2016年3月11日(金) 今日のお友達情報から(第11週その3)

コーラスライン     キャスト表はこちら
(京都公演、京都劇場)
  昨日 3月10日(木) →      今日 3月11日(金)
      キャスト異動なし
posted by 宇部産タマネギ at 23:34 | 劇団四季 |

2016年3月10日(木) 今日のお友達情報から(第11週その2)

ウェストサイド物語     キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[秋])
  昨日 3月9日(水)       今日 3月10日(木)
ソプラノソロ      片山美唯 上野菜摘

コーラスライン     キャスト表はこちら
(京都公演、京都劇場)
  昨日 3月9日(水) →      今日 3月10日(木)
      キャスト異動なし

とりあえず、表だけ先に。

posted by 宇部産タマネギ at 22:40 | 劇団四季 |

2016年3月9日(水) 今日のお友達情報から(第11週その1)

今週初めての記事書きです。 今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>常連のお友達。

リトルマーメイド(東京)     キャスト表はこちら
(東京公演、積水ハウスミュージカルシアター四季劇場[夏])
  昨日 3月8日(火) →     今日 3月9日(水)
      キャスト異動なし

キャストのほうは、昨日と今日とでキャストの異動はなく、昨日と同じ顔ぶれでした。

今日のお友達の感想をご紹介します。

「清水大星さんのエリック、松元恵美さんのアリエル、どちらもお初でした。

清水さんのエリック、歌がとてもいいです。 でも、台詞で声が張り切れない部分が気になりましたし、なによりロイヤル感がないです。 場数を踏めば、と思いますが、今の時点では残念感が強いです。

松元さんのアリエル、以前にソング^ダンスで、Part of your world を歌っているのを聞いたときは、なんだかアリエルじゃないなぁ、と思ったのですが、今日はちゃんと人間世界にあこがれるアリエルになっていました。 でも、ちょっと残念なのは、フライングの、特に横移動のとき。 姿勢を保てずに身体がエビ型になってしまっていました。 まぁ、これも場数を踏めば、と思います。 舞台全体としては満足のいく舞台でした。」

ということです。 

場数、場数、場数。 名古屋があるせいかなぁ、稽古で場数を踏むゆとりはないのでしょうかね。 On the Job Trainingってやつですね。

posted by 宇部産タマネギ at 23:34 | 劇団四季 |

2016年3月6日(日) 今日のお友達情報から(第10週その2)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

ウェストサイド物語     キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[秋])
  昨日 3月4日(土)       今日 3月5日(日)
ソプラノソロ      昼 片山美唯
夜 上野菜摘
片山美唯

『ウェストサイド物語』東京公演、キャスト異動は上の表のとおりで、劇団四季公式Webサイトで予告があったとおりです。 予定どおりなのが何よりです。

お友達の感想は、

「舞台セットがかなり変わり、見やすく分かりやすかったです。 お話は悲しいけれど、ダンスや歌には満足でした。」 

ということでした。

posted by 宇部産タマネギ at 17:33 | 劇団四季 |

2016年3月5日(土) 今日のお友達情報から(第10週その1)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

オペラ座の怪人     キャスト表はこちら
(名古屋公演、新名古屋ミュージカル劇場)
  昨日 3月4日(金)       今日 3月5日(土)
ラウル子爵      北澤裕輔 昼公演 鈴木涼太

『オペラ座の怪人』名古屋公演です。

ラウル子爵は、昨日まで北澤裕輔さんでしたけれど、今日の昼公演では、劇団四季公式Webサイトでの予告どおり、鈴木涼太さんでした。

それから、今日の昼公演では昨日と同じなんですけれど、女性アンサンブル7枠は籏本千都さんでした。でも、今日の夜公演から、川口侑花さんの予定になってます。

上の役に上がっていく人もいますし、アンサンブルも新顔さんが登場したりと、どう見ても次の公演地があるとしか思えませんねぇ。

さて、今日のお友達の感想は、

「個人の意見ですけれど、ファントムはやっぱり佐野さんファントムのほうが感情移入できるので、私は好きです。 でも、まだ今回の名古屋ではお目にかかってない高井さんファントムも楽しみです。」 ということでした。

その高井 治さんは、ゾウさんのツアーで行っちゃってますからね。 南国ツアーが終わったら、あるいは全国公演そのものが終わったら、機会があるかも知れません。

続いて、ほかのお友達からもキャスト情報を頂きました。 まずは表だけ作りました。 どの公演もキャスト異動がありますが、公式サイトで予告があったとおりの異動です。

ライオンキング(東京)     キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[春])
  昨日 3月4日(金)       今日 3月5日(土)昼公演
バンザイ      小原哲夫 小田春樹
エド 小田春樹 中村智志

ウェストサイド物語     キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[秋])
  昨日 3月4日(金)       今日 3月5日(土)夜公演
ソプラノソロ      上野菜摘 片山美唯

アラジン     キャスト表はこちら
(東京公演、大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海])
  昨日 3月4日(金)       今日 3月5日(土)昼公演
ジーニー      瀧山久志 道口瑞之
ジャスミン 三井莉穂 齋藤 舞

どうもこの週末は、石丸幹二さんがご出演の『ジキルとハイド』を観劇するために東京へ遠征して、ついでに四季も観て帰るってお友達が多いようです(笑)。

posted by 宇部産タマネギ at 17:49 | 劇団四季 |

2016年3月1日(火) 歴代ヤングシンバ・ヤングナラの出演回数 (その2)

1月30日の記事に、私自身が編集しているキャスト表を集計して、劇団四季『ライオンキング』における歴代ヤングシンバとヤングナラの出演回数の記事を書きました。 その記事の目玉は、「大阪ヤングナラの利川桃子さんが、もうじき、歴代No.1になりそう」ということでした。  その記事は、こちら

ただ、東京ヤングシンバ(卒業済み)の夏目卓実くんの出演回数が正確に分からなかったので、そのときは、176+α という書き方にしてありました。

そんな記事を書きましたら、同じようなところに興味関心を持っているという何人かの方からメールを頂くことができ、その中のお1人から、「夏目卓実くんの出演回数は、ご本人のツイッターによると179回です。」 というありがたい情報をもらうことができたりしました。

そこで、今日から3月ですし、夏目卓実くんの出演回数は確定値を書き込んで、 2016年2月28日(日)公演分までで改めて集計し、改訂版の表を作りました。

改訂版を作ってみて、気づいたこと。

歴代子役の中では、現在、大阪ヤングナラの利川桃子さん が、通算228回で独走しています。 ぜひ、このまま続けて、大阪公演千秋楽の日に舞台にいてほしいです。

それに続くのは、現役の東京ヤングナラの平井花南さん。 東京LKは千秋楽が決まってないので、東京ヤングシンバのNo.1である早矢仕優弥くんの226回を抜くこともできそうです。6月上旬になるでしょうか。

東京ヤングシンバの現役5人の中では、横山賀三くんがNo.1です。 早矢仕優弥くんの226回に並ぶには、あとちょうど1年くらい掛かりそうな感じです。

『ライオンキング』 東京公演   2016年2月28日(日)公演まで
順位  ヤング・シンバ 順位  ヤング・ナラ
226 早矢仕優弥 209 平井花南(現役)
224 福田響志 190 阿部日向子
179 夏目卓実 174 片山由里恵
174 滝澤 諒    
  14 114 三木理紗子(現役)
  15 117 島田萌恵
161 加藤慶士 16 112 伊藤優佳
152 間 聖次朗 17  107 永田伊織(現役)
150 横山賀三(現役)    

『ライオンキング』 大阪公演   2016年2月28日(日)公演まで
順位  ヤング・シンバ 順位  ヤング・ナラ
175 藤井 颯 228 利川桃子(現役)
165 大前嘉紀 149 奥内美遥
131 河森翔龍 119 根津桃子
125 原 光希    
     
  6  99 吉益実咲   
94 菊田千瑛 86 角西 環  
63 吉田陽登(現役) 84 吉田 鈴(現役)
58 木下湧仁(現役) 81 田邉心愛(現役)

posted by 宇部産タマネギ at 01:00 | 劇団四季 |

2016年2月28日(日) 今日のお友達情報から(第9週その1)

今週は、週の後半を不在にしておりました。 久々に本拠地にもどってきた宇部産タマネギです。

不在期間中は、私は不在なのにいつもと同じようなペースでお友達情報が届いておりました。 ありがとうございました。 ちゃんとお返事できずにゴメンナサイ>いつものお友達。 幸い、私がブログ記事を書けなかった期間中に予定外のキャスト異動はなくって、公式サイトの予告どおりだったみたいです。 

さて、ブログ再開です。 最初は、今週の水曜日から始まった、『コーラスライン』全国公演のうち、京都滞在公演です。

コーラスライン(京都)     キャスト表はこちら
(全国公演、今日2/28は京都劇場)
  昨日 2月27日(土) →     今日 2月28日(日)
      キャスト異動なし

お友達から届いたキャストシートには、シートの右上に 京都公演 とだけ書いてあって、○月○日(×)みたいな表記がありません。 これまで、乗り打ち公演の場合は、日付と公演地の記載があったのに。 ということは、京都公演の期間中、キャストは固定 という予定なのかも知れませんね。

今日のお友達のコメントもそうなんですが、不在にしていた期間中に頂いていたお友達からのコメントにも共通していることがあって、「ダンスはいいと思うんだけど、歌が弱い。特に男性陣。」ということでした。 声の細い人もいて、聞き取りにくい、というコメントもありました。

さっそくですが、京都から今日のオマケです。

関西地区では、3作品リピートキャンペーンというのをやっているそうです。 今日のお友達がその記念品の、オリジナル卓上カレンダーをもらえたそうです。

20160228124506.jpg

4月始まりのカレンダーのようです。 中はどんなふうになってるんでしょうね? 舞台写真かなぁ。

もひとつオマケです。 京都劇場にあった、毎日放送さんからのお花です。


NCM_0765.JPG

オペラ座の怪人     キャスト表はこちら
(名古屋公演、新名古屋ミュージカル劇場)
  昨日 2月27日(土) →     今日 2月28日(日)
      キャスト異動なし

続いて名古屋です。 今日の『オペラ座の怪人』名古屋公演、いつもの日曜日より混んでいたんじゃないでしょうか。

というのは、今日は第2期発売分の最終日なのです。 (もしかしたら楽日になるかも)と予想した方はチケットを確保しただろうと思いますので笑。

今日のお友達は、新顔さんの感想をメールに書いてくださいました。

「秋本みな子さんはメグジリーのイメージが強いですが、端正でキビキビしたマダムジリーで、お似合いです。 それから、辻奈々さんのカルロッタはとても歌が上手くて素晴らしい。」 ということです。 感想、ありがとうございました。

思い出を売る男     キャスト表はこちら
(自由劇場)
  昨日 2月27日(土) →     今日 2月28日(日)
      キャスト異動なし

最後は、今日が千秋楽の、浅利慶太プロデュース公演第3弾の 『思い出を売る男』 です。

お友達の感想によりますと、

「タイトルロールの松本博之さんは穏やかな感じで、役にとても合ってたと感じます。 今日は、カテコの途中で、千秋楽だからでしょうか感極まったのか松本さんが少し涙ぐんでしまい、それを受けるようにより大きな拍手が起こって、こちらもじわ〜っとこみ上げて来るものがありました。」 ということでした。

浅利慶太さんのプロデュース公演の第4弾は何になるのか気になるところです。 でも、今日のところは、次回演目の情報は特になかったそうです。

今日のオマケです。 お友達から頂きました。 ありがとうございました。

160228_134338.jpg

posted by 宇部産タマネギ at 15:23 | 劇団四季 |

2016年2月21日(日) 今日のお友達情報から(第8週その4)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

アラジン     キャスト表はこちら
(東京公演、大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海])
  昨日 2月20日(土) →     今日 2月21日(日)
      キャスト異動なし

このおよそ2ケ月間、アラジンは海宝直人さんの出演が続いていますが、ジャスミンのほうはコマメに交代していますよね。

今日のお友達は、それにうまく当たっているようで、お友達の感想によりますと、

「直近の3回の観劇は、海宝さんアラジンは共通だけど、ペアになるジャスミンが毎回違う組み合わせで見ることができました。 その結果、ビジュアル的には今日の齋藤 舞さんが、ジャスミンのイメージにいちばん合ってるような気がします。 そして、アラジンが海宝さんだと、本当に見た目がピッタリはまっている感じです。

瀧山さんのジーニーの安定感はいまさら言うまでもないですが、さらにパワーアップし続けてします。 海宝さんのアラジンもそれに負けないくらい進化していて、二人のやりとりは絶妙なものがありました。」

感想、ありがとうございました>お友達。

posted by 宇部産タマネギ at 19:07 | 劇団四季 |

2016年2月20日(土) 今日のお友達情報から(第8週その3)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

ウェストサイド物語     キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[秋])
  昨日 2月19日(金) →     今日 2月20日(土)
      昼公演、夜公演とも キャスト異動なし

先週の土曜日に開幕した『ウェストサイド物語』東京公演。 今日は、マチネとソワレの両方のキャスト情報が揃いました。 でも、予定外のキャスト異動なく、公式サイトでの予告どおりです。 しかも、開幕した初日から不動の顔ぶれです。

お友達の感想をご紹介します。

1人目のお友達は、

「開演前、階段の踊り場でチビッコが、ナルドのポーズをしていました。 それを見て、今日はとてもホッコリした気分で観劇できそうです。」って。

別のお友達は、

「私の予習不足なのかも知れませんが、マリアやアニタは、その後どうなったの?とモヤモヤ感が残りました。 でも、いいな〜、と思ったのは今回、生オケだったことです。 音合わせが始まったときのワクワク感が大好きなんです。」

と書いてくださいました。

これはタマネギ的想像なんですが、今回は新演出なので、かつての音源が使えず、それで生オケに。 でも、全国公演はテープになるでしょうね。 それなら、音合わせのところもテープに入れておいて欲しいですよね。

この感想をお友達への返事の中に書いたら、そのお友達は、「全国公演で音合わせが流れるかどうか確かめに行きたいです!」 とのこと。 よろしくお願いします(笑)。

それから、詳しいお友達からは、「前回の公演までは、映画のようにオーバーチュアを演奏していたと思うのですが、今回の公演ではプロローグから始まってます。」 という情報を頂きました。  う〜ん、いろいろなことをご存知でいろいろと楽しめてらっしゃるんですね。

アラジン     キャスト表はこちら
(東京公演、大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海])
  昨日 2月19日(金) →     今日 2月20日(土)
      昼公演 キャスト異動なし

続いて、『アラジン』東京公演です。 来週は保守点検による休演なので、休演前の1週間です。

今日のお友達、何人ものキャストさんの感想をこと細かく書いてくださいました。 でも、ちょっと分量が多いので、その中から何人かだけ紹介します。

「齋藤さんのジャスミン、初見でした。 エキゾチックな雰囲気が出てます。

西尾さんカシーム、鍛えられた引き締まった筋肉、隆々の上半身、特に上腕に見とれてしまいます。はあとです(笑)。 それに、いろいろ小技が効いた演技で、客席から何回も笑いを取ってました。

そして、7枠の矢野さん。 貫禄が出てきたと思います。 あ、体型ではなくてです。 アースラ的配役がお似合いのような気がします。」

ということでした。 感想、ありがとうございました>お友達。


それでは、今日のオマケです。 

今日、所要で某所を歩いていたら、こんな看板が目に留まりました。 徒歩3時間って。 次の瞬間、「駅から歩いてたった1時間なのに」 を思い出しました。 それの上を行きますな、これは。

2016-02-20 12.56.47a.jpg

これ、完全にイマドキの看板ですよね。 興味があったら、ネットで調べて来てね、ってことですもん。

posted by 宇部産タマネギ at 22:10 | 劇団四季 |

2016年2月19日(金) 今日のお友達情報から(第8週その2)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

ウェストサイド物語     キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[秋])
  昨日 2月18日(木) →     今日 2月19日(金)
      キャスト異動なし

開幕して2週目の『ウェストサイド物語』東京公演。 今のところ、キャストは初日から動かずです。

タマネギ予想では、やがて2番手3番手が次々に出てくると思うんですが。

 

今日のオマケです。 今日のお友達が撮ってくださったのではなくて、開幕初日の日に観劇されたお友達から頂いていたものです。

赤いアルファベットの WEST SIDE STORY は、よく見ると縁取りみたいなのがあって、少しだけ手書きの看板っぽい雰囲気があるのに気がつきました。

IMG_4264.jpg

posted by 宇部産タマネギ at 00:12 | 劇団四季 |

2016年2月18日(木) 今日のお友達情報から(第8週その1)

今日は19日(金)。 1日遅れで、18日(木曜日)の記事です。

久しぶりにブログを書いている宇部産タマネギです。 今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

ライオンキング(東京)     キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[春])
  前回 2月17日(水) →     今日 2月18日(木)
      キャスト異動なし

キャストは、予告外の異動もなく安泰でした。 今週は、やっぱりシンバに田中彰孝さんが戻ってきています。

今日のお友達の感想では、

「今回は、なぜだかラフィキの印象が薄かったです。 あら、ラフィキの登場シーンってコレだけだった?と感じました。 一方、田中彰孝さんのシンバは安定です。ヤングシンバとの相性も良くシンバの成長物語の舞台でした。」 

ということでした。 東京LKでは、金原さんのラフィキが長かったので、皆さん、自然と金原さんラフィキに慣れてるんじゃないかと思うんです。 それに比べると、福井さんのラフィキはあっさりめに見えるのでしょうかね。

オマケは、四季劇場演目のフラッグの写真です。今日のお友達から頂きました。

KC4F0380.jpg

posted by 宇部産タマネギ at 23:03 | 劇団四季 |

2016年2月11日(木祝) 今日のお友達情報から(第7週その2)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

オペラ座の怪人     キャスト表はこちら
(名古屋公演、新名古屋ミュージカル劇場)
  前回 2月10日(水) →     今日 2月11日(木祝)
      キャスト異動なし

今日も、名古屋の『オペラ座の怪人』情報を頂きました。 予定外のキャスト異動はなくて、昨日と同じでした。

今日のお友達によれば、月曜日のキャスト予告に触発されてしまい、前予でうまくチケットが取れたんだそうです。 おめでとうございました。

お友達の感想は、

「佐野さんファントム、苫田さんクリスに北澤さんラウル という今回の公演ではもう二度とないかもしれない、魅力度抜群のキャスティング、

実際に観ましても、全然モヤモヤしない、安定度抜群のキャスティングでした。 できたら、今月末くらいまでこのキャストが続いてくれますように...」

ということでした。

ということは、2月中には手持ちのチケットがあるんですね笑。 楽しみですね。

posted by 宇部産タマネギ at 20:34 | 劇団四季 |

2016年2月10日(水) 今日のお友達情報から(第7週その1)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

まず、『リトルマーメイド』東京公演です。

リトルマーメイド     キャスト表はこちら
(東京公演、積水ハウスミュージカルシアター四季劇場・夏)
  前回 2月9日(火) →     今日 2月10日(水)
      キャスト異動なし

今日のキャストは、昨日と同じで変わらずでした。 劇団四季公式Webサイトでの予告のとおりでした。

今日のお友達は、「今日はいろいろ事情があって、あまり舞台に集中できないまま観てしまいました。でも、そのおかげか、アースラの足の動きを安心してみていられました。」 ということでした笑。

続いて、名古屋です。

オペラ座の怪人     キャスト表はこちら
(名古屋公演、新名古屋ミュージカル劇場)
  前回 2月7日(日)       今日 2月10日(水)
オペラ座の怪人      芝 清道 →      佐野正幸
クリスティーヌ 久保佳那子  →      苫田亜沙子
ラウル子爵      鈴木涼太 →      北澤裕輔
男性Ens. 見付祐一(*) 9 →      杉浦 洸 9
女性Ens.   杉山由衣 4
羽田沙織 9
小田島礼奈 11 
→      辻 奈々 4
久田沙季 9
黒柳安奈 11

『オペラ座の怪人』名古屋公演、今週の公演は今日からスタートです。 今日のキャストは上の表のとおりで、先週と比べると、3役が一挙に変わりました。 今日の客席には、キャスト動機の突発組が何人もいらしたに違いないですね。 おまけに、今日は佐野さんのお誕生日なのだそうです。

そうそう、女性アンサンブル9枠に入った久田沙季さんは、今回の名古屋公演には初登場です。

今日のお友達の感想は、

「北澤さんラウル、今日も柔らかく、かつ力強い歌声で、クリスティーヌを見つめる優しい眼差しがたまりません。

佐野さんがファントムで、苫田さんのクリスティーヌだから、今日はベル1人にダブルビーストって感じです。 そうは言いながら、北澤さんビーストはまだ拝見してません。 京都BBでぜひと思っています。」

ということでした。 感想、ありがとうございました>お友達。

posted by 宇部産タマネギ at 00:41 | 劇団四季 |

2016年2月7日(日) 今日のお友達情報から(第6週その4)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

アラジン     キャスト表はこちら
(東京公演、大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場・海)
  昨日 2月6日(土) →     今日 2月7日(日)
      キャスト異動なし

『アラジン』東京公演、予定外のキャスト異動はなく、昨日と同じでした。

今日のお友達は、三井さんジャスミンと町田さんイアーゴがお初だったそうです。

「 三井さんのジャスミンは、岡本さんジャスミンに比べると、気の強さを表に出さずに抑え目な感じに思いました。 でも、海宝さんアラジンとのバランスはよかったです。

町田さんイアーゴは、 表情がよく、歌もいいと思ったんですが、元キャラがオウムであることからイメージするイアーゴらしさは、酒井さんイアーゴの方があるのかなと思います。

それから今日は、『♪フレンドライクミー』 で、初めて手拍子が起こりませんでした。 そのせいで、じっくり瀧山さんジーニーの歌が聞けました。やっぱり、最高です!」

ということでした。 感想、ありがとうございました>お友達。

<2/8(月)追記>

コーラスライン     キャスト表はこちら
(全国公演、今日2/7は静岡県富士市)
  前回 2月6日(土)沼津市 →     今日 2月7日(日)富士市
      キャスト異動なし

日曜の夜遅くになってから、もうひとつ、お友達情報を頂いたので書き足します。 昨日に続いて、『コーラスライン』全国公演のキャスト情報を頂きました。 今日は、富士市での公演です。 いつもありがとうございます>お友達。

キャストは、上の表のとおりで、昨日の沼津市公演と変わらずでした。

お友達のレポートによりますと、

「 今日の富士市のお客さんは乗りもよく、随所で笑いが起こっていました。

ボビーの台詞で、「こんなことじゃ、いかんぞう!」というダジャレのとき、もちろん、いつものように場内爆笑になりました。 しかし、そのあと。ワンテンポ遅れて一人の子供が、1人だけ会場全体に響くように笑ったんです。 そしたら、それを聞いて場内は二度目の爆笑、そして、キャスト全員も笑ってしまい一瞬、舞台が止まりました。 私も爆笑!初めての経験で楽しかったです。」

一人で、客席だけでなく、舞台のキャストまで笑わせてしまうなんて、この子、すごい才能の持ち主かもしれません(笑)。 

posted by 宇部産タマネギ at 19:25 | 劇団四季 |

2016年2月6日(土) 今日のお友達情報から(第6週その3)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

まず、全国公演の 『コーラスライン』 から。 今日は、静岡県の沼津市です。

コーラスライン     キャスト表はこちら
(全国公演、今日2/6は静岡県沼津市)
  前回 2月4日(水)静岡市 →     今日 2月6日(土)沼津市
      キャスト異動なし

キャストは、一昨日までの静岡公演と変わらずでした。 劇団四季公式Webサイトでの予告どおりです。

今日のお友達は、沖田 亘さんマイクと、荒木美保さんシーラがお初だったそうです。

「沖田さんマイクは、声がとても良く通り、歌も上手かったですが、もう少し慣れてくれればと思わないこともないですが、これはある程度仕方ないですね。 でも、最後の決め前に、バク転2発とバク宙1発!これはすごかったです。」

という感想を送ってくださいました。 ありがとうございました。

ライオンキング(東京)     キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場・春)
  昨日 2月5日(金) →     今日 2月6日(土)
      キャスト異動なし

続いて、『ライオンキング』東京公演です。 約3週間の保守点検期間の期間中は休演でした。 昨日の金曜日から再開しています。

『WSS』のお稽古に入ってると思ってた田中彰孝さんが、急にシンバに戻ってきています。 でも、タマネギ的には、田中彰孝さんの『WSS』のご出演は結局はあると思ってるんですが。 

で、今日のお友達によると、

「田中さんシンバの、『♪終わりなき夜』 の歌い方がソフトになってたと思いました。 それから、『♪愛を感じて』では、田中さんシンバと小松さんナラは役としてはベテランだし初顔合わせでもないので、何とも初々しく見えてビックリしました。

そして、ムファサの内田 圭さんはいてくれるだけで嬉しく、(これは、タマネギ的にもまったく同感で)、 内田さんムファサの、『♪お前の中に生きている』は、 個人的には、秋山修道院長の 『♪すべての山に登れ』 に匹敵するものであるのですが、今日のそれは、聞かせるというよりも魅せるという感じで、 いつもとは違った雰囲気がありました。 そして、やはりシンバへの愛情が感じられてとても良かったです。」

という感想でした。 感想、ありがとうございました>お友達。

今日のオマケは、四季劇場のエントランスです。 秋劇場は休演なので、劇場の灯りもついてないんだそうです。 ちょっと寂しく感じます、ということです。

新しいイメージ.JPG 

posted by 宇部産タマネギ at 09:41 | 劇団四季 |

2016年2月4日(木) 今日のお友達情報から(第6週その2)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

アラジン     キャスト表はこちら
(東京公演、大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場・海)
  昨日 2月3日(水) →     今日 2月4日(木)
      キャスト異動なし

『アラジン』東京公演、出演者は昨日と同じでした。 劇団四季公式Webサイトでの予告のとおりです。

今日のお友達も、海宝さんのアラジンがお初だったそうです。 「背が高く、ダンスもダイナミックで見応えがありました。 歌の歌詞が聞き取りやすいのは、かつて、ヤング・シンバを務めた賜物でしょうか。」

そして、お友達情報によると、『アラジン』の新しい公演プログラムが先月から出ているそうです。 で、購入してみたら、なんとジーニー枠に阿久津陽一郎さんのお名前があるんだそうです。 

お友達は、「阿久津さんのジーニー、見てみたいとは思いますが、オレ様度でジャファーもいい線いくんじゃないかな、と思いました。」  ということです。

posted by 宇部産タマネギ at 22:16 | 劇団四季 |

2016年2月3日(水) 今日のお友達情報から(第6週その1)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

オペラ座の怪人  キャスト表はこちら
(名古屋公演、新名古屋ミュージカルシアター劇場)
  昨日 2月2日(火) →     今日 2月3日(水)
      キャスト異動なし

今週の公演は昨日から始まっており、今日の出演者は昨日と同じでした。 劇団四季公式Webサイトでの予告のとおりでした。

今週から、カルロッタに、吉田絢香さんが入っています。 今日まで気がついていなかったのですが、今回の名古屋公演に吉田さんカルロッタは初登場です。 札幌公演では、結構長く出演されていたんですけど、名古屋では初日からずっと、河村 彩さんのカルロッタが続いていました。 長らくお疲れさまでした〜。

さて、お友達から届いたメールによりますと、

今日は「ファントム・アカデミー」があったそうで、名古屋の劇場では、入場してからイベント受付をするので、開場前の時間から、イベント受付待ちの行列ができるのだそうです。 それも、劇場側がなにも指示をしないので、集まったお客さんがその行列を自主的に作ってるんだそうです。

で、今日は劇場側が、通常の開場時間より10分も早く開場してくれたのだそうですが、なぜだか、行列ができてないほうの扉を先に開けてくれてしまったんだと。 せめてねぇ、行列ができてるほうを先にあけて入場させてくれるとか配慮してくれたっていいですよねぇ。

お友達の変わりに愚痴って見ました笑。

オマケの写真は、今日のお友達から頂いたもので、名古屋の劇場に飾ってある、新劇場演目『リトルマーメイド』のパネル?垂れ幕?です。 相変わらず、ケバケバしくてよく目だちます。  うん?これにも、劇団四季のロゴがない.... あの、「劇」「団」「四」「季」が1文字ずつ、紫、赤、黄、緑の座布団の上に書いてあるやつ。  実は、必ず書いてあるものでもなくて、書いてないものも結構あるのかな?

新しいイメージ.JPG

<2月4日追記>

キャッツ  キャスト表はこちら
(札幌公演、北海道四季劇場)
  前回 1月31日(日) →     今日 2月3日(水)
      キャスト異動なし

 



 

posted by 宇部産タマネギ at 22:38 | 劇団四季 |

2016年1月31日(日) 今日のお友達情報から(第5週その6)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます。

今日は、『サウンド・オブ・ミュージック』 東京第三演 の千秋楽でした。 お友達の何人かが観劇されていて、キャストボード写真など送ってくださいました。 いつもありがとうざいます>お友達。

サウンド・オブ・ミュージック  キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[秋])  本日千秋楽
  昨日 1月30日(土) →     今日 1月31日(日)
      キャスト異動なし

お友達の感想です。

「東京公演千秋楽、ついに終わってしまいました。 やはり秋山修道院長様。 秋山院長様は院長様以外の何者でもなく、 深水大佐も大佐そのものって感じで、『♪すべての山に登れ』と『♪エーデルワイス』が特に心に沁みました。
お二人だけでなく、他の皆さんもまさにそれぞれの役を生きてるという言葉がピッタリでした。」  ということです。

他のお友達は、

「今まで、比較的前方の席から見ることが多かったのですが、今日は後方中央の、全体が見渡せる席でした。ここから見ると、舞台美術もちゃっちくは見えなかったです。 前方席からでは、特にオープニングの草原は貧相に見えてたんですが、今日は本物の山の草原に見えました。 今日、気付けてよかったです。」

カテコでは、昨日と同じように、緞帳が開いたらトラップファミリーが集まってるパターンだったそうです。 緞帳が上がったのは、10回では足らないくらいと。

それから、客席には、鳥原ゆきみさん、平田愛咲さん、エルザの西田さんほか、過去出演者の方々の姿も見えたそうです。 そして、卒業済みのトラップファミリーの子役さんたちも。

それでは、今日のお友達から届いた、SoM関連の写真を紹介します。

まず、「名作に今、新しい輝きを」 の『サウンド・オブ・ミュージック』パネルです。 今日が見納めです。

DSC_2995.JPG

でも、今日見てて気づいたんですが、このパネルには、劇団四季のロゴが書いてないんです。 あの、「劇」「団」「四」「季」が1文字ずつ紫、赤、黄、緑の地の上に書いてあるやつ。 劇団四季が上演してるのに、ロゴがないなんてパターンがあるんですね。 

思い出すと、お友達の気付きをもとにして以前の記事に書いたことなんですが、通算○○回にあたる公演のはずなのにそれらしい企画が何もないとかいうこともありました。 ちょっとナゾなところもあった、『サウンド・オブ・ミュージック』東京三演でした。 

20160131_155417.jpg

こちらは、四季劇場エントランスにあるポスターだそうです。 ちゃんと、次回演目の『ウェストサイド物語』に変わっています。 これには、劇団四季のロゴもちゃんとありますね(笑)。

リトルマーメイド  キャスト表はこちら
(東京公演、積水ハウスミュージカルシアター四季劇場[夏])
  昨日 1月30日(土) →     今日 1月31日(日)
      キャスト異動なし

続いて、『リトルマーメイド』東京公演です。 予定外のキャスト異動はなくて、昨日と同じでした。

今日のお友達も、田島さんトリトンがお初だったそうです。

「田島さんトリトンの声は、村さんと違いあまり低音ではなくて、今までのトリトンの印象と少しは違ったような気がしました。  そして見た目もかなり若返ったような。」 ということでした。いつもありがとうございます>お友達。

続いて、名古屋です。

オペラ座の怪人  キャスト表はこちら
(名古屋公演、新名古屋ミュージカルシアター劇場)
  昨日 1月30日(土) →     今日 1月31日(日)
      キャスト異動なし

『オペラ座の怪人』名古屋公演、こちらも予定外のキャスト異動はなくて、昨日と同じでした。

今日は、 ♪墓場にて、 のラストに近いところで芝さんのビックリが。

ファントムがクリスティーヌと向かい合うクライマックスの部分で、芝さんファントムは、 『angel of music』もう一度 二人は共に の Angel of music をクリスティーヌより高い音程で歌ったんです。 この歌い方は初めて聞きました。 個人的には、ここは2人がほぼユニゾンでシンクロするのがいいに、と思います。 ということでした。

最後の写真は、名古屋の劇場に登場した、新劇場演目『リトルマーメイド』のタペストリーです。 床から天井まで届く大きなものだそうで、皆さん、ワクワクで見上げていたそうです。 ありがとうございました>お友達。

image2.JPG

posted by 宇部産タマネギ at 18:51 | 劇団四季 |

2016年1月30日(土) 『ライオンキング』子役 の出演回数ランキング

お友達とのやりとりからヒントをもらって、ちょっと集計してみました。

『ライオンキング』 子役の出演回数ランキング です。 2016年1月29日(金)公演分までカウントしています。 

『ライオンキング』 東京公演
順位  ヤング・シンバ 順位  ヤング・ナラ
226 早矢仕優弥 204 平井花南(現役)
224 福田響志 190 阿部日向子
176+α 夏目卓実 174 片山由里恵
174 滝澤 諒    
168 野田宏海    
165 小林 翼 14 117 島田萌恵
161 加藤慶士 15 114 三木理紗子(現役)
152 間 聖次朗 16   
145 横山賀三(現役) 17  102 永田伊織(現役)

『ライオンキング』 大阪公演
順位 

ヤング・シンバ

順位  ヤング・ナラ
175 藤井 颯 223 利川桃子(現役)
165 大前嘉紀 149 奥内美遥
131 河森翔龍 119 根津桃子
      
     
       
94 菊田千瑛 7  86 角西 環  
57 吉田陽登(現役) 78 吉田 鈴(現役)
52 木下湧仁(現役) 75 田邉心愛(現役)

集計する前は、ヤング・シンバは声変わりがあるので、ヤング・ナラのほうが長続きするんじゃないかと思っていたんですが、実際にはそんなことありませんでした。 

累計の出演回数が200回を超えている子役さんが、4人もいらっしゃいます。 子役の出演は、多くても月6回ペースですから、年にざっと70回です。 となると、3年くらいはやらないと200回超えにはならないわけで、学業もある中で続けるわけですから、大変なことです。

特筆すべきは、200回超えの4人のうちの1人が、大阪のヤング・ナラ、利川桃子さんだということではないでしょうか。 無期限ロングランではない大阪公演で、200回を超えるところまで続けているわけですから、立派なことだと思います。 そして、利川桃子さんの出演回数を見ますと、東京の早矢仕優弥くん、福田響志くんにほとんど追いついており、追い越すのはもう秒読み段階、という感じです。 2月中旬にはぶっちぎってくれるでしょう。 

逆に言うと、大阪公演が3年以上続いていることと、その公演期間をメいっぱい使うことが組み合わさって、大阪でも200回超えができた、ということになりますね。

そして、利川桃子さんに続くのが東京のヤング・ナラ、平井花南さん。 大阪公演と違って東京公演は終わりませんから、回数を延ばそうと思えばまだまだやれますもんね。 東京・大阪を通じてNo.1も見えてます。 そう思うと、ご卒業が気になります。


なお、宇部産タマネギの劇団四季キャスト表は、出演データが完全に全部揃ってはいません。 劇団四季が出演キャストをちゃんと発表してくれなかった時期があったためです。その月のキャスト表はこちら。 その時期が、この表では夏目卓実くんの出演期間と重複しています。 そのため、出演回数を正しくカウントできませんでした。 そこで、+αと表記しています。 多分、αは2だと思っています。

<2月28日(日)追記>

お友達から、夏目卓実くんの出演回数は179回です、という情報を頂きました。 ご本人のツイッターの記事により確認できるのだそうです。

ということは、上の表では、176+αとしか書けなかったのですが、αは3ですね。

そこで、上に載せた2016年1月29日(金)公演分までの表に書き込みました。

『ライオンキング』 東京公演
順位  ヤング・シンバ 順位  ヤング・ナラ
226 早矢仕優弥 204 平井花南(現役)
224 福田響志 190 阿部日向子
179 夏目卓実 174 片山由里恵
174 滝澤 諒    
168 野田宏海    
165 小林 翼 14 117 島田萌恵
161 加藤慶士 15 114 三木理紗子(現役)
152 間 聖次朗 16   
145 横山賀三(現役) 17  102 永田伊織(現役)

情報をありがとうございました>お友達。

posted by 宇部産タマネギ at 21:52 | 劇団四季 |

2016年1月30日(土) 今日のお友達情報から(第5週その5)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

いよいよ、この週末に千秋楽を迎える 『サウンド・オブ・ミュージック』東京公演です。 何人かのお友達が、秋劇場に乗り込んでおられました(笑)。

サウンド・オブ・ミュージック  キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[秋])
  前回 1月29日(金) →     今日 1月30日(土)
      昼公演、夜公演とも キャスト異動なし

予定外のキャスト異動はなく、劇団四季公式Webサイトの発表どおりでした。

お友達の感想をご紹介しますと、 まず、昼公演を観劇されたお友達の情報では、

「昼公演では、スペシャルカーテンコールとして、 So Long,  Farewell が披露されました。」 ということです。

そして、昼公演と夜公演をマチソワでご覧になったお友達からは、

「今回の公演では、「名作に今、新しい輝きを。」というキャッチコピーがついてますが、その言葉通りだったと思います。 輝いてました。 素晴らしかったです!
キャスト一人一人の作品への思いも感じられて、マチネ、ソワレとも熱い舞台でした。
ソワレは客席も熱かったです。 子どもたちが行進して初めて登場したときに拍手がありました。 このタイミングでの拍手というのは、これまで記憶にないです。」

「カテコでは、深水大佐からご挨拶がありました。 そのあと、これまでの公演と同じく、『♪さよなら、またね』で、トラップ家の子どもたちを送り出したんですが、恒例のマックスおじさんによる子役一人一人の紹介が、今日は省かれてたので、ちょっとだけ残念でした。

 
ソワレのカテコは何回も上がって、最後は、幕が上がってみたら、トラップファミリーのみというパターン。それから、全員を呼び込んで、手を振って終わりだったんですが、
予想外だったんでしょう、半分は袖に戻りながら、もう半分は舞台に残ったまま、という珍しい終わり方になりました。」

「それから、売店では、小物がことごとく売り切れになっていました。 これは、納得です。」 という感想を送ってくださいました。

オマケの写真は、春劇場の入り口上。 17周年のフラッグが取り外されていてなかったそうです。 春劇場の保守点検の関係で取り外したんでしょうかね。 いつも何かしら架けてあったところに何もないと、殺風景というか、さびしいですね。

20160130_165606.jpg

<追記> 夜になって、もうひとつお友達情報を頂いたので、今日の記事を書き足します。

アラジン  キャスト表はこちら
(東京公演、大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海])
  前回 1月29日(金) →     今日 1月30日(土)
      昼公演、夜公演とも キャスト異動なし

『アラジン』東京公演です。 このお友達も、昼公演と夜公演のマチソワでした。

お友達の感想です。

「今日の楽しみは、何といっても私にとってはお初の海宝さんアラジンでした。 いやぁ〜、第一声からいきなり惹き込まれました。。
この方、歌もセリフの時も本当にいい声ですね。 歌が上手とか、セリフが聴きやすいという方は結構いますが、海宝さんの声は聴いていて気持ちがいい声です。

そして、このミュージカルのアラジンは、ほぼジーニーに役どころ持っていかれてしまうんでしょうけど、今日の海宝さんアラジン、全然負けていなかったです。素晴らしかった。

アラジンだけでなく、ジャスミンの三井さんも、今までで一番声が出ていて、歌も聴き応えありましたし、ジーニーは瀧山さんで相変わらずの爆笑王。 マチソワの観劇でしたが、あっという間に終わってしまいました。」

感想、ありがとうございました>お友達。

posted by 宇部産タマネギ at 20:46 | 劇団四季 |