さて、月曜日。今週の予定キャストが発表になる日です。

ラウルに石丸さん!というのはお正月向け。でも、二人のおじさまにはさまれるクリスティーヌはどんな気持ちかしらん。

脱線してないで、「コーラスライン」京都公演の話題へ。

今日発表された今週の予定キャストは、どの役もシングルでした。ディアナは吉沢さんがシングルになってますから、今週行けば、いつでも確実に吉沢さんなわけです。これはありがたい。よく考えてみれば、今週の出演者は京都で新年を迎える「年越しメンバー」なわけですし、1日に1公演しかやらないスケジュールですから、ダブルの人材を京都に留めておく時機じゃないです。

今週は、俳優さんたちにとっては長い1週間です。普通の週なら日曜日まででひと区切りですが、今週は日曜が元旦なので、3日(火曜日)までやってやっと水曜日がお休みです。そのため、どの公演も今週は始まるのが遅くて水曜日からですし、たった一つの例外を除けば、1日1公演だけの上演です。例外というのは「キャッツ(東京)」でして、1月2日がマチ・ソワの日です。あ、もうひとつ例外がありました。「南十字星」(東京)は大晦日の日が休日です。これってなぜでしょうね?秋劇場を使って、納会でもやるんでしょうか(笑)?

名古屋の「ライオンキング」、残すところ今週と来週の2週間だけで千秋楽です。

2006年の公演スケジュールを見ていて思ったこと。春以降に上演する演目が発表になっていない劇場がいくつかありますね。自由劇場の鹿鳴館の次は?京都劇場の南十字星は?ひょっとして、名古屋より先に南十字星を京都でやるんでしょうか?それから、来年の全国公演は?大阪の「マンマ・ミーア!」も、今の時点では5月までしか発売してませんが、ちょっと短いような気がするけど気のせいかな。これらの疑問のうちのいくつかについては、多分、今週四季からリリースがあるでしょう。

posted by 宇部産タマネギ at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2005年12月25日(日) 京都ACL A組出演+吉沢梨絵さん再度登場

宇部産タマネギです。3連休だったのに、劇場にはまったく出かけませんでした。

「コーラスライン(京都)」

 さて、今回の劇団四季「コーラスライン」京都公演、いくつかの役には複数の出演者が待機していて、日によって違う出演者が出てくるのですが、キャスト表を作ってる私は、出演者にはどうやら組分けがあるらしい、ということに昨日気が付きました。一応、私は勝手にA組、B組、と呼んでいます。詳しくは、その昨日の記事(1つ前の記事です)をご覧ください。

 そして、A組とB組が交互に出演しており、土曜日のソワレがA組だったので、今日の日曜日はB組だろうと予想していました。でも、残念ながら予想はあたらず、日曜日はA組が続けて出演していました。ただし、ディアナ役には、A組B組の組分けには入っていない吉沢梨絵さんが登場でした。初日と日曜の「おいしいところ」にご出演です。吉沢さんは初日だけでこのまま消えてしまうのか?と思っていましたけど、四季の公式Webにある「Cast on the Spot」には吉沢さんが出ているくらいですから、これからも出演予定はあるようです。

 一応、出演した組をまとめておきます。

21日(水、初日) 特別編成

22日(木)     B組

23日(金、祝日) A組

24日(土)昼    B組

24日(土)夜    A組

25日(日)     A組+吉沢ディアナ

 さて、来週はどうなるんでしょうか?前回の東京公演でも、ダブルやトリプルの起用があったのは最初の週だけでした。月曜日の出演予定者の発表が楽しみです。

posted by 宇部産タマネギ at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2005年12月24日(土) A組とB組?京都ACLのキャストパターン

「コーラスライン(京都)」

今週からスタートした「コーラスライン」京都公演。劇団四季の公式Webに出ている出演予定を見ると、出演予定者がダブルだったりトリプルだったりなので、まるで日替り定食のようだと思いましたが、実際はどうもパターンがあるみたいです。

仮に、A組 と B組 と呼ぶことにしますと、

                  A組               B組

------------------------------------------------------

マギー    上田亜希子  真鍋奈津美

マイク     望月龍平   藤原大輔

コニー     大口朋子   高城信江

ビビ      荻原亮子   小松陽子

ジュディ   八田亜哉香  遠藤瑠美子

リチー     松島勇気   西尾健治

クリスティン 石塚智子   村中ちえ

ヴァル    木村花代   八田亜哉香

マーク    藤原大輔   良知真次

ポール    田邊真也   望月龍平

ディアナ   熊本亜記   木村花代

---------------------------------------------------------

これまでの出演を組分けで見ると、

初日(21日、水)  特別編成

22日(木)      B組

23日(金)      A組

24日(土)昼     B組

こんな感じです。初日は、AとBの混成メンバーで、ディアナだけ吉沢梨絵さんでした。吉沢さんがディアナというのは開演前から容易に読めましたけど、まさか初日の1公演だけに出演して本当に消えてしまうとは思いませんでした。

この調子でいくと、今日24日のソワレはおそらくA組、25日(日曜日)はB組と予想できます。さて、どうなるでしょうか。来週もA組とB組が交代なんでしょうか。

<追記> 24日(土曜日)のソワレは、予想通りA組が出演でした。この分では、明日の日曜日はきっとB組でしょう。

posted by 宇部産タマネギ at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2005年12月22日(木)京都ACL2日目 福岡BB 大阪MM

「コーラスライン(京都)」  昨日が初日で、今日が2日目。  今週の出演予定キャストには、ダブルやトリプルで予定が組まれている役がたくさんあるので、昨日はまるで「日替わり定食」だと揶揄ってみました。で、今日は早速、ダブルで組まれている役のほとんどが出てきました。詳しくは、私(宇部産タマネギ)が作っているキャスト表を見てください。  ディアナの吉沢梨絵さんのことを、昨日は、「これって開幕キャストってことですよね、明日はもう出なかったりして」なんて書いたら、本当にそうなってしまいました。実は、今日の夕方、ACLのキャストが気になったので、忘年会やりながら携帯で確定キャストフォンを聞いたのですが、本当に吉沢さんが消えてるので、自分でも笑ってしまいました。  まあ、昨日は初日ですからそれなりのキャストを揃えて、でも2日目は経験を積ませるために新顔を投入して、ということなんでしょう。わからないではないです。そこいくと、明日からの3連休、初日並みのキャストに戻すのか、それともこのまま突っ走るのか。タマネギは後者に1票です。  それから、昨日気がついていた事なのですが、四季のキャスト一覧を見て、「へぇ〜」と思ったことがひとつ。女性出演者の筆頭が木村花代さんです。キャスト一覧での並び順って、よく見るとすごく面白いんです。もちろん、あるルールに従って並べてあります。アイウエオ順のようだけど、そうじゃない。入団が古い順というわけでもない。木村花代さんよりも在団年数の長い人としては、滝沢由佳さん、小松陽子さん、坂田加奈子さんなど。それらの方々よりも先に名前が出てくるってことは...   なお、同じキャスト一覧でも、「キャッツ」のように完全に単純なアイウエオ順で並べているケースもあります。  どーでもいいことでも、「あ、面白いな」と思ったら書く、それがタマネギの「気づいたこと」です。 「美女と野獣(福岡)」  今週、主要キャストには変更なし。ただし、女性アンサンブル1番に、佐和由梨さんが入りました。ということは、いつだったか書きました、佐伯真由子さんの福岡公演初日からの皆勤賞が途切れてしまいました。 「マンマ・ミーア!(大阪)」  今週から、やはり保坂知寿さんがドナに戻ってきました。  それから、女性アンサンブル4番に、「アイーダ」(京都公演)が終ってからしばらくお休みだった上延 綾さんが入っています。  その他 ・明日は、自由劇場の「間奏曲」が千秋楽です。坂本里咲さん、ほかの皆さま、お疲れさまです。 ・どーでもいいことをもうひとつ。今週は、明日の金曜日が祝日なので、今日が土曜日みたいにマチネとソワレの2公演組まれている演目があります。「CATS(東京)」、「間奏曲(東京)」、「ライオンキング(名古屋)」の3つです。でも、明後日は土曜日なので。ほとんどの演目でマチネとソワレの2公演が組まれています。今日2公演やった先ほどの3つのうち、明日終ってしまう「間奏曲」を除いて「CATS(東京)」と「ライオンキング(名古屋)」は、今週2回目の1日2公演です。これもまた、大変なことかと。お疲れさまです。
posted by 宇部産タマネギ at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2005年12月21日(水)日替わり定食?「コーラスライン」京都公演開幕

「コーラスライン(京都)」  李香蘭が終ったあとの京都劇場で、「コーラスライン」が開幕しました。2月5日(日)までの約1ケ月半の公演です。 今日はソワレの公演なので、午後5時半に四季の公式Webで出演予定者をチェック。見慣れた顔ぶれの名前が並んでいたので、安心すると同時に、「ゲゲッ、なんだこりゃ?」 今週分の出演予定者なのにダブルで並んでいる役が多いこと。まるで日替わり定食!  キャシーに坂田加奈子さんをもってきましたか。いい線かも。「キャッツ」のヴィクトリアや、「ソング&ダンス」のシリーズでダンサーの坂田さんは見慣れているものの、「コンタクト」の「黄色いドレスの女」でセリフのある役をおやりになった時に、意外に(失礼!)いい感じと思いました。期待できそうです。  出演予定者の話にもどりますが、ダブルやトリプルの組み合わせを良く見ると、いくつかのことが読めます。ディアナの吉沢梨絵さん、これは開幕キャストということですね。ひょっとすると、明日はもう出ないかも。そして来週はどちらへ?大阪へは新快速で30分ですよ〜。  同じように、木村花代さんも今週限定かも。そして、次はどちらへ? 大阪でソフィになってないのは、花代さんだけですよ〜。    今回のこの公演でも、中国人キャストと思われる方が何人か出ていらっしゃいます。初日の出演者では、フランク以下の7人のうち、男性4人が4人ともそうでした。それぞれ、確定キャストフォンでは、「り しん」、「ちゃん ふぁん」、「ちゃん ちゅうふぁん」、「り ぜんる」と聞こえるので、キャスト表では、それぞれ「李 しん」、「江 帆」、「張 春紅」、「李 振魯」であろうと想像して表に書いてあります。おいおい、確認を取ってみます。  他にも書きたいことはあるのですが、ちょっと忙しいので週末にでも。
posted by 宇部産タマネギ at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2005年12月18日(日)今週のキャストから(その2)

「ライオンキング(名古屋)」  今週の公演は全部で7公演あったのですが、結局今週のYナラは、前山佳子さんが3回、森田真由さんが3回、矢島夕菜さんが1回で乗り切りました。日曜日の公演が森田真由さんだったので、森田さんも前山さんと同じ今週3回目の出演となったわけです。日曜日は最初から森田さんの予定だったのか、それとも伊藤千咲美さんの「代打」だったのかはわかりません。子役が1週に3公演も出演する、しかもそれが2人も、というのはかなり珍しいことでは? なんとか乗り切れてよかったです。  その他  今週は、水曜日(21日)が「コーラスライン」(京都公演)の初日です。  四季の演目編成にケチをつけたいわけじゃないんですが、「コーラスライン」も去年の今頃、自由劇場で上演してました。 (ひとつ前の記事で、「南十字星」が1年前にも秋劇場で上演してた、と書いたことを下に敷いてます。) 他に掛けるもの無いの?150近くもレパートリーあるんでしょ? とチャチャのひとつも入れたくなります。しかも、「南十字星」も「コーラスライン」も、東京に続いて京都と名古屋に持っていくわけですよね。「南十字星」は東京以外では初ですからまあ良いとして、京都と名古屋はあまりにも近いです。まあ、「近い」と言うのは、見たければ東京でも福岡でも行くというリピーターから見た感覚でして、一般のお客さんは地元に来ないと見に行かないでしょうから、営業上は当然なんでしょうけど。  それから、東京以外で、平日に初日を開けるというのも、ちょっと珍しいかと。以前にも、そういうケースはありましたので初めてのケースではありませんが。 「12月23日〜25日の3連休を外したくないから、その前に初日を持ってこないと」という事情と、でも、「12月の週末は、異国の丘(東京)、李香蘭(京都)、南十字星(東京)の楽や初日でもう全部埋まってるし」という事情を重ね合わせた結果、そうならざるを得なかったんじゃないかな、と想像してます。
posted by 宇部産タマネギ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2005年12月18日(日)「ミュージカル南十字星」開幕

「ミュージカル南十字星(東京)」
 今日から、四季劇場・秋で、劇団四季「ミュージカル南十字星」が開幕しました。キャストはこちらをご覧ください。
 
 実は、私はまだ「南十字星」を見てないので中身については何とも言えませんが、キャストについて言えば、主要キャストは前回とほとんど同じで来ました。前回のキャストは、私がキャスト情報の収集・整理を始める前のことなので私のWebには載っていませんが、そういうときは むなさんのキャスト表を見てください。例えばこちら。 前回、と言ってもそんなに古い話ではなくて、たった1年前です。去年の12月は、同じ劇場で同じ「南十字星」を上演していたのですから。秋劇場は、2年続けて同じ演目で正月を迎えることになるわけです。今回は、昭和三部作の一挙上演の一部ですからそうなるのでしょう。

 キャスティングを見ると、主要キャストでは、岡野教授の光枝さん以外は今のところシングルキャストです。公演期間が1ケ月余りと短いですから、そのままでいくのでしょう。光枝さんは他の演目と重なるのが判ってるから、維田修二さん、山口嘉三さんを当てているのでしょうね。
 
 男性アンサンブル、女性アンサンブルは、控えの出演者が何人かいらっしゃいます。とってもお久しぶりなのは、中條郁司郎さん。最後の出演はいつだったかと思って調べてみたら、「ライオンキング」名古屋公演にエドでご出演以降、その後約1年間まったくお目に掛かっていませんでした。しかも、「南十字星」には初登場です。

 キャスト表を作る立場から見ると、よくわからないのは、子供たちの役です。初日の出演者では、五十嵐愛子さん、池田 彩(いけだ あや)さん、鈴木優美(すずき ひろみ)さんの3人がその役のようなのですが、四季の確定キャストフォンでは子供たちと女性アンサンブルを特に区別していないみたい..女性アンサンブルの最後にまとめてアナウンスしてくれればばわかりやすいんですけど。ま、どーでもいいことですけどね。
 それから、もうひとつわからないのは、中国人キャストと思われる出演者のお名前です。確定キャストフォンでは、「マン ニン」「ワン フー」「ゴー リン」と聞こえるのですが、これと漢字のお名前との対応が難しい。私のキャスト表では、それぞれ「満 寧」「范 虎」「郭 凌」であろうと想像して表にしていますが、確かではありません。おいおい確認を取ってみます。

<追記>

中国人キャストの3人は、いずれも読み方と漢字の対応は正解でした。

posted by 宇部産タマネギ at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2005年12月16日(金)
今週のキャストから

 今週は、週の初めに先週のキャストと今週のキャストで交代がいくつかあったくらいで、週の途中に突然キャストが動くということが全然ない、とっても平穏な1週間です。それだけに、名古屋LKのYナラ、前山佳子さんの出番が多いのが目立ちます。LKの子役は、毎日変わるのがわかってますし、それが原因になって玉突きの人事異動ということにはなりませんから、キャスト表作りの点ではそれほど気を使わなくて済みます。    それでは、今週も忙しくて書けなかった今週のキャストの動きから気がついたことを。もう金曜日なので、古新聞になりそうな鮮度ギリギリのネタです。(本当はもう土曜日になってますけど) 「ライオンキング(名古屋)」  スカーが、野中万寿夫さんから下村尊則さんに。野中さんは、休みなしで東京に移ってスカーを続けています。下村スカー、実は名古屋初登場です。  エドは、岡本繁治さんから先週までアンサンブル9番だった小原哲夫さんに代わっています。岡本さんは、福岡BBに移りました。岡本さん、小原さんとも、こちらも休みなしです。  女性アンサンブル2番に、先週まで東京LKで同じくアンサンブル2番を7週続けておられた松元香保里さんがスライドしてきました。こちらもまた休みなしで出演です。  女性アンサンブル6番、すっごく長かった斎藤美保さんに代わって、ますやまみほ さんが今週から入りました。この ますやまみほ さん、10月版のプログラムにも四季公式Webのキャスト紹介にも載っていないので、お名前の漢字すらわかりません。おそらく新人さんと思います。 斎藤美保さんは、今年の5月あたまから半年以上、ずっと6番で出演されていました。長い間、お疲れさまでした。  それから、「異国の丘(東京)」を終えた松田英子さんが、女性アンサンブルの13番に入っています。 「クレイジー・フォー・ユー(全国公演)」 「ライオンキング(東京)」 「マンマ・ミーア!(大阪)」  先週まで「マンマ・ミーア!」の大阪公演でアリ役で初登場だった光川 愛さんが、今週は「ライオンキング(東京)」のサラビに移りました。その玉突きで、サラビだった森 以鶴美さんは「クレイジー・フォー・ユー(全国公演)」のアイリーンに代わっています。先週までのアイリーンは、末次美沙緒さん。それから光川 愛さんに代わっての今週の「マンマ・ミーア!」のアリには、丸山れいさんが戻ってきています。ということで、3つの演目・4人にまたがる末次さん、森さん、光川さん、丸山さんの移動なわけです。  ただし、この一連の玉突き移動、そもそもの発端はどこなんでしょうか。末次さんが抜ける、というのが発端のような気がしますけど。  それから玉突きではないのですが、「マンマ・ミーア!」のソフィが、宮崎しょうこさんから五十嵐可絵さんに代わっています。また、来週あたりから、保坂さんドナ登場なんてのを期待してます。クリスマス&1周年向けキャストということで。  ウラ向きに言うと、お休みでないとしたら、今走ってる演目で保坂さんが出られるものって言ったらドナくらいじゃないでhそうか。 今更ポリーってのも。   「美女と野獣(福岡)」  福岡BBは比較的キャストの移動が少ない演目なのですが、今週は、福岡BBにしては移動が多かったです。名古屋LKから岡本繁治さんが、男性アンサンブルの4番に。それから、「李香蘭(京都)」を終えたばかりの光武礼子さんが、女性アンサンブル5番に、そして先週まで5番だった工藤伸子さんは7番にスライド。7番だった藤津あゆみさんがお休みに入っています。  開幕と千秋楽メモ  18日(日曜日)  四季劇場・秋で「南十字星」 開幕  21日(水曜日) 「コーラスライン」(京都公演) 開幕  23日(金曜、祝日) 「間奏曲」(東京・自由劇場) 千秋楽  来年になると、  1月9日(日曜) 「ライオンキング」(名古屋公演) 千秋楽    22日(日曜) 「美女と野獣」(福岡公演) 千秋楽
posted by 宇部産タマネギ at 02:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2005年12月16日(金)
Yナラ前山佳子さん今週3回目の出演

「ライオンキング(名古屋)」  12月16日(金曜日)、今日の「ライオンキング」名古屋公演のYナラは、前山佳子さんでした。今週3回目の出演です。今週3回目になったいきさつは、1つ前の記事をご覧下さい。何はともあれ、お疲れさまです。  今週は、土曜と日曜であと3公演ありますけど、いくら何でも前山佳子さんの今週4回目ってことは...他の3人で1回ずつ出れば済むわけですから... ちゃんとお休みさせてあげてください。
posted by 宇部産タマネギ at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2005年12月14日(水)
前山佳子さん2日連続でYナラ出演

「ライオンキング(名古屋)」  今日の「ライオンキング(名古屋公演)」では、ヤングナラとして、昨日に続いて前山佳子さんが2日連続の出演でした。子役が2日連続というのはちょっと珍しいかと思います。  確定キャストフォンを聞いたら、ヤングナラを前山佳子とアナウンスしていたのです。(ん?昨日と同じじゃん?今日は伊藤千咲美さんのはずなんだけどな) 最初は昨日と同じ録音を流してるのかと思ったんですが、(いや違う、ヤングシンバが、昨日の福澤 侑(ふくざわ ゆう)君から平田了祐(ひらた りょうゆう)君に変わってるから、録音は新しくなっている)、(ということは、本当に前山さんが2日連続らしい) ということで、ある方法で確認してみたら、やっぱり前山佳子さんが2日連続出演でした。  元々、今日は伊藤千咲美(いとう ちさみ)さんの予定だったと思うんですが、学校のある平日に急遽マチネ公演に出演するわけだから、いろいろ大変だったことでしょう。  それはそうと、名古屋のYナラ、ローテーションが大変そうです。今週は7公演あるのに、四季公式Webの出演予定には4人しか名前がありません。先週までは森島美玖さんの名前もあったんですが。4人で7公演をこなすわけですから、ほとんどの人が今週2回登場するのでしょう。ひょっとして、前山佳子さんは日曜日にも出演する予定が組んであるかも。そうだとすると、週3公演ということになっちゃいますね。   名古屋のYシンバは5人、東京のYシンバは7人、Yナラは6人のようですから、名古屋のYナラがいちばん要員タイトということのようです。  <追記>  東京のライオンキングのYシンバ、四季公式Webの出演予定者が今夜になって変わりました。明日(12月15日)の公演は、高田 翔(たかだ しょう)君に代わって、当初は今週お休みのはずだった川島如恵留(かわしま のえる)君が出演のようです。    
posted by 宇部産タマネギ at 02:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2005年12月9日(金)
15年ぶりの「間奏曲」開幕

「間奏曲(東京)」  自由劇場で「間奏曲」が開幕しました。でも、観劇予定がないので、いまいち興味が沸かず。相変わらずキャスト表だけは作っています。(今回のキャスト表はこちら)  午後5時30分。劇団四季の公式Webでキャストの発表を見ました。主役のイザベルは予想通り。でも、表を読み進めていくと、柳瀬さん、こちらでしたか!おや、味方さんも!柳瀬大輔さんの名前をここで見つけて驚いた人は多いことでしょう。    ここで、当ブログをご覧くださってる皆さまに特別大サービス!  実に15年前になる 前回公演(1990年)のキャストを表にまとめて見ました。これは、「劇団四季公演記録2004」からデータを拾いました。  里咲さんだけでなく、藤田晶子さんも15年前に続いてご出演です。懐かしいお名前がたくさんです。今も四季で現役の方、今では劇団を離れて外部でご活躍の方、そして今は天国にいらっしゃる方...   今回の柳瀬大輔さんの幽霊の役、15年前は やまゆ〜 さんが演じてらしたんですね。そう思ったら、柳瀬さんの幽霊を見たくなってきました。
posted by 宇部産タマネギ at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2005年12月8日(木)
今週のキャストから(その2)

 昨日書けなかった続きです。 「マンマ・ミーア!(大阪)」  今週のキャスト変更はなく、先週と同じです。  このところの動きをおさらいすると、先週はリサ役に玉井明美さんが戻ってきました。それから、その前の週は、週の途中から女性アンサンブル5枠に佐伯静香さんが初登場したくらいです。「コーラスライン」「南十字星」などに出演される方はとっくに抜けているわけですから、当分大きな動きはなくて、今のメンバーがほとんどそのまま新年を迎えるのかも。全国公演を終えた「魔法をすてたマジョリン」組から「マンマ・ミーア!」に合流しそうな方が何人かいらっしゃいますけど。私としては、鎌滝健太さんを「足ヒレ隊」で見たいんですけどね。あ、スカイでもいいです。  おっと、話を戻します。  大阪滞在が長いダントツの1位は、もちろんビル・オースティンの 松浦勇治さん。 さきほど数えたら、今週が連続42週目になります。これって、10月10日(とつきとうか)より長いですよ。  そのほかに気がつくところとしては、女性アンサンブルが比較的入れ替わっているのに対して、男性アンサンブルはどういうわけか固定化してます。8枠の玉城 任さん(たましろまこと)を除けば、残りの7人は田辺 容さん(たなべよう)の17週を筆頭に、みなさんが10週以上です。 完全に人事膠着気味です。 「ライオンキング(東京)」  細かいことは省略して、今週のびっくりは岡 聡里(おか さとり)さんが、女性アンサンブルの4枠で出てきました。岡 聡里さんは、「マンマ・ミーア!」の東京公演が始まってからというもの、東京、大阪とずっと「マンマ・ミーア!」一筋だったんです。「マンマ・ミーア!」が始まる前には「ライオンキング」に出演してらしたことがありましたけど、今回もその頃と同じ4枠に3年ぶりくらいに出演です。  でも、岡 聡里さんは、「マンマ・ミーア!」の中で3役をこなせる方ですから、遠からずまた大阪から声が掛かりますよん。  これ以外の演目については、また明日。  そうそう、明日(12月9日、金曜日)は、実に15年ぶりの上演になるという「間奏曲」の初日です。 アルプによると、どう見ても今回のイザベルは坂本里咲さん。15年前のイザベルも、やはり里咲さん。これっていろんな意味ですごいことです、きっと。 アンサンブル大好きな私としては、町の人たちにどういう顔ぶれが並ぶか楽しみです。
posted by 宇部産タマネギ at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2005年12月7日(水)
今週のキャストから(その1)

本業が忙しくって、ブログには今月初めての書き込みです。キャストのチェックだけは「命」ですから、これだけはちゃんと続けておりました。約10日も空けると、フォローできてないキャスト移動があるんですが、古新聞になっても「しょーもない」んでもう書きません。 「クレイジー・フォー・ユー(全国公演)」  北海道シリーズが終って、ようやく本州に戻ってきたところです。とうとう加藤さんがボビーを降りました。代わって今日の館林公演(群馬県)から、荒川さんがボビーで登場です。今回の静岡公演以降、「男も惚れる加藤ボビー」だったんですが、荒川さんのボビーはどんなんでしょう?  その他では、ザングラーは数日前から栗原さんになってますし、今週から代わったところでは、ポリー父が久々に喜納兼徳(きな けんとく)さん、それからパッツィーがずいぶんとしばらくぶりの飛田万里さんになってます。そして、フォーリーズ・ガールズのベラに、ソン インミさんが戻ってきました。「青森&北海道シリーズに連れて行ってもらえなかった」格好になってます。 「美女と野獣(福岡)」  大きなキャスト変更はないんですが、「異国の丘」に出演された江上健二さんが今週からルフウに戻ってきました。 そして、このところ「オペラ座の怪人」専属に近いイメージが強かった寺田真実(てらだまさみ)さんが、ムッシュー・ダルク役で「美女と野獣」福岡公演に初登場です。 それから、開幕以来、男性アンサンブル2枠を務めてこられた佐藤靖朗(さとうやすお)さんに代わって、今週からこの枠に孔 大愚(こう だいゆ)さんが入っています。孔さんも、福岡BBには初登場です。佐藤さんの2枠連続出演が途切れてしまいました。  また、女性アンサンブル10枠が、かわづ恵さんから木下真美子さんに代わっています。  「李香蘭(京都)」  今回の京都公演、いよいよ今週が最後の週です。今度の日曜日には千秋楽を迎えます。今回の京都公演では、タイトルロールに初めて沼尾みゆきさんの登場という出来事がありました。沼尾さんと野村玲子さんは、週7公演をおよそ半分ずつ、交代で出演されています。 今週は、昨日(6日)は沼尾さん、今日は野村さんでした。残すところ、あと5公演です。
posted by 宇部産タマネギ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2005年11月28日(月)
「美女と野獣」福岡公演の出演者一覧を作ってみました

 宇部産タマネギです。  「アイーダ」の福岡公演のアナウンスが出てしまったのですが、来年の1月22日まで福岡シティ劇場で上演されている「美女と野獣」の出演者一覧を作ってみました。  開幕からほぼ半年間、ひとりでビーストを務めてきた柳瀬大輔さん。「ひょっとして、千秋楽までこのまま?」「マジでそうかも」と思いましたけど、最近はキムさん、佐野さんも出てきていつの間にか3人ビ−ストです。石丸ビーストはともかく、荒川ビーストは望み薄でしょうね。  ベルが多いこと。以前にも書いたことがありますが、6人キャスティングされていて6人と出演されています。五東ベルは1週間だけしかお出になってないですけども。  タマネギが注目しているのは、アンサンブルさん。今の時点で、1人で1つの枠をずっと務めてらっしゃるという枠が意外に多いんです。男性2枠の佐藤靖朗さん、10枠の原田昌幸さん、女性1枠の佐伯真由子さん、2枠の西内いず美さん、3枠の遠藤珠生さん、と5人も。ご苦労さまです。勿論、皆勤賞なわけですから。  それから、1人2役という方も多いです。高橋辰也さん、江上健二さん、岡本繁治さん、長清 智(ながせさとる)さん、織笠里佳子さん、西田桃子さん、荻原亮子さん、野村仁美さん、木下真美子さん、と9人も。今回のBB福岡公演で、1人3役以上という方は、まだいらっしゃいません。  千秋楽まであと、2ケ月を切りましたけど、この表は時々アップデートします。最後には枠ごとの最多出演者を決めましょう。   <余談>  この福岡BBのように、公演期間が半年くらいだと、一覧表作るのに1時間も掛からないのでとっても楽です。「アイーダ京都公演」のときの一覧表で、作り方の要領がわかってますから。名古屋LKみたいに2年近くあると気が遠くなります。  
posted by 宇部産タマネギ at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |