2006年3月21日(火・祝) 今週のキャストから

「ライオンキング(東京)」

 男性アンサンブルの2枠に、海宝一輝(かいほういっき)さん が初登場でした。

 女性アンサンブルの2枠に、平田曜子さんに代わって、北井久美子さん がLK初登場でした(だと思います)。これまでは、去年(2005年)の「夢から醒めた夢」と「間奏曲」に出演されてましたが、LKは初めてだと思います。

 スカーは、下村尊則さんが降りて、代わりに「マンマ・ミーア!(大阪)」から野中万寿夫さんが入りました。下村さんはどこへ行く?

  「クレイジー・フォー・ユー(東京)」

 1つ前の記事に書きましたが、ミンゴの大塚さんが抜けてしまいました。後任は、昨年夏からの新都市公演やそれに続く全国公演でミンゴを務めていた畠山典之さん

 ボビー母は、木村不時子さんが鹿鳴館に戻ったので、斉藤昭子さん が再び登場です。

 「オペラ座の怪人(東京)」

 ファントムが、村 俊英さんから、高井 治さん に戻りました。村さんは猫になりました。

 女性アンサンブル4枠に、とってもお久しぶりの遠藤珠生(たまき)さん。ずっと「美女と野獣」の京都公演、福岡公演に出演されていました。「オペラ座の怪人」は2年ぶりくらいです。

 「コーラスライン(名古屋)」

 マギーが、上田亜希子さんから真鍋奈津美さん に交代。真鍋さんは、昨年12月の「コーラスライン(京都)」の最初の頃に何回かマギーで出ておられましたが、その後はずっと上田さんのマギーでした。真鍋さん自身は、 「キャッツ(東京)」のランペルティーザから、休みなしでコーラスラインへ合流です。お疲れさまです。

はて、上田亜希子さん はどこへ行く? 大阪かなぁ?

 「マンマ・ミーア!(大阪)」

 ビル・オースティンに、松浦勇治さん が戻ってきました。お帰りなさい。ちょうど1ケ月のお休みだったことになります。この間は、野中万寿夫さんがビルを務めていました。

 女性サンサンブルにも動きがあります。樋口 茜さん は5枠からまた4枠に戻り、代わりの5枠には佐伯静香さん が入りました。5枠に新しい人が入って、今のところ、片山加奈子さん、大田未稀さん、佐伯静香さん、樋口茜さんの4人となりました。片山さんはちょっと見かけない期間が長い気もしますけど、どうしたのかな?

 男性アンサンブル3枠、天野陽一さんに代わって、ながせさとるさん が戻ってきています。今までの出演記録からすると、那我性 哲さんだと思うのですが、長清 智さんかもしれません。長清 智さんもキャスティングされていますので。どなたか、見に行った方、劇場で配っているキャスト表の情報を教えてください。お待ちしております。

 「人間になりたがった猫(全国公演)」

 キャスト変更ありません。千秋楽まで、今週と来週の2週だけとなりました。

posted by 宇部産タマネギ at 23:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月21日(火・祝) アイーダ抜け

 いつもの週なら、火曜日から始まる公演と水曜日から始まる公演があるんですが、今週は今日が祝日なので、どの公演も揃って今日から始まりました。今週のキャストの動きを見ると一目瞭然なのは「アイーダ」抜けですね、どうみても..

 「鹿鳴館(東京)」から、濱田めぐみさんが抜けました。顕子の後任は、岡本結花さん。

 「クレイジー・フォー・ユー(東京)」から、大塚 俊さんが抜けました。

 「キャッツ(東京)」から、福井晶一さんが抜けました。マンカスの後任は青山祐司さん。

 井上智恵さんと阿久津陽一郎さんは、それぞれ2週間前と1週間前から「キャッツ(東京)」を抜けています。佐渡寧子さんも「異国の丘(京都)」を2月いっぱいで抜けました。中嶋 徹さんは、「異国の丘(京都)」に最後まで出演されましたが、19日(日曜日)が楽でしたので空いてるでしょう。

 ということで、およそ1ケ月後に控えた「アイーダ(福岡)」のたたき直しみたいですね。

posted by 宇部産タマネギ at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月19日(日) 今週のキャストから

 特に大きな「気づいたこと」はないので、小ネタを並べてみます。当たるも八卦当たらぬも八卦、というつもりでお読みください。  (八卦なんてこんな言い方、今の人に通じるのかな...)

「ライオンキング(東京)」

 この数週間、初登場の方が多いです。三廻部由衣さん、森健太郎さん、鈴木智之さん、孫田智恵さん、江畑晶慧さん、安間さや香さんといった方々です。

 それから、ヤングシンバ・ヤングナラのレギュラー出演者を数えてみますと、今の時点では、どうもYシンバは6人、Yナラは5人のようです。週6ないし7公演が通常ですから、この数で十分回していけるんでしょうが、笘篠和馬くん、森本芽衣さんの登場はいつなんでしょうか? 春休みに入ってからですかね。

 15日(水曜日)の公演で、女性アンサンブル13枠に、上原のりさんが1日だけ出演というのがありました。先週まで務めていた佐伯静香さんから、今週の安間さや香さんへの繋ぎみたいな感じの使われ方でした。

 「キャッツ(東京)」

 18日(土曜日)のマチネだけ、ジェリーロ=グリドルに遠山さやかさんという、私にはお初のかたが出演されました。ただし、今週の出演はこの公演だけで、ソワレの公演と、今日の日曜日は、谷内 愛さんに戻りました。

 このお名前を見たとき、最初は、ボンバルで出ていらした池田さやかさんが改姓されたのかと思ったんです。現在の「キャスト・スタッフ」には、池田さやかさんが消えて、代わりに遠山さやかさんのお名前がありますから。でも、1月頃の同じページには、両方のお名前が載っていたこともあったんです。どうも、別人のようです。

 となたか、新しいプログラムがお手元にある方、遠山さやかさんが巻末のキャスト紹介にもう載っていれば、何と書いてあるか教えてください...

「鹿鳴館(東京)」

 キャスト異動が少ない演目です。そりゃそうです、始まったばっかりなんですから。

 この公演、来週は金曜日まで続けて、春休み?に入ります。これは29日(水)〜31日(金)の3日間、自由劇場で全国高校演劇フェスティバルが開催されるためのようです。公演自体は、4月8日(土曜日)から再開して、今のところ6月10日(土曜日)までです。再開後も、相変わらず土曜日といえどもマチネ公演しかやらない演目です。

 「マンマミーア(大阪)」

 実は、昨日(18日)、土曜日の夜公演を見てきました。だもんで、観劇の感想です。

 初見の味方ハリー、初登場(11日)直後は Thank you for the Music のナンバーでギターを弾けずにごまかしてたんですが、今回はちゃんと音が出ていました。進歩してます。でも、ソフィがルームキーを取って戻ってくるまでの「 Thank you for the music,  the songs I'm singin' 」ここまで。その後はやっぱりまだごまかしてました。それから、しょっちゅうコードを確かめようとして左手を見るもんですから、ぎこちないぎこちない。それ以外にも、1幕2幕通してどことなくオドオドした感じで、21年前にドナが惚れるだろうか、と思っちゃいました。辛口で済みません。

 それから、ドナの21年分の思いが一気に噴き出して、それがサムを責めたてる「勝者がすべてを(The winner takes it all)」のナンバー。

 保坂ドナの気迫は今回ももの凄かったんですが、それ以外の場面を通して見ていて、私は、さすがの保坂さんにもお疲れを感じました。出演は、連続3ケ月になります。そりゃ、東京公演では2年間を1日も休まないで通した保坂さんですので、まだ続けられるとは思いますが、私にはいつもの保坂さんよりもなんだか小さく見えました。 異国明け直後ではありますが、京都から久野さんに来てもらって保坂さんにお休みをあげたいです。

 女性アンサンブル5枠に見かけない方がいるな、誰だろう?と思ったら、先週は4枠、今週から5枠にスライドしていた樋口 茜さんでした。東京公演でも、4枠、5枠両方に出演されてた方です。樋口さんの次のステップアップは、きっとリサですよ。リサって人が足りませんもん。玉井明美さんにもお休みが必要でしょうし。だから、シラバブとメグ・ジリーを明けた荒井香織さんが登場するじゃないかと楽しみにしてるんですけど、どうなるでしょうか。 もっとも、リサといえば、五十嵐可絵さんと宮崎しょうこさんがどちらもリサとソフィを演れますから、どうしてもってときはどうにかなると思うんですが、ソフィに定着してる人を下げるというのはなかなかやりにくいと思うんですよね。

 それよりも、この間気がついたんですが、もっと人が足らないのは女性アンサンブルの3枠です。大阪公演の開幕以来、最初の1ケ月を除いてそれ以降の14ケ月を村上 智さんと加藤久美子さんの2人だけで回してます。 この枠にも新しく誰が出てくるか楽しみです。

 それに比べると、男性アンサンブルは層が厚くて対照的です。

 付け足しですが、劇場で販売しているプログラム、まだ昨年9月版でした。半年も同じものを売ってるなんて。出演者の入れ替わりが停滞してるから、まだ使えるまだ大丈夫、と思ってるんですかね。

  「マンマ・ミーア!」は、「クレイジー・フォー・ユー」と同じくらい大好きな演目。書き始めると熱が入ってしまって長くなりました。

posted by 宇部産タマネギ at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月17日(金) 東京LKに森健太郎さん、鈴木智之さん初登場

「ライオンキング(東京)」

 今日の公演で、男性アンサンブルに森健太郎さん鈴木智之(ともゆき)さん が初登場しました。それぞれ、9枠、12枠で出演でした。手元にある2005年10月版のプログラムによれば、お二人とも2005年研究所ということなので、新人さんで初舞台だと思います。初舞台おめでとうございます。

 初登場ではありませんが、昨日の16日(木曜日)から、女性アンサンブル12枠が、お久しぶりの上田泰子さん に代わっています。名古屋のラインキングで、12月下旬まで出演していましたが、その後しばらくお休みでした。

「オペラ座の怪人(東京)」

 今日の金曜日の公演から、男性アンサンブル6枠が、塚本伸彦さんから、こちらもまたお久しぶりの 見付(みつけ)ゆういちさん に代わっています。昨年の11月から12月に掛けても同じ6枠に出演されていました。

「異国の丘(京都)」

 今週が最後の週で、いよいよ残すところ土曜日のマチソワと日曜日の3公演だけです。本当にキャストの動きの少ない公演でした。2月は下村秀隆と佐渡愛玲、3月になったら「運命の悪戯によって」石丸秀隆と木村愛玲、主役2人がそっくり入れ替わった以外は、アンサンブルも含めて不動のメンバーでした。

 

posted by 宇部産タマネギ at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月15日(水) いよいよ南十字星シフト?

 来月の4月2日(日)に京都劇場で開幕する「南十字星」。そろそろ、俳優さんたちのシフトが始まったのかも?です。まったくのフェイントなのかも知れませんが。

 「コーラスライン(名古屋)」

 今夜になって、四季の公式Webに載っている週間出演予定の「コーラスライン(名古屋公演)」のページに、ヴァル役として、大平敦子さん とならんで 石塚智子(いしづか さとこ)さんが入りました。今日のヴァルは大平さんが出演していましたから、これって、普通に見れば、明日か明後日からヴァルは石塚さんに交代で、大平さんは「南十字星」京都公演のたたき直しのためにあざみ野に戻る、と読めませんか? 読めますよね?

 明日は、どういうわけか、名古屋の「コーラスライン」が平日なのに昼公演、夜公演両方やる日です。昼公演までが大平さんで、夜公演は石塚さんかも知れません。

 「クレイジー・フォー・ユー(東京)」

 先週までは、パッツィーがその石塚智子さんだったんですが、今日から池末絵己子さん に代わりました。これを確定キャストフォンで聞いたとき、石塚さんはてっきり「コーラスライン」のクリスティンに入るのかな?と思ったんですが、違ったわけです。

 パッツィー以外に、女性アンサンブルが少々交代しています。マギーを千葉まどかさん に譲った東 裕美(あずま ひろみ)さん が、今日からスージーにスライドして出演。つまりは、荒木美保さん が弾き出されてしまいました。裏テスとしてスタンバイしているのか、それとも、荒木美保さんも「南十字星」に戻るのか、さて、どうでしょう?

 さて、保科の阿久津さんがいつ動くのか、動かないのか。動かないとしたら保科は誰なんでしょう?「それは、誰だろう..」 ← 演目が違うってば。

 もうずいぶん「キャッツ」を見てない宇部産タマネギでした。

posted by 宇部産タマネギ at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月13日(月) 助っ人ロイは前田員範さん

「コーラスライン(名古屋)」

 昨日、江 帆(じゃん ふぁん)さんが欠けてロイ抜きで上演した「コーラスライン」。助っ人で登場した代わりのロイは、前田員範(まえだかずのり)さん でした。この方、私は四季では初めてお目に掛かる名前ですが、ちょっと調べてみて間違いないとしたら、四季以前の経歴を拝見するとなかなか多彩な方のようです。 学生時代にダンス(ルンバなど)で選手権入賞の記録もお持ちのようです。前田員範さんの個人Webサイトは こちら です。 前田さん、舞台ではどんな感じでしょうか。最初に落ちてしまう7人のうちの一人では観客から見てもわからないかな。例えば、ポールをやってみたら、今までの四季で鍛えられてきた人達とはちょっと違う味を出してくれたりしないでしょうか。

 それから、今日から、ビッキーも永木 藍(ながき あい)さんから、水田みゆきさんに代わっています。水田みゆきさんも、私はお初のお名前です。

 ところで、私はいつも、四季の確定キャストフォンを毎回全公演聞いてキャスト表を作っているのですが、今日は、あろうことか確定のはずのアナウンスが途中から変わりました。12時半過ぎに聞いたら、ロイには江 帆さんが出演するかのようにアナウンスしていたので、(いくらなんでもそれは大嘘だろう...)と思いました。夕方、もう一度聞いてみたら、ロイとビッキーが交代していました。アナウンスしてるのは、「確定キャスト」じゃなかったの?キャストは確定しても、ヒューマンエラーのせいで、アナウンスには定刻までに反映されてなかったんでしょうか。

 今週は「異国の丘(京都)」が最後の週、「人間になりがった猫(全国公演)」もフィナーレが近くてラスト3週間です。

posted by 宇部産タマネギ at 00:15 | Comment(5) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月12日(日) 鹿鳴館に石丸幹二さんがキャスティング

「鹿鳴館(東京)」

 今日、キャストチェック用の台帳を作ろうと思って「鹿鳴館」のキャスト・スタッフ欄を見たら、清原永之輔役に 石丸幹二さん のお名前を見つけました。先週の日曜日には広瀬明雄さん だけでしたので、今週になって石丸さんも追加になったようです。

 よく見ると、出演者が以前と少し変わっています。

消えた人 飛田転骨役から志村 要さん(劇団俳優座)、給仕頭役から岡本繁治さん、伊藤博文役から岡崎克哉さんが消えました。

アンサンブルは男性、女性とも数人増えています。

 影山伯爵には、まだダブルのキャスティングが公表されていませんが、当然いらっしゃるはずで、5月連休明け頃には登場するのでしょうか?「鹿鳴館」は、自由劇場のあと、8月に名古屋へ行くんですから、8月の名古屋で日下さんと言えば、当然、第2の影山伯爵が必要です。清原に石丸さんを持ってきて、広瀬明雄さんが影山伯爵をおやりになるんでしょうか。

posted by 宇部産タマネギ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月12日(日) 名古屋ACLで一欠け

「コーラスライン(名古屋)」

 今日の「コーラスライン」名古屋公演は、ロイの江 帆(じゃん ふぁん)さん の出演がなく、ロイが欠けたままで上演しました。劇場で配られたキャスト表にも名前がありませんでした。

 ただし、四季の確定キャストフォンでは、昨日と同じ内容の、ロイ役に江 帆さんが出演するようにアナウンスしていました。明日は、どうするんでしょう。当然、アンダーで入っている控えの俳優さんはいるはずですけど。

posted by 宇部産タマネギ at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月12日(日) 安間さや香さん東京LKに初登場

「ライオンキング(東京)」

 今日の「ライオンキング(東京)」では、女性アンサンブル14枠に、安間さや香(あんま さやか)さんが初登場でした。これまでは、去年(2005年)の全国公演 「魔法をすてたマジョリン」 と、その後には 「間奏曲」に出演されていた方です。 

 それから、ヤングナラで一番の新顔の、三代川柚姫(みよかわ ゆずき)さん。先週が初めての土曜日出演、そして今日は、初めての日曜日出演でした。ヤングナラでは、小林あずみさんと加藤 茜さんの出演が少なくなってます。加藤 茜さんは、1月29日(日曜日)の出演が卒業公演だったのかな?

「異国の丘(京都)」

 キャストの異動ではありませんが、5週間の公演のうち、いよいよ来週が最後の週で、3月19日(日曜)は千秋楽です。京都劇場はそのあと、2週間のお休みのあと、4月2日(日)から、「ミュージカル南十字星」です。

 このところの阿久津陽一郎さんはタガーですし、樋口麻美さんはポリー、大平敦子さんはヴァルですから、京都公演のキャストはどうなるんでしょう。新しいキャストを歓迎したい気持ちもあるし、かと言って、アテにしてたキャストから外れると面白くないし。

posted by 宇部産タマネギ at 22:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月11日(土) 今週のキャストから

続きです。

「コーラスライン(名古屋)」     「クレイジー・フォー・ユー(東京)」

「キャッツ(東京)」

 「コーラスライン」のザックは、マチネ、ソワレとも加藤敬二さんが続投。そして、「クレイジー・フォー・ユー」のボビーは、荒川 務さんが続投でした。飯野おさみさんは、「マンマ・ミーア!」のサムを土曜日のマチネまでで降りましたので、日曜日からは飯野ザックと加藤ボビーに戻るという可能性がないではないですけど、せっかくだから今週いっぱいは加藤ザック、荒川ボビーを続けて欲しいと思います。飯野さんに、しばしのお休みを取ってもらいましょう。土曜までと日曜のキャストが違うなんてのは、前日予約で見に来る会員の怒りを買いますよ!

 一方、遠藤瑠美子さんがずっと続けていた「コーラスライン」のジュディの枠に、土曜日から八田亜哉香さんが入りました。なぜかな?と思っていたら、遠藤さんは、1日のお休みもなく、土曜日のマチネから「キャッツ(東京)」のボンバルディーナで登場です。金曜日の公演を終えて、新幹線で東京に戻ったんでしょうね。ご苦労さまです。でも、そうなると、ボンバルだった南 千繪(みなみ ちえ)さんは、どうしたのでしょうか?

 CFYのサンサンブルは、ちょこちょこ動いています。

 金曜日からパーキンス/カスタスに入った熊谷 崇(くまがい たかし)さんはずっと金曜土曜と続いていますが、シーラの村上 智(むらかみ とも)さんと、マギーの千葉まどかさんは、1公演ずつの交代のようです。

 「キャッツ」のほうも動きがありまして、土曜日からカッサンドラに増嶋あゆみさん、マキャにキムグヨルさんが入りました。

 そうそう、蛇足ですが、「コーラスライン(名古屋)」は、なぜか今週が日曜までで終らずに、月曜まで公演があります。不思議な週です。

 「オペラ座の怪人(東京)」

 金曜日にメグ・ジリーに上がった宮内麻衣さん、土曜日のマチネはお休みで荒井香織さんが出演でしたが、ソワレはまた宮内さんが務めました。多分、日曜日と来週は宮内メグになるのでしょう。

 荒井香織さんはどちらに?「マンマ・ミーア(大阪)」で今一番手薄な、リサにいらっしゃいませんか? 

 「鹿鳴館(東京)」  「異国の丘(京都)」

 週初めに少々異動があっただけで、週途中でのキャスト変更はありません。

posted by 宇部産タマネギ at 03:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月11日(土) MMに味方サム、東京LKに三廻部結衣さん初登場

土曜日だというのに、今日も準主役級とアンサンブルでキャストの動きが多かったです。これだけ、しっちゃかめっちゃかな動きになるのは、きっといくつかの事情の重ね合わせなんでしょう。

「マンマ・ミーア!(大阪)」

 マチネまでは飯野おさみさんがサムを務めて、味方サムのデビューはソワレの公演でした。聞くところによると、味方サムは、「Thank you for the music」でギターを弾いてなくってうまくごまかしてたとか。

「ライオンキング(東京)」

 ヤングシンバ&ヤングナラ、週の初めに週間出演予定が発表になるんですが、今週はその予定が二転三転してます。結局、予定に名前があっても、実際には出演しない人が出てきそうです。順調なときは、週間出演予定と出演する順番まできちんと一致しているんですが、今週、順調だったのは木曜まで。急に都合が悪くなった子役が出たんでしょうか。ひょっとすると、ヤングナラの三代川柚姫(みよかわ ゆずき)さんが、明日、日曜日の公演に初登場を果たすかもしれません。

 今日のマチネ公演で、女性アンサンブル4枠に三廻部結衣(みくるべ ゆい)さんが初舞台でした。2005年10月版のパンフレットには、お名前がもう載っていますから、ずっと待機しててやっと初舞台ということのようです。おめでとうございます。

 

posted by 宇部産タマネギ at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月10日(金) 今週のキャストから(その2)

今週、週末が近づいて妙にキャスト異動でざわざわしてます。 昨日の続きで、ボビー・ザック・サムの持ち回りの話題から。  今日になって、「マンマ・ミーア!(大阪)」のハリー枠に味方隆司さんのお名前が入りました。今週、飯野おさみさんに代わったばかりなのに。このところの慣例によれば、多分明日が味方ハリーのデビューですね。  さて、そうなると今週の週初めに起こった「3人で3役持ち回り」はどうなるのかな?飯野さんはザックに戻り、加藤さんはボビーに戻り、荒川さんはお休みに?それとも、ボビーは荒川さんの続投で、加藤さんがお休みに?誰がお休みをもらえるのでしょうか。明日のマチネの確定キャストフォンが楽しみです。  それにしても、味方さん、こなせる役が多い方です。   「異国の丘(京都)」  キャスト異動ではないのですが、「Cast On the Spot」に出てる石丸さんの「運命の悪戯によって」って何を含ませているんでしょうね。愛玲が木村花代さんに代わることは前から決まってたけど、九重秀隆が石丸幹二さんに代わるのは予定されてなかったことのような感じがするんです。   とは言いながら、下村さんは秀隆を降りてすぐスカーってます。   「クレイジー・フォー・ユー(東京)」  さすが東京公演、アンサンブルに次々と新顔が登場します。  昨日、ジュニアに川東優希(かわひがしゆうき)さんが初登場でしたが、今日はパーキンス/カスタスに熊谷 崇(くまがいたかし)さん、マギーに千葉まどかさんが初登場です。四季公式Webの「キャスト・スタッフ」を見ますと、まだ登場されてない方が何人か見えますので、おいおい出てくるのでしょう。    「キャッツ(東京)」  阿久津陽一郎さんが、タガーデビューでした。  それから、多分明日から登場なんだと思いますが、シラバブ枠に南めぐみさんが入りました。「オペラ座の怪人」にキャスティングされているのは気が付いていましたが、こちらで先にデビューのようです。八幡三枝さんのシラバブも長くなっていましたから、ちょうどいいところでお休みできてよかったかも知れません。    「オペラ座の怪人(東京)」  メグ・ジリーが長かった荒井香織さん。今日のメグに宮内麻衣さんが上がってきました。これまで、女性アンサンブル12番に出演されてた方です。      ところで、今日の劇団四季「確定キャストフォン」は、「ライオンキング(東京)」「クレイジー・フォー・ユー(東京)」「オペラ座の怪人(東京)」の3本が、いつもとは違う女性の声による録音でした。中でも、「ライオンキング(東京)」のキャストのアナウンスは、ずいぶん緊張しているようでした。「シンバ タナカ アキタカ ナラ タニウチ アイ」ってな感じで、カタカナを読んでいるような緊張が伝わってきました。ご苦労さまでした > キャストフォンのお姉さん。    
posted by 宇部産タマネギ at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月9日(木) 今週のキャストから(その1)

 今週、ちょっと忙しくてブログの書き込みが停まってました。キャスト表の更新だけは、日課なので続けています。

「クレイジー・フォー・ユー(東京)」 

「マンマ・ミーア!(大阪)」 

「コーラスライン(名古屋)」

 今週初めのキャスト移動で、なんと言ってもびっくりだったのは、加藤敬二さん、飯野おさみさん、荒川 務さんの3人で、見事にボビーとサムとザックを持ち回りしてしまったことです。文字通り玉突き人事です。どうせなら、もう1回玉突きを進めて、加藤サム、飯野ボビー、荒川ザック、なんてのをやってくれると斬新で面白いんですけど。飯野ボビーは、ちょっと無理があるかな?加藤サムが「僕は経験済みなんだ」なんて言うのを想像すると、もの凄くシリアス過ぎる感じだし。

 そのほかのびっくりでは、昨日、阿久津陽一郎さんがキャッツのキャストに入ったそうです(AVEさんの「@Waterloo」をご覧下さい)。この時点では、何猫さんになるのかわかりませんでしたが、今日の午後になってタガー枠に名前が載りました。おそらく、明日の10日(金曜日)が阿久津タガーのデビューと思います。

 

posted by 宇部産タマネギ at 01:33 | Comment(3) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月5日(日) コーラスライン過去出演者一覧を作ってみました

宇部産タマネギです。

 タマネギ得意の出演者一覧表、今度は「コーラスライン」版を作ってみました。とりあえず、いま走っている名古屋公演、その1つ前の京都公演、それともうその1つ前の東京公演の分をまとめてみました。 こちらです。 他のページとのリンクの設定など、親切なページというにはほど遠いですが、一応中身だけは作りましたので、ご興味があればご覧ください。

 これの元データになったのは、名古屋公演と京都公演については自分が作っているキャスト表、それから東京公演は自分のデータがないので、以前からお世話になっているむなさんの「昼寝と卵焼き」に掲載されている 「キャスト表」からデータを引用させていただきました。

 この2〜3年間だけで見ても、ちゃんとキャストのステップアップが見て取れます。その一方で、今回、キャシーとシーラに「コーラスライン」では新顔を持ってきたわけですけど、私は、いいキャスティングだと思います。ザックの飯野おさみさんが、「長いことコーラスラインをやってるけど、今回のカンパニーが一番いい」と仰っているそうですし。後は、ポストザックを誰にするか、じゃないでしょうか。荒川ザックや松浦ザックなんてどうでしょう。

 

posted by 宇部産タマネギ at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月4日(日) 荒木スージー登場

 今週、あまり大きな動きはないのですけど、今日は思いも掛けないキャスト異動がひとつありました。

 「クレイジー・フォー・ユー(東京)」で、今日から、荒木美保さんがスージーでご出演です。昨日までのベラ役には、ソンインミさんが戻ってきています。荒木さん、次に役が代わるときはテスだと思ってましたが、スージーもお稽古されてたんですね。

 スージーだった伊東 恵さんに何かあったのか、それとも、ソンインミさんを出したかったのか、どういういきさつでこうなったのかは知りませんが、ベラよりスージーのほうが絶対目立ちますから。ボビー母の車のエンジンルームからいきなり出てきて、他のガールズより先にボビーと踊るだけで目立ってますよ。

 早速、 「クレイジー・フォー・ユー」出演者一覧を改訂しておきました。これで、荒木美保さんは3役制覇です。

 当面、大きな演目の初日とか楽とかに関わるイベントはないんですが、キャストが固定したままではよくないので、来週あたりはちょっと動きそうな予感がします。月曜日が楽しみです。

posted by 宇部産タマネギ at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月4日(土) Tabitの春号に鈴木涼太さん登場

 Tabit(たびっと)というのは、大阪四季劇場が入っている西梅田の「ハービスENT(エント)」に置いてある、無料のミニコミ誌です。それに、毎号、「マンマ・ミーア!」に出演されている俳優さんが1人ずつ紹介されてます。

 今日、用事で梅田を通ったとき、ふと思い出して観劇じゃないのにハービスに寄ってみたら、Tabitの春号が置いてありました。で、今回紹介されているのは、スカイ役が長〜い鈴木涼太さん。

 読んでて「へぇ〜」と思ったことがありました。

 「舞台は、ソフィが一人で階段に腰掛けて手紙を読むシーンから始まりますが、実は幕が上がる直前まで、僕もソフィと並んで座っているんですよ。その日のソフィの空気を感じててから、舞台に臨んでいます。」

 言い換えると、ソフィの側から見ても「その日のスカイの空気を感じてから舞台に望みます」ということですね。人によっては、来てくれないスカイもいるんでしょうか。

 昨日、餃子食べたな..とかわかっちゃうんだろうな(笑)。

 ゴミねたでした。

posted by 宇部産タマネギ at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月3日(金) 今週のキャストから

「ライオンキング」(東京)

 昨日の公演では、一昨日の公演と比べて6人のキャスト変更がありました(細かいことは昨日の記事をご覧ください)。

 そのうち、初登場の孫田さんと江畑さんは、今日も続けてご出演です。ところが、それ以外の4人は、(ひょっとして)とは思ってたんですが、結局のところ昨日だけのスポット出演でした。金田ムファサ、黒木ナラ、それから京田 舞さんとソンインミさんです。

 この4人をわざわざ見せたい事情って何でしょうね。

 それ以外の公演は、週の初めから変更なしです。一応、各公演のキャスト表へのリンクだけ載せておきます。

「クレイジー・フォー・ユー(東京)」   「キャッツ(東京)」

「オペラ座の怪人(東京)」  「鹿鳴館(東京)」 

「コーラスライン(名古屋)」  「マンマ・ミーア!(大阪)」

「異国の丘(京都)」  「人間になりたがった猫(全国公演)」

  当面のイベントを書き出してみると、こんなところです。名古屋と京都ばっかりという感じです。秋劇場の「CFY」と、自由劇場の「鹿鳴館」は千秋楽のアナウンスがまだありませんし。

 それから、今年の全国公演が「コーラスライン」だけということはないでしょうから、何かあるとは思うんですが、それは何でしょう。私としては、子供たちを連れて行けるファミミュものが嬉しいです。

・3/19(日)  異国の丘(京都) 千秋楽

・3/31(金)  人間になりたがった猫(全国公演) 千秋楽

・4/2(日)   南十字星(京都)  初日

・4/9(日)   コーラスライン(名古屋) 千秋楽

・4/16(日)  アイーダ(福岡) 初日

・5/14(日)  南十字星(京都)  初日

・5/20(土)  コーラスライン(全国公演) 初日

・5/27(土)  夢から醒めた夢(京都) 初日

・5/28(日)  異国の丘(名古屋) 初日

・6/18(日)  異国の丘(名古屋) 千秋楽?

・7/2(日)   南十字星(名古屋) 初日

posted by 宇部産タマネギ at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年3月2日(木) 東京LKに孫田さん江畑さん初登場

「ライオンキング(東京)」

 今日は今週の2公演目なんですが、昨日に続いて今日もキャストが動きました。

 まず、ムファサの吉原さん。昨日からムファサに登場で、当分続くのかと思っていたら、今日のムファサは先週までと同じ金田俊秀さんでした。1日ムファサ?今日のお昼前になって、四季公式Webに載っている週間出演予定のムファサ欄に金田さんの名前が入ったので、最初から吉原ムファサが1日だけという予定ではなかったと思います。

 ナラも、今日は急に黒木ますみさんが務めました。これも今日のお昼前になって黒木さんの名前が入ったので、当初はこれまでどおり谷内 愛さんの予定だったはずです。

 男性アンサンブルは変わりありませんが、女性アンサンブルは、6枠で石川 愛さんに代わって今日から孫田智恵さんが、7枠は西山愛由美さんに代わって江畑晶慧(えばたちえ)さん、そして11枠は村井まり子さんに代わってソンインミさんが入っています。

 孫田さんは、これまで大阪の「マンマ・ミーア!」ばかりでしたが、今回、「ライオンキング」(東京)に初登場です。江畑さんのほうは、四季の舞台に初登場のようです。四季の公式Webのキャストページに以前からお名前が載っていたのには気が付いていたのですが、ようやく出番ということなんだと思います。初舞台、おめでとうございます。

 その他の公演は、特に大きな変化ありません。「異国の丘」(京都)に、石丸幹二さんと木村花代さんが揃って登場したことくらいですかね。

<追記>

あ、忘れてました。「ライオンキング」(東京)、女性アンサンブル8枠が、杏奈さんから京田 舞(きょうだ まい)さんに代わっています。

posted by 宇部産タマネギ at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年2月28日(火) 今週のキャストから(その1)

「人間になりたがった猫(全国公演)」

 今週のほとんどの公演は明日から始まりますが、「人間になりたがった猫」だけが今日から始まりました。この全国ツアー、いよいよ3月の1ケ月間を残すだけになりました。

 今週スタートしてキャストが変わったところといえば、まずジリアンです。先週1週間だけ花田えりかさんがジリアンだったのですが、今週から佐藤朋子さんに戻っています。

これって、なぜでしょう?タマネギとしては、先週の24日(金)と25日(土)に自分が書いたこととどうしても無理やりつなげて考えてしまいます。これって、「オペラ座」の女性アンサンブル4枠要員として、花田さんを呼び戻したんじゃない?

 四季は、アンサンブルの出演予定を月曜日に発表してくれませんから、明日、「オペラ座の怪人」の今週の公演が始まって4枠に誰が入っているか楽しみです。

 そのほかでは、「人猫」で10月の開幕からずっと子供の役に入っていた岸本美香さんが抜けました。代わりに、北 涼子さんが入っています。 

posted by 宇部産タマネギ at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2006年2月27日(月) アルプ3月号

今日、3月号のアルプが来ました。ざっと目を通して感じたこと。

 いつも、アルプにはその時点で走っている&近いうちに始まる全部の演目について、識者の寄稿文が載ってるのですが、今回、ずいぶん目新しい人が書いてる記事が多いな、と思いました。「へぇ、この人ってこういう文章を書くのか..」と思ったりして、演目よりも寄稿者のほうに興味が行ってしまったり。

 鹿鳴館、東京の自由劇場でいつまでやるのかと思ってたら、8月から名古屋で、だそうです。ACLと昭和三部作までは京都から流れてくるパターンでしたから、「夢から醒めた夢」もてっきり名古屋でやるんだろう、と思ってましたが(と白々しく書いてます)、そのパターンを早速打破してくれたわけで。その時点でのキャストはどうなるんでしょうね。石丸さんか、下村さんが入ったりしてませんかね。

 「ブラックコメディ」って、面白そう。遠征しそうかも。「劇団四季上演記録2004」によると、初演(1970年)の出演者として、

矢崎滋、斉藤昭子、木内みどり、湯浅智津子、瀬下和久、松本幸男、松宮五郎、三田和代、秋山ゆり、井原幹夫  というお名前があります。

 四季の歴史を感じますね。そりゃ、何しろ1970年といえば、大阪の万博の年ですもん。今となっては、歴史の一部みたいなもんです。我が家の小学生は、阪神大震災やオウムのサリン事件を教科書で習うんですから、昭和の時代のことは歴史なのかも。済みません、脱線しました。

 今月号のアルプの中で、「マンマ・ミーア!」と「オペラ座の怪人」、「ライオンキング」の扱いが貧弱なこと。四季の屋台骨を支える大型演目なのに。すごく後ろのほうのページに置かれてます。

 全国公演の「コーラスライン」の日程が載ってます。6月下旬〜7月上旬にまたがって静岡市民文化会館で約2週間の日程があるんですが、この期間のド真ん中に、三重県四日市市の公演が1日だけ割り込んでます。不思議な日程だ..。もっとも四季の全国公演スタッフさんは鍛えられてますから、大丈夫なんでしょう。俳優さんは、静岡の宿舎を押さえたままで、当日だけ、四日市まで通勤できそうですね。

posted by 宇部産タマネギ at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |