2007年3月22日(木) 今週のキャストから(2) オペラ座の隣はサバンナ?

 今日のキャスト異動は、この1件だけ。でも、ちょっとお気の毒な異動でした。

ライオンキング(東京公演、四季劇場・春)
スカー 深水彰彦 川地啓友


 何がお気の毒かって、川地啓友(かわちけいすけ)さんは、昨日まで「オペラ座の怪人」(東京公演)で男性アンサンブル4枠、ムッシュー・ルフェーブルだったんです。千秋楽まで務めて、その後の会員向け招待公演までやって(多分...)、普通ならご苦労様でお休みもらえるでしょうし、ご本人だって務め上げた余韻を味わいたいでしょうけど、さっそく次の日はサバンナの悪役ですもん。 普通じゃないですよねぇ。 そりゃ、駅は隣だし、歩いて10分くらいなものですけど。

 深水さんのスカーは昨日見ましたけど、調子悪そうとは思いませんでした。

 今回の事情は知りませんけど、組織の財産は「人」。「人」の志気というか、組織に対する帰属意識を高めないと崩壊するんとちゃいます?

 

posted by 宇部産タマネギ at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年3月21日(水祝) 今週のキャストから(1)&アルプバインダー

 今日は、春分の日でお休み。劇団四季の演目では、「オペラ座の怪人」(東京公演)「ブラックコメディ」(名古屋公演)が千秋楽でした。明日は「はだかの王様」(東京公演) が千秋楽を迎えます。

 で、今週の公演は一部は昨日から始まっていますが昨日は記事を書けなかったので、アンサンブルさんを含めたキャスト異動について、今日まとめて書きます。

ライオンキング(東京公演、四季劇場・春)
バンザイ 大塚道人 太田浩人
エド 岡本繁治 小原哲夫
ナラ 織田美蕾 宮崎しょうこ
男性Ens.8枠 田井 啓 朝隈濯朗
  同  10枠 金田暢彦 染矢 裕
女性Ens.2枠 松元香保里 平田曜子
  同   10枠 梶田祐紀恵 金 寿恵
  同   12枠 磯谷美穂 間尾 茜


 先週のバンザイだった大塚道人さんは、なんと1週間限定でした。今週は太田浩人さんに戻りました。先週すかさず遠征を決行して幸せいっぱいの方、いらっしゃいますねぇ(笑)。 そうです、「見たくて、行けるのなら、観られるときに観る」これ、鉄則です。いつまでもいてくれるとは限りませんので。

 ということで、私もほとんど3ケ月ぶりにナラに戻ってきた宮崎しょうこさんを見に行ってきました。 客席は家族連れがいっぱい。子供用シートクッションを貸してくれる窓口が大忙しでした。

 ナラは2幕からの登場なので、1幕は気楽に観ています。でも、内田ムファサが大好きなので、「朝のご報告」と「お前の中に生きている」の場で、父親と息子の世界に引き込まれます。

 ナラのレポートは、力いっぱい書いてまた壊れてしまうと明日仕事できなくなって困るので、ちょっとだけ。  前回見たのは12月末ですが、前回とここも違う、あそこも違う、ってところが随分ありました。 「どうしてあなたがココにいるの!!?」から「もう、いいわっ!」 「ただ失望した。」 までは自分がライオンであることをほとんど忘れているようです。そこが、また大好きです。 

  気に入らないのは、デカイ音で音程を外すオケでした。

 ところで、「ライオンキング」と関係ないんですが、「四季の会カウンター」で「ラ・アルプ」のバインダーを1冊買いました。これ、以前のものと違って折りたたみ式になっているので、持って帰るときに三角形にかさばらず、 カバンの中に入れても厚さ1cmほど。とってもいいです。しかもアルプを閉じこむピアノ線が最初から入れてあって、とっても COOOL !。 これを考えた人、このアイディアに拍手しちゃいます。

 遅ればせながら、「ライオンキング」の新しいプログラムを購入しました。2007年1月版です。先週から登場した イ エリン さんは追補の紙が挟み込んであって、韓国の方だそうです。 舞台写真は前の版とほとんど同じ。ほとんど、というのは、前の版ではたった1コマだけ載っていた宮崎ナラの写真が、新版では新ナラ(多分、織田美蕾(おだみほ)さん だと思います)の写真に差し替えられてしまっていて、私はガッカリです。

コンタクト(東京公演、四季劇場・秋)
ウェイター長 吉元和彦 松島勇気


 今週のウェイター長は松島勇気さん。この数週間を見ると、吉元さんと松島さんで1週間交替のパターンですね。来週は吉元さんに戻して千秋楽でしょうか。 この東京公演のあと、約1ケ月後くらいから始まる京都公演もあります。

キャッツ(東京公演、キャッツ・シアター)
マンカストラップ 青山祐士 趙 宇
スキンブルシャンクス 岸 佳宏 李 涛
ランパスキャット 張 沂 永野亮彦

 

オペラ座の怪人(東京公演、電通四季劇場・海)
オペラ座の怪人 佐野正幸 高井 治
メグ・ジリー 今在家祐子 荒井香織

 冒頭でも書きましたが、本日千秋楽でした。 荒井香織さんのメグで終われてよかったよかった。大阪でも頑張ってください。

クレイジー・フォー・ユー(京都公演、京都劇場)
ポリー・ベーカー 木村花代 樋口麻美

 木村花代さんのポリーは、6週間でした。今週から樋口麻美さんが戻ってきました。でも、今週を含めて、千秋楽までラスト3週間です。

夢から醒めた夢(福岡公演、福岡シティ劇場)
老人 維田修ニ 武見龍磨
女性Ens.3枠 久下紘子 山口祐理子


 こちらは、今週と来週の2週間で千秋楽です。 山口佑理子(やまぐちゆりこ)さんは、どうも新人さんの初登場のようですが、プログラム買ってないので詳細わかりません。お名前が、日本を代表する某大ミュージカル俳優さんにとってもよく似ているので、忘れられそうにありません。


 

posted by 宇部産タマネギ at 23:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年3月21日(水) 行く人来る人 (クレイジー・フォー・ユー編)

 劇団四季公式Webの「クレイジー・フォー・ユー」の項を見ていて「キャスト・スタッフ」のページに新たにお名前が加わった人、方やお名前が消えた人があるのに気が付いたので記事にしてみました。

 まず新しくお名前が加わった俳優さんから。

ボビー母 北村昌子
ミンゴ 中嶋 徹
女性アンサンブル 岡本結花、西村麗子

 北村昌子さん中嶋 徹さん は以前にもそれぞれの枠で出演されたことがありますからオッケーとしましょう。岡本結花(おかもとゆか)さん も、今の2005年シリーズ(2005年8月の静岡公演以降、現在上演中の京都公演まで)の初期にスージー役で出演されていました。もっとも、2006年1月に「鹿鳴館」が始まってからはそちらに掛かりっきりでしたが。

 え?と思ったのは、西村麗子さん。枠は、ボビー母じゃありません。フォーリーズ・ガールズの枠です。ちょっと驚き。枠、間違ってませんか?>四季さん。 西村さんがこれまでにCFYに出演されたことは...私の知る限り、あったかな?....過去出演者一覧表を大真面目に探しましたら、見つけました、ルイーズでお出になったことがあるんですね。でも、ちょうと10年前ですよ..。まるで西村さんに対する ○○○○ に見えますけど...あんまりじゃありませんか?

 さて、一方、お名前が消えた方は、

テス、パッツィー 飛田万里
男性アンサンブル 櫻井秀樹
女性アンサンブル クリスティン・ゼンダー


 櫻井秀樹さん の出演を調べてみると、10月24日の週に「クレイジー・フォー・ユー」のビリーを1週間だけお演りになったのが最後です。 2月の初めに、ビリーの筆頭である石野喜一(いしのよしかず)さん がお休みしたとき、櫻井さんが入らないで、実際に代わりを務めたのは関与志雄(せきよしお)さん でした。関さん自身は、なにしろ初演のビリーですから当然できるんですが、何しろ、あのアクションがある役ですから、なんでもっと若い櫻井さんが出てこないんだろうと思った記憶があります。  まあ、おかげで、関さんの2005年シリーズ皆勤賞は今も続いているわけですけど。

 

posted by 宇部産タマネギ at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年3月17日(土) 今週のキャストから(5)

 今日は、全国公演の「王子とこじき」のアンサンブルさんに、異動がありました。以前にこのブログにコメントが寄せられたとおりでした。 昨日、おとといは、劇団四季の主催公演ではないけど、どこかで小学生を招いての公演があったかも知れません。

王子とこじき(全国公演、今日は岩手県盛岡市)
男性Ens.2枠 成田蔵人 内御堂 真
  同  8枠 鈴木 聡 渡邊今人
女性Ens.3枠 鶴岡由佳子 周 斯玉


 男性アンサンブルの2枠と8枠には、それぞれ内御堂 真(うちみどう しん)さん と渡邊今人(わたなべいまっと)さん が戻ってきました。

 女性アンサンブルの3枠には、周 斯玉(しゅう しぎょく)さん は、今回「王子とこじき」に初登場です。今まで「ミュージカル南十字星」と「ミュージカル異国の丘」に出演があります。 鶴岡由佳子さん は、この公演の初日からずっと3枠を務めてきましたが、千秋楽までラスト2週間半残して枠を譲ったことになります。ちょっと残念? これまで「アスペクツ・オブ・ラブ」、「人間になりたがった猫」、そして一番多く出演したのは「オペラ座の怪人」の女性アンサンブル10枠です。

 この「王子とこじき」の全国公演、ラスト2週半で東北地方を回り、3月31日(土)に青森市の公演が千秋楽です。中には、20日(火曜日)が仙台市、次の21日は県内で近場の石巻市へ、でも次の22日はまた仙台市の同じ会場に戻ってまた1公演という面白いスケジュールもあります。このところ、急に冷え込んできて、この間までの暖かい3月ではなくなてしまったので、スタッフさんのご苦労をお察しします。

posted by 宇部産タマネギ at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年3月16日(金) 今週のキャストから(4)

 

 今日も、「ライオンキング」東京公演で、アンサンブルさんの交代がありました。

ライオンキング(東京公演、四季劇場・春)
女性Ens.4枠 あべゆき  江寿多知恵
 同   7枠 黒田あきつ  い えりん イ エリン

 女性アンサンブルの4枠に入った江寿多知恵(えすだ ちえ)さん は、以前、「オペラ座の怪人」のアンサンブルに出演したことがありましたが、この1年間ほどはお見かけしませんでした。「ライオンキング」には、初登場です。 そして、黒田あきつさん に代わって7枠に入ったのは、初めて聞くお名前の い えりん イ エリンさん。劇団四季公式Webの「キャスト・スタッフ」ページにもまだ載っていませんので、どういう字なのかもわかりません。おそらく劇団四季での初舞台なんでしょう。おめでとうございます。

<追記3/21> muhさんからの情報で、い えりん さんは、ひらがなでなくてカタカナの表記だそうなので、記事の方もそのように訂正しました。muhさん、ありがとうございました。<追記終わり>

posted by 宇部産タマネギ at 23:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年3月15日(木) 今週のキャストから(3)

 

 今日も、劇団四季公式Webの「キャストBox」だけでは何も変化ありませんでしたが、アンサンブルさんまで含めて全部の出演者をアナウンスする確定キャストフォンでは1件だけ異動がありました。

ライオンキング(東京公演、四季劇場・春)
男性Ens.10枠 郭 凌  金田暢彦


 金田暢彦(かねたまさひこ)さん が10枠に入ること自体は、珍しくもなんともないんですが、週の途中の今日のタイミングで郭 凌(ごー りん)さん と交替した理由は何でしょね。


 

posted by 宇部産タマネギ at 22:04 | Comment(3) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年3月14日(木) 今週のキャストから(2)

 もう明日になってしまったので、今夜は表を作るだけにしておきます。コメントは後日に。

はだかの王様(東京公演、自由劇場)
男性Ens.2枠 松本 海 小島良太
女性Ens.2枠 志村 円 稲垣麻衣子
 同   8枠 稲垣麻衣子 椎名美幸


コンタクト(東京公演、四季劇場・秋)
女性アンサンブル
(Part II, Part III)
戸田真美 上延 綾


ライオンキング(東京公演、四季劇場・春)
シェンジ 松本昌子 孫田智恵
バンザイ 太田浩人 大塚道人
プンバァ 川辺将大 荒木 勝

 ブラックコメディ (名古屋公演、新・名古屋ミュージカル劇場)

 異動なし

 夢から醒めた夢  (福岡公演、福岡シティ劇場)

 異動なし

posted by 宇部産タマネギ at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年3月13日(火) 今週のキャストから(1)

 今日から今週の公演が始まりました。いえ、全国公演の「王子とこじき」は公演が昨日ありましたけど。ご一行は、ここしばらく日本海側を行脚することになりますけど、雪で大変でしょうか。

 では、今週は「オペラ座の怪人」から始めます。

オペラ座の怪人(東京公演、電通四季劇場[海])
クリスティーヌ 西 珠美 苫田亜沙子
メグ・ジリー 西田ゆりあ 今在家祐子
男性Ens.5枠 佐藤圭一 見付ゆう一
  同  6枠 佐藤季敦 塚本伸彦
  同  7枠 見付ゆう一 佐藤圭一


 千秋楽まで、いよいよラスト1週間と半分です。 上の表にはありませんが、オペラ座の怪人は、先週土曜日から急遽入った佐野正幸さんが、今のところ、今週、シングルで出演予定のようです。 クリスティーヌと、メグ・ジリーはしょっちゅう代わっています。今週のメグは、先々週に2公演だけお試し的に出演した今在家祐子さん。

 新マダム・ジリーの佐和由梨さんのデビューは? ひょっとして木曜日?

 男性アンサンブルの5枠〜7枠は、先々週のはじめと同じに戻りました。見た目だけだと、塚本伸彦さんに何らかの用事があってが抜けていたこの2週間だけイレギュラーな枠配置になっていた、とも見えますが、それなら、佐藤季敦(さとうひでのぶ)さんと塚本伸彦さんだけが6枠を交代すればいいはず。なんで5枠と7枠もスワップするんだろう?わかりません。

 

キャッツ(東京公演、キャッツ・シアター)
タントミール 河西伸子 高倉恵美
ヴィクトリア レベッカ・ヤニック 宮内麻衣
マンゴジェリー 萩原隆匡 百々義則


 「キャッツ」には、アンサンブルがいないので、劇団四季公式Webの「キャストBox」で全部の猫の出演者が発表になります。 とりあえず、今日のところは、キャストBoxで発表があったとおりでした。 タガーは、先週途中に福井晶一さんから代わった阿久津陽一郎さんが今週も入っています。

 

  その他は、次のとおりです。特にコメントが思い当たりません。

コンタクト(東京公演、四季劇場・秋)
ウェイター長 松島勇気 吉元和彦

 

クレイジー・フォー・ユー(京都公演、京都劇場)
ユージーン 武見龍磨 三宅克典

 ようやく千秋楽までラスト4週になりました。(まだ4週も!) フォーリーズ・ガールズが全然入れ替わりません。パッツィーの池末絵己子さんだけは1月下旬からですが、それ以外はみんな11月の末からずっと同じ顔ぶれです。 

 

posted by 宇部産タマネギ at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年3月11日(日) 今週のキャストから(6)

 

 今日は日曜日。今週の途中に、福井晶一から阿久津陽一郎さんに代わったタガーは、結局日曜日まで阿久津さんのままでしたし、昨日、高井 治さんから佐野正幸さんに代わったオペラ座の怪人は、やはり今日も佐野さんでした。 

そのほか今日は、オペラ座のアンサンブルさんに異動がありました。

オペラ座の怪人(東京公演、電通四季劇場[海])
女性Ens.9枠 世登愛子 中野聖子
  同 11枠 田窪万理子 世登愛子


 11枠の田窪さんが抜けて、世登愛子(せとあいこ)さん が9枠から枠スライドして来て、空いた9枠は中野聖子さん埋めた、ということですが、何が大元の原因なのか、さて何でしょう? 田窪さんは、オペラ座しか出てないといっていいくらいオペラ座専門だしなぁ。 「はだかの王様」にでも引っ張られましたかねぇ。

 

王子とこじき(全国公演、今日は石川県津幡町)
ハーフォード伯爵 岡崎克哉 前田貞一郎

 確定キャストフォンでは、ようやく今日、ハーフォードが代わりました。 この異動は数日前に決まっていたようですが、岡崎さんは 「アイーダ」のお稽古抜け?それとも「解ってたまるか!」のお稽古抜け?  「解ってたまるか!」は2年前の公演で出演されていましたのでね...

posted by 宇部産タマネギ at 05:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年3月10日(土) 今週のキャストから(5) 佐野ファントム

 今朝の一番で、劇団四季公式WebのキャストBoxがまた替わりました。

 

オペラ座の怪人(東京公演、電通四季劇場[海])
オペラ座の怪人 高井 治
 (金曜まで)
佐野正幸
 (土曜昼・夜)

 オペラ座の怪人役が、今日から突然に佐野正幸さんに交代です。昼公演、夜公演とも佐野さんでしたので、この分だと明日の日曜も佐野さんなのでしょう。 千秋楽前にいろいろなキャストの組み合わせで見られると思いましょう。 高井ファントム目当てに遠征された方、残念でした。

 

 「王子とこじき」 (全国公演、今日は石川県七尾市)

 おととい、3月8日に書いた記事のフォローです。

 ハーフォード伯爵に、前田貞一郎さんの名前が入っているのですが、確定キャストフォンでは今日も岡崎克也さんがハーフォードでした。 だとすると、明日から交替でしょうか。 もし、七尾市の公演をご覧になったかたがいらしたら、教えてください。

 

posted by 宇部産タマネギ at 16:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年3月9日(金) 今週のキャストから(4) 「コンタクト」で動きあり

 今日は、劇団四季公式WebのキャストBoxを見ている限りでは変化がなかったですが、「コンタクト」のアンサンブルさんに動きがありました。

コンタクト(東京公演、四季劇場・秋)
女性アンサンブル
(Part 2, Part 3)
金井紗智子 杏奈
女性アンサンブル
(Part 3)
クリスティン・
 ゼンダー
金井紗智子

 ちょっと見ると、クリスティン・ゼンダーさんが金井紗智子(かないさちこ)さん と交代したように見えますけど、Part 1 の ブランコに乗る女 は クリスティンさんが続けています。だから、クリスティンさんはPart1 のブランコだけで出番は終わり。Part 3でクリスティンさんが出ていた枠に金井紗智子さんが入ったということです。 金井さんが出ていた Part2 とPart3の枠には杏奈さんが入りましたので、金井さんは Part 3 しか出ない、ということになりました。

 杏奈さん は、2月28日の記事に書きましたが、「コンタクト」に加わった新メンバーの一人です。杏奈さんも「コンタクト」初登場です。 そうなると、もう一人の上述 綾さんも近々出てきそうです。

 「コンタクト」の東京公演は、とりあえず今月いっぱいで終わりですが、その後で京都公演が控えていますから、出演者の増強をしてるんでしょうか。でも、今週から登場した村井まり子さん、今日からの杏奈さん、近日中に出るかも知れない上述 綾さんは、揃って「アイーダ」に行くんじゃないんですか? 

 <今日も得意の脱線>

  「キャッツ」に加えて、今日は「コンタクト」の確定キャストフォンもキレイなお声のアナウンスでした。 まるで、出演者と同じ扱いですな... お天気お姉さん と勘違いしてませんか>タマネギさん! 

 「キャッツ」といえば、今日もタガーは阿久津さんでした。

posted by 宇部産タマネギ at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年3月8日(木) 今週のキャストから(3) 再び阿久津タガー 追記あり

  今朝一番で、キャストBoxが更新になりました。

キャッツ(東京公演、キャッツ・シアター)
ラム・タム・タガー 福井晶一 阿久津陽一郎

 今週、福井さんに代わったばかりだったタガーが、今日から阿久津さんに戻りました。さて、何があったのでしょう?今朝の朝いちばんでキャストBoxが変わったということは昨日のうちから決まっていたと思うんですが。 今週は、もうずっと阿久津さんなのか、それとも今日だけ阿久津タガーでまた福井さんに戻るのか、さぁ、どうなんでしょう。

 ちなみに、今日の「キャッツ」の確定キャストフォンは、宇部産タマネギお気に入りの声でした。ソフトな、優しい声です。

 「はだかの王様」 (東京公演、自由劇場)

 今週の公演が今日から始まりましたが、キャストは先週までと同じでした。  

  <3/8(木)夜追記> 「王子とこじき」  (全国公演)

  夜になって、劇団四季公式WebのキャストBoxがちょっと替わりました。「王子とこじき」(全国公演)のハーフォード伯爵の枠に、前田貞一郎さんの名前が加わりました。 今日は移動日で休演なので、おそらく明日の七尾市での公演から交替なんだと思われます。 <追記終わり>  <誤記訂正>1日ずれていました。 3/9(金)が移動日で休演、七尾市での公演は3/10(土)です。<誤記訂正終わり>

posted by 宇部産タマネギ at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年3月7日(水) 今週のキャストから(2)

 今日は、「ブラックコメディ」(名古屋公演)が開幕しました。 キャスト(こちら)は予想どおりでした。

 まず、表だけ先に作っておきます。コメントは後から。 「 キャストは、劇団四季公式WebのキャストBoxに載ってるんだけど、タマネギさんち で見るほうが変わったところだけ抜き出して書いてあるので、分かりやすくて便利 」 と言ってくださるかたがいるので、私も気をよくして続けております。

クレイジー・フォー・ユー(京都公演、京都劇場)
ボビー・チャイルド 田邊真也 荒川 務

 先週は福岡で「夢から醒めた夢」の配達人だった荒川さん。今週からボビーです。 京都公演は、あと4週間と半分くらいで千秋楽です。

ライオンキング(東京公演、四季劇場・春)
ラフィキ 井田智子 鄭 雅美
シンバ 瀧川 響 田中彰孝
男性Ens. 3枠 小原哲夫 武智正光
 同    11枠 張 卓 中村 巌
女性Ens. 11枠 井藤湊香 寺嶋あゆみ

  新シンバの瀧川 響(たきかわ ひびき)さんの出番は、とりあえず先週1週間だけでした。今週は田中彰孝(たなか あきたか)さんに戻りました。  武智正光さんは、3枠と4枠をおやりになります。4枠のあと、2週間お休みして、今度は3枠に登場です。

 

コンタクト(東京公演、四季劇場・秋)
女性アンサンブル
(Part II, Part III)
田村 圭 村井まり子

  2月28日の記事で、「コンタクト」の新メンバーのことを書きましたが、その中の一人、村井まり子さんが入りました。村井まり子さんは、「コンタクト」初出演です。

posted by 宇部産タマネギ at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年3月6日(火) 今週のキャストから(1)

 今週は、今日からまず4公演が始まって、自由劇場の「はだかの王様」以外は明日から始まります。「はだかの王様」が1日遅れで始まるのは、この公演が土曜日だけでなくて日曜日もマチネとソワレを上演するので、1日遅れで始めることで週6公演の週と週7公演の週を交互に配置する基本パターンを守るためではないかなぁ。  

 それから、明日は、「ブラックコメディ」(名古屋公演)の初日です。 出演者は、おそらく先月の福岡公演と同じでしょう。 ということは、昨年6〜7月の東京公演とも同じなんですけど。

キャッツ(東京公演、キャッツ・シアター)
グリザベラ 早水小夜子 奥田久美子
ガス=タイガー
/バストファ
田島了祐 村 俊英
ラム・タム・タガー 阿久津陽一郎 福井晶一
ランパスキャット 三宅克典 張 沂

 特にコメントございません。 

オペラ座の怪人(東京公演、電通四季劇場・海)
メグ・ジリー 荒井香織
今在家祐子
西田ゆりあ
女性Ens.1枠 小野さや香 華山ソナ

 千秋楽まで、今週を含めてあと2週と半分です。先週、今在家祐子さんの新メグが登場したのですが、今週は、その枠に西田ゆりあ さんが入りました。 ずっと東京公演をやってきた荒井さんですから、今週はお休みしても、ラストは荒井さんにメグで出演させてあげたいなぁ。 

 今月号の「ラ・アルプ」にお写真が載ってた西田ゆりあさん。「今週、なんで自分がメグなんかわからへん」。  佐和マダムは、登場しないのでしょうか。手はじめに、明日辺り出てきそうな気がしますけど。

夢から醒めた夢(福岡公演、福岡シティ劇場)
夢の配達人 荒川 務 下村尊則

 本文には書かなかったのですが、数日前の記事のコメントのほうに、「来週、さっそく荒川さんが抜けると思うんですが」 と書いたら、当たってしまいました。 最近の宇部産タマネギの予想は外れるほうが多いので、本文に書く勇気がありませんでした。 

 荒川さんは開幕の週だけ配達人をやって京都へ。明日から「クレイジー・フォー・ユー」でボビーです。 役どころの広いかたで、今上演している8本のうちの4本で役をお持ちで、その忙しさを見てると沢木 順さんを思い出します。京都で異次元ポリーを飼いならしてくれるでしょうか。 

「王子とこじき」 (全国公演、今日は富山県入善町)

 キャスト異動はありませんでした。

posted by 宇部産タマネギ at 20:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年3月3日(土) 今週のキャスト(4) 

 今日は「はだかの王様」(東京公演)が開幕しました。場所は自由劇場。 キャストは、タマネギが作っているキャスト表(こちら)をご覧ください。

 王様は味方隆司さん。配達人でなくてこちらでしたか...想像すると寒そうです(笑)。普通、王様っておいしいもの食べてもっとメタボリックだと思いますけど。

 そして、パジャママに大橋伸予(おおはしのぶよ)さん。劇団四季のファミリーミュジカルには初めて登場です。「オンディーヌ」と「エクウス(馬)」で出番がありますが、この「はだかの王様」は短期だから、日程的に大丈夫なんでしょう。 

 そのほか、立岡さん、神保さん、江上さんの超ベテランに加えて、玉城 任さんに川口雄二さん、丹下博喜さん、石塚智子さん、赤瀬さん、品川さんといった他の演目で実績のある中堅どころを贅沢に集めて、それでいて木村仁美さん、倉斗絢子(くらかずあやこ)さん、小川美緒さんのようにまだ若葉マークのうちだけどブレイクしてほしい若手を役につけて、それでいて今回四季で初舞台を踏む本当の新人もどっさり入れてチャンスを与える、と、まあそんな構成になってます。女性アンサンブルの10人のうち、
小澤真琴(おざわまこと)さん、
志村 円(しむらまどか)さん、
梅崎友里絵(うめさきゆりえ)さん、
細見佳代(ほそみかよ)さん、
木野紗綾香(きのさやか)さん、
灰田明日佳(はいだあすか)さん、
山本奈未(やまもとなみ)さん

 の7人は、私がお名前を見る限り、今回が初舞台の新人さんです。

 倉斗絢子(くらかずあやこ)さんは、初舞台から2年目ですが、これまでに「人間になりたがったネコ」、「ジョン万次郎の夢」、「王子とこじき」と出演してきて、今作品が出演4作品目。全部ファミリーミュージカル。初めて全国公演でない常設劇場に出演です。2年目で4作品も出させてもらえる、というのは忙しいとも言えますが、すごく鍛えられてると思います。衣装大臣チェックは、目だってわかりやすい役ですから、お客さんに名前と顔を覚えてもらえるいいチャンスかも。

 この「はだかの王様」、平日の休演日が多いんですが、その反面、土曜日日曜日がどちらもマチ・ソワです。 出演者にはちょっとシンドイかもしれません。遠征するお客にとってはお得です。

 

オペラ座の怪人(東京公演、電通四季劇場・海)
メグ・ジリー 今週は  荒井香織 (火、水、金、土夜) 
 今在家祐子(木、土昼)


 千秋楽まで、今週を含めてラスト4週の「オペラ座の怪人」。新メグの今在家祐子(いまざいけゆうこ)さんが木曜日にデビューしたあと、今週は荒井香織さんと交代で務めています。 この順序だと明日の日曜は今在家さんの順番なんですが、どうなるでしょう。 いずれにせよ、来週は今在家さんのシングルで、でも千秋楽の頃は海劇場でずっとメグをやってきた荒井さんにやらせてあげたいです。


 

王子とこじき(全国公演、今日は茨城県土浦市)
男性Ens.8枠 渡邊今人 鈴木 聡
女性Ens.1枠 山崎華奈 本橋陵江
  同 2枠 ヤマグチユミ 山崎華奈
  同 6枠 岸本美香 ヤマグチユミ


 どうもキャストがコロコロ変わる「王子とこじき」です。今週になって6枠に戻ってきたばかりの岸本美香さんがまた抜けて、代わりに本橋陵江(もとはしたかえ)さんが入ってきました。 本橋さんは、去年の秋の全国公演「異国の丘」でデビュー、初日から年末の千秋楽までちゃんと務めて、この「王子とこじき」が出演2作目です。

 

コンタクト(東京公演、四季劇場[秋]
ウェイター長 吉元和彦
(土曜マチネまで)
松島勇気
(土曜ソワレ)


 水曜日の晩に、劇団四季公式Webで見た新しいキャスト情報のことをこのブログに書いたら、松島勇気さんがさっそく登場でした。

 

キャッツ(東京公演、キャッツ・シアター)
オールドデュトロノミー 種井静夫
(金曜まで)
石井健三
(土曜から)

 きょうの土曜日から、デュト様が代わっています。 イレギュラーな感じの奇妙なキャスト交代がなくて、いい感じだと思います。

posted by 宇部産タマネギ at 00:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年3月1日(木) 今週のキャストから(3) 3カズノリ4ノリ

 今日は、「夢から醒めた夢」福岡公演の初日でした。 キャストは、宇部産タマネギのキャスト表のほうをご覧ください。 準主役級をちょっと面白くしてみたのかな?という感じです。 野中デビル、そして吉原ヤクザ。 配達人は、日曜日に1公演だけボビーだった荒川 務さんでした。 千秋楽までいてくださいましね。

 その割に、アンサンブルは、年末までやっていた「夢から醒めた夢」名古屋公演 とほとんど同じで変わり映えがしません。 2枠に前田員範(まえだかずのり)さん が入っています。 名古屋公演では、上川一哉さんが入っていた枠ですが上川さんはついこの間まで 「エビータ」(名古屋公演)に入っていたので、夢醒めに回る余裕がなかったのでしょう。

 女性アンサンブル10枠、赤の小人さんの枠ですが、佐伯真由子さんが初めて「夢から醒めた夢」に登場です。佐伯さん自身は、「美女と野獣」(福岡公演)に長く出てらしたので、福岡にはお馴染みと思います。

 劇団四季公式Webの「キャスト・スタッフ」のほうを見ると、 すごく数が多いですね。 福岡公演に続く全国公演まで考えて揃えているんだろうな、と思います。

 野中万寿夫さんは、今回、ヤクザにはお名前がなくって、代わりに荒木 勝さんが入っていますね。 デビルには、川原洋一郎さんのお名前がありません。 

 男性アンサンブルは総勢こんな顔ぶれでしょうけど、女性アンサンブルの数の多さはなんですか? かとうゆみこ さんから林 初実さんまでの6人は新人さんだと思います。 で、村岡萌絵さんが一番最後に名前があるって、これってどういう並べ方してるんだろう? いろいろ訳があるんでしょうかね。

 そうそう、表題の 3ガズノリ4ノリ は、男性アンサンブルの1番から4番までの名前を読み上げてみてください。劇団四季に、カズノリさんがこんなに沢山いたんだ... よく揃いましたねぇ(笑) 以前、大阪MMで、女性アンサンブルに村上さんが4人揃ったことがありましたけど... どうでもいい話です。 

オペラ座の怪人(東京公演、電通四季劇場・海)
メグ・ジリー 荒井香織(昨日まで) 今在家祐子(3月1日)

 それから、「オペラ座の怪人」では、今在家祐子さんのメグ・ジリーがやはり今日デビューでした。


王子とこじき(全国公演)
セント・ジョン 青羽 剛 田辺 容
女性Ens.1枠 石栗絵理 山崎華奈
  同 2枠 松葉梨香 ヤマグチ・ユミ
  同 6枠 長島 祥 岸本美香

 「王子とこじき」の全国公演も、今月が最後になりました。 3月31日(土)、青森公演が千秋楽です。 

<追記3/2> それから、今週の公演は一般には3月1日からとなっているのですが、2月28日(水)に一般向けでない公演が、小田原市で行われたようです(その記事はこちら)。 この日は、セント・ジョンが青羽 剛さんだったはずです。 翌日の3月1日から田辺さんに代わったということです。<追記終わり>

 さて、次は「はだかの王様」 (自由劇場) が 3月3日(土曜日)に開幕します。 一昨年(2005年)の夏にも上演した演目なので、キャストのほとんどは変わらない? さにあらず、と思います。 

 王様は 岡本隆生さん で見たいですが、パジャママは「ブラックコメディ」(名古屋公演)がすぐ控えているので、はにべあゆみさんは出ないはず。菅本烈子さんくらいでしょうか。  それに間違いなく前回と変わるのは ペテン師のスリッパとスリップです。 前回は、栗原英雄さんと井田安寿さんでした。 井田安寿さんの前には、秋本みな子さんでした。 栗原さんも 「ブラックコメディ」に行くはず。井田さんと秋本さんはもういませんから、これまでとは違う人がでるはずです。 さて、タマネギさんは忙しくなるんでしょうか? 

 

posted by 宇部産タマネギ at 00:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年2月28日(水) 今週のキャストから(2)&コンタクト新メンバー

  今週のキャスト異動と、それから今日は「コンタクト」の新メンバーのことを書きます。

ライオンキング(東京公演、四季劇場・春)
ラフィキ 鄭 雅美 井田智子
ティモン 中嶋 徹 羽根渕章洋
シンバ 田中彰孝 瀧川 響
ナラ 上田亜希子 織田美蕾
男性Ens.2枠 賀山裕介 吉賀陶馬ワイス
 同 6枠 岩城雄太 川原信弘
 同 9枠 中村茂昭 森 健太郎
 同 10枠 金田暢彦 郭 凌
女性Ens.1枠
 (サラビ)
井田智子 武 木綿子
 同 3枠 合田友紀 遠藤珠生
 同 4枠 三廻部結衣 あべゆき
 同 7枠 加藤聖恵 黒田あきつ

 ずいぶん異動が多いです。先週までサラビだった井田智子さん が、今週から鄭 雅美(ちょん あみ)さん に代わってラフィキに。鄭 雅美さんは、この半年くらい休みなしでずっとラフィキでした。お疲れさまでした。ソウル公演に赴かれたのでしょうか。 お疲れさまといえば、田中彰孝(たなかあきたか)さんのシンバもです。鄭さんのラフィキと同じ去年の8月から、田中さんのシンバもずっとお休みなしでシンバでした。新シンバの瀧川 響(たきがわ ひびき)さん について、タマネギが考えたことは月曜日の記事に書きましたのでご覧ください。 武 木綿子(たけ ゆうこ)さん のサラビは1年半ぶりのとっても久々の登場です。

<追記 3/2> 瀧川 響さんは、やはり 李 響さんと同一人物でした。月曜日の記事のコメントをご覧ください。<追記終わり>

 上田亜希子さんのナラは、1週間だけで終わって、今週からまた織田美蕾(おだみほ)さん です。 女性7枠だった加藤聖恵(かとうまさえ)さん は、今週から京都に移って「クレイジー・フォー・ユー」のパトリシアになっています。

 それから、このブログでは、Yシンバ、Yナラのことは表にして書かないのですが、確定キャストフォンによると、今日出演したYシンバは高畑 翼くん、Yナラは林 愛夏(はやし まなつ)さんでした。あれ、何か変です。今週のキャスト予告と違います。今日は、萩原悠太くんと竹田理央さんのはずだったのですが、実際は、ともに明日のはずだったお2人が出演だったようです。 どうなってるのかなぁ。 今日劇場に行った方、教えてくださ〜い。


  

オペラ座の怪人(東京公演、電通四季劇場・海)
男性Ens.4枠 鈴木 周 川地啓友
  同 5枠 見付ゆういち 佐藤圭一
  同 6枠 塚本伸彦 佐藤季敦
  同 7枠 佐藤圭一 見付ゆういち

 昨日から始まった「オペラ座の怪人」、今日は今週の2日目なのですが、男性アンサンブルがちょこちょこ動きました。 5枠と7枠はスワップ。お忙しい川地啓友さん が、ムッシュー・ルフェーブルに帰ってきました。 佐藤季敦(さとうひでのぶ)さん は、これまで8枠でしたが、今回初めての6枠です。


 それから、今日の夕方に「キャストボックス」を見たら、メグ・ジリーに今在家祐子(いまざいけ ゆうこ)さん のお名前が入っていました。今日のメグは荒井香織さんが出演しましたから、ひょっとして明日が今在家メグのデビューでしょうか。 これについては、2月23日(金)の記事もご覧ください。


 「コンタクト」 (東京公演、四季劇場・秋)

 今週は、今日から始まりましたが、先週と比べてキャスト異動はありませんでした。正し、劇団四季公式Webの「キャスト・スタッフ」のページに、追加でお名前が載った俳優さんを見つけました。

  新しく加わった方は、 次のとおりです。

ウェイター長 松島勇気
女性アンサンブル
 (PART 2,PART 3 )
村井まり子
杏奈
上述 綾


 松島勇気さんは、先週まで「キャッツ」のミストフェリーズでした。「コンタクト」は、千秋楽までまだ1ケ月ありますが、ひょっとして吉元さんのお仕事の都合が関係しているのかも知れません。ウェイター長には松浦さんもいらっしゃることですが、大事を取って、ということかも。 一方の女性アンサンブル、この顔ぶれは「アイーダ」を思い出してしまいます。 

 

posted by 宇部産タマネギ at 22:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年2月27日(火) 今週のキャストから(1)

 今日は、3本始まりました。

 

クレイジー・フォー・ユー(京都公演、京都劇場)
ボビー・
 チャイルド
田邊真也
荒川 務(25日のみ)
田邊真也
パトリシア 西内いず美 加藤聖恵
サム 道口瑞之 岩城雄太
ビリー 関 与志雄 石野喜一
ワイアット 武藤 寛 関 与志雄


 どういうわけか、先週の日曜日だけ出演した荒川さんのボビー。でも、今週はまた田邊真也さんのボビーです。つまり、1日だけのスポット出演だったわけです。 どうも25日(日曜日)は、関西のTV局のカメラが入っていたそうなので、要するにその撮影のために荒川さんが出たみたいです。

 「ライオンキング」(東京公演)の男性6枠から、岩城雄太さんがサムに帰ってきて、代わりに道口瑞之(どうぐちみつゆき)さんが消えました。どこへ行ったんでしょうか。今頃消えて、メソじゃないでしょう。 おっと、因果関係は逆かも知れませんね。道口クンが、ユタ抜けしたので岩城さんが帰ってきたのかも。 それから、ビリーに石野さんが帰ってきて、関さんがワイアットに戻りました。

キャッツ(東京公演、キャッツ・シアター)
ディミータ 増本 藍 遠藤瑠美子
ボンバルディーナ 遠藤瑠美子 南 千繪
ミストフェリーズ 松島勇気 杜 彦昊


 遠藤瑠美子さんのディミータ2回目です。

 

オペラ座の怪人(東京公演、電通四季劇場・海)
クリスティーヌ 沼尾みゆき  西 珠美
ラウル子爵 北澤裕輔 鈴木涼太
カルロッタ 諸 英希 種子島美樹
ピアンジ 石井健三 半場俊一郎
男性Ens.1枠 九條マーティン 小泉正紀
女性Ens.2枠 西山愛由美 長谷川美和



  千秋楽まで、ラスト4週間になりました。

 先週変わったばかりだったクリスティーヌとラウルが、また今週も替わりました。しかも、ラウルは1週間だけ北澤さんだったのに、今週からまた鈴木涼太さんに戻ったわけです。 ま、楽を前にして、いろいろな組み合わせで楽しめると思えばいいのでしょうが。

 はい、ここでまた得意の蛇足。 今日の「オペラ座の怪人」の確定キャストフォンは、宇部産タマネギお気に入りの声によるアナウンスでした。 俳優さんの名前を読み上げるとき、役付きの人はまず役名、次に俳優名、の順に読まれるのですが、アンサンブルになると俳優名だけを枠の順番に連続して読み上げるようになります。そのときでも、声のトーンが下がらないので聞きやすいんです。

 

  最後にオマケです。 当面のイベントを日付順に並べてみます。

  3月1日(木)  「夢から醒めた夢」 福岡公演 開幕
  3月3日(土)  「はだかの王様」  東京公演 開幕
  3月7日(水)  「ブラックコメディ」 名古屋公演 開幕

   開幕が続いてなんとなくいい感じがするのはここまでです。

  3月21日(水、祝) 「オペラ座の怪人」 東京公演 千秋楽
     同       「ブラックコメディ」 名古屋公演 もう千秋楽
  3月22日(木)  「はだかの王様」 東京公演 もう千秋楽
  3月31日(土)  「コンタクト」 東京公演 千秋楽
     同       「夢から醒めた夢」 福岡公演 もう千秋楽
     同       「王子とこじき」 全国公演 千秋楽

  6本も千秋楽が続くと、なんだか気分が盛り下がってきます。日々のキャスト表作りは簡単になっていいですが。

posted by 宇部産タマネギ at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年2月26日(月) 新シンバ?

 今週分のキャスト発表、なんか引っ掛かることばっかりでした。

 でも、このブログは、実際に起こったキャスト異動をメインにして記事を書くことに自分で決めているので、キャスト発表だけの段階では書かないのです。その点、要領よくまとめて下さっているのが、AVEさんの @Waterloo なので ぜひそちらをご覧下さい。

 でもでも、今週のシンバ、瀧川 響さん てどんなかた? このお名前では初登場です。このお名前では、です。

 では、ここでタマネギ的考察を。というか、想像です。

 今日になって劇団四季公式Webの「ライオンキング」の「キャスト・スタッフ」のページを見ますと、シンバの欄には、確かに瀧川 響さん のお名前があります。海宝一輝さんの次の位置ですね。でも、この位置、ついこの間まで 李 響(り しゃん)さん のお名前があったところです。 あれ、苗字は違いますけど、下の名前は同じですね? ということは?  私がそう考えているだけでして、何かの情報があって書いてるわけじゃありません。

posted by 宇部産タマネギ at 21:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年2月25日(日) 今週のキャストから(6)

 ようやく、「クレイジー・フォー・ユー」(京都公演)のキャスト異動がありました。

クレイジー・フォー・ユー(京都公演、京都劇場)
ボビー・チャイルド 田邊真也  荒川 務
ベラ・ザングラー 吉谷昭雄 渋谷智也


 劇団四季公式Webの「キャストボックス」は、これまで週内でキャストの変更があるときは、その直前に「キャストボックス」の内容が更新されていて、今回のように水曜に更新があったのに実際に交替するのは日曜日なんてのはかなり珍しい、ひょっとしたら初めて?でした。 

「エビータ」(名古屋公演)

 キャスト異動は、昨日の記事に書いたとおり、昨日のソワレからマガルディに佐野正幸さんが入ったのが最後でした。今日の日曜日、千秋楽となりました。  「エビータ」は次にどこへ行くんでしょう。今のところアナウンスはありませんが、無理やりやるとしたら、最近名古屋と演目がダブってしまうことが多い京都か、全国公演か。でも、全国公演でお客さんが入るとは、あまり思えませんねぇ。 それよりも、智恵ドナが出るんなら、別のエビータを養成しないと再演は難しいですね。

「王子とこじき」(全国公演) 今日は千葉県成田市公演

 キャスト異動はないのですが、今日も、アナウンスの声に聞きほれました(笑)。といっても、キャスト異動がないので、昨日と同じ録音を使っているのですけど。

 

  

 

posted by 宇部産タマネギ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |