2007年9月20日(木) 今週のキャストから(2)

 情報をお寄せいただいて、分かっている異動だけ拾ってみます。

ウェストサイド物語 (東京公演、四季劇場・[秋])
トニー 阿久津陽一郎 (先週) 鈴木涼太(19日) 阿久津陽一郎(20日)

 ちょっとビックリです。 (ん? これはどういうことだ?)と思っちゃいますね。 昨日、鈴木涼太さんのトニーがデビューしたのですが、今日は阿久津さんに戻りました。明日を見ないと、うかつなことは書けないな..と思います。

キャッツ (東京公演、キャッツ・シアター)
マンカストラップ 西門宇翔 青山祐士
ラム・タム・タガー 金森 勝 田邊真也

 今週は、青山さんのマンカスが復活。タガーは、田邊さんに。金森さんは、ジーザス抜けかな、と思いますがわかりません。 ジーザス抜けだと思うと、先週まで「ライオンキング」に出てたシンバの田中彰孝(たなかあきたか)さん、スカーの下村尊則(しもむらたかのり)さんは今週も出演してるのかな? と気になります。今夜のLKをご覧になったかた、キャスト情報をお待ちしております(ペコリ)。

オペラ座の怪人 (大阪公演、大阪四季劇場)
オペラ座の怪人 村 俊英 高井 治

 「キャッツ」のところに書いたコメントと関連しますが、村さんはJCS抜けのピラトだと思えばつじつまが合うかな? 半場俊一郎さんのピアンジは続投なのはOKですね、半場さんのヘロデ王は、東京公演ではエルサレム版バージョンのほうでしたから。  

 福岡では明戸ハリーも抜けているんでしょうか。抜けたとしたら、代わりのハリーは飯野おさみさんくらいしかいなさそうですけど、どうなんでしょう。味方隆司さんは、何しろ「この生命誰のもの」の主役ですから、動けるはずがありません。 今日の「マンマ・ミーア!」をご覧になったかた、キャスト情報をお待ちしております(ペコリペコリ)。

 ところで、キャスト表へリンクしているQRコードのことですが、「この生命誰のもの」のQRコードを追加して作りました。 ここ からどうぞ。

posted by 宇部産タマネギ at 23:28 | Comment(11) | 劇団四季 |

2007年9月19日(水) 今週のキャストから(1)

今週は、まず今日から、「ウェストサイド物語」と「ウィキッド」が始まりました。

ウェストサイド物語 (東京公演、四季劇場・[秋])
トニー 阿久津陽一郎 鈴木涼太
ソプラノソロ 久居史子 久保田彩佳

 加藤敬二さんのベルナルドと、大塚道人さんのA−ラブは続投ということですね。 それから、トニーが代わりましたので、マリアの方も木村花代さんに代わるのは時間の問題?さっそく明日から登場だったりして。 木村さんにダメが出るとはちょっと考えにくいんで。

「ウィキッド」 (東京公演、電通四季劇場・海)

 先週とキャスト異動ありません。

 それから、今日は「ふたりのロッテ」神戸公演(新神戸オリエンタル劇場)の最終日でした。 キャストは多分変わっていないと思うんですが、情報提供をお待ちしております。

posted by 宇部産タマネギ at 23:00 | Comment(13) | 劇団四季 |

2007年9月17日(月) 「ふたりのロッテ」神戸公演

 今日は、最近のタマネギさんオススメの(?)「ふたりのロッテ」を観てきました。しかも。奮発してマチソワにしてみました。

 新神戸オリエンタル劇場、初めて中に入りました。 小規模ですけど、舞台と客席がとても近くて、こういう劇場は四角四角してる自由劇場より好きです。 キャストは、キャスト表をご覧ください。 神戸公演の期間中は、今のところキャスト変更なしです。

 

 今日も、可絵ちゃんルイーゼは絶好調。 多分、ルイーゼは五十嵐さんにとって、ソフィよりもはまり役になるでしょう。 ダンスも、表情も、歌も声もとってもいいです。 片や、梨絵ちゃんロッテはおしとやかで控えめなロッテの役作りに徹していますが、吉沢さんのロッテと組んでいるからこそ可絵ちゃんルイーゼがこれだけ輝けると思います。

 武 木綿子(たけゆうこ)さんは、前回見たときはイレーネでしたが、今日はママ役でした。ママ役でもやっぱり、武 木綿子さんは紀香ふうに見えました。

 脇が渋いのが、今回のこの演目を良くしている大事な点だと思います。 川地啓友(かわちけいすけ)さん、とても役どころの広い方で、LKのスカー、夢醒めの部長、オペラ座のムッシュー・ルフェーブル、ロッテでも派手じゃないけど、写真屋のおじいさんなど、いい味だしてます。 いつも書きますが、大橋伸予さんのレージもそうです。

 初めてお目にかかった、奥田久美子さんの校長先生。 ちっとも違和感ありませんでした。 低いほうも高いほうもよく声が出ますから、校長先生らしい存在感バッチリです。 「♪勇気をもって〜」が今日ははっきり聞こえました。

 

 公演プログラムを買いました。 神戸公演、京都公演、それに続く全国公演用になっています。 中身は東京公演のものとほとんど同じですけど、東京公演のプログラムでは稽古場写真だけだったところが、舞台写真に入れ替わっています。 だから、服部幸子さん(劇団昴)の校長先生がしっかり載っています。でも、東京公演では出演しなかった、栗原パルフィー氏とか、奥田久美子さんの校長先生とか、川地圭友さん(かわちけいすけ)さんではない、ナゾのアイペルダウワーとかも写ってますので、プレビューとかで撮った写真も入ってるんでしょうか。 残念ながら、タマネギが怖いけど好きな、イレーネの化身が沢山現れるピコの、じゃない、ロッテの悪夢の場面は東京公演版にはあったのですが、神戸版にはありません。

 注) 「化身」というのは、イレーネと同じワインレッドのドレスで白仮面をつけてる、あの偽イレーネたちのことです。あれを何と呼ぶのが正しいのか知りませんが、私の中では、ああいうのは「化身」でキマリです。 ばけみ と読まないでくださいね(笑)。

 ちょっと残念だったこと。 3連休だから仕方ないことだとは思うんですが。  ロッテとルイーゼがそれぞれ受話器を差し出して、「出てくださいっ!」って頼むところがありますよね。あれ、この物語のなかで山場なわけです。あそこで、どちらか1方でも意地を張り通したら、9月14日に間に合わないわけですから。大人は、息を止めて次の展開を見守りますよ。

 でも、今日の公演では、マチネもソワレも、あの場面で子供たちが笑ってしまうんです。 (おぃおぃ、そこは笑うとこちゃうやろ〜)。 子供といっても、笑い声からすると、小学校低学年か就学前の子供のようです。中学生なら、意味がわかって見てると思うので笑わないでしょう。でも、小さい子供にとっては、もうテレビ番組を見てるのと同じなんです、きっと。 2人が同じセリフを同じ仕草で言う、それが面白い、だから笑う。  ちょっと悲しかったです。作り手、演じ手が伝えたいことが、小さい子供たちには伝わらない。難しくて伝わらないのはまだ分かるけど、そこで笑われてしまうと悲しいです。   子供たちが演劇を見る機会を創ることも別の次元で大事なことですから、そう思って悲しいのは割り切ることにします。

 気を取り直して、元気が出ることを書きますと、今回、神戸公演からクリスチーネ役でデビューした白澤友理(しらさわゆり)さん。 ウィーン組の中ではいちばん目を引きました。 え、みんな同じ顔に見える? 見分け方をお教えしましょう。 お勉強の時間に、風船の問題を答えるのがクリスチーネです。それから、服を取り替えたロッテとルイーゼを見分けるために、わざとロッテを蹴っ飛ばすオテンバ娘がクリスチーネです。 ちなみに、ミュンヘン組では、やはりメグの是澤麻伊子さんが、タマネギ的にぴかイチです。  そうそう、白澤友理さんは公演プログラムの写真と実物がだいぶ違ってて、写真はかなり損をしてるので、舞台を見てあげてください。

 それから、子供の家が終わって戻って来た子供たちを迎えに母親たちがそれぞれ出てくる場面、あれは、ミュンヘン組とウィーン組の子供たちがやってるんだと決め付けていました。でも、違うんです、今日は気がついてしまいました。 トルーデ(だと思います)の母親を、荒木美保さんがやってるんです(だからどうした笑)。 引っ込んですぐイレーネに着替えなきゃいけませんから大忙しだろうな、と。 子供との身長差を考えてそうしてるんでしょうか。 どうでもいいことですけど。 あまり、熱っぽく書くと、「あら、タマネギさん、心変わりしたんですか? 秋ですもんね〜」 などと大阪方面からツッコミが入りそうなので、このくらいにします。(ね、nさん、kさん!)

  

 

posted by 宇部産タマネギ at 02:02 | Comment(9) | 劇団四季 |

2007年9月15日(土) 今週のキャストから(3)

ウェストサイド物語(東京公演、四季劇場・[秋])
エニィボディズ 石倉康子 (〜土曜昼) 礒津ひろみ (土曜夜)

初日からちょうど1週間、「ウェストサイド物語」で初めての異動です。 土曜日の夜公演でキャストチェンジがあるとは思っていませんでした。月曜までキャスト異動はないものとばかり...

先週と今週は、キャスト異動という点では比較的平穏でした。それより、「キャストボックス」終了云々のほうが大騒ぎでした。 来週あたりから、そろそろ動くんじゃないかなと、そんな気がします。

 

posted by 宇部産タマネギ at 20:01 | Comment(30) | 劇団四季 |

2007年9月13日(木) 今週のキャストから(2)

ユタと不思議な仲間たち (全国公演、今日は静岡県掛川市)
ペドロ 菊地 正 田代隆秀
モンゼ 大徳朋子 岸本美香

  モンゼは、全国公演の初日からずっと大徳朋子さんでしたが、今週から岸本美香さんに代わりました。

  今週のユタの公演は、「ラ・アルプ」によれば、今夜の掛川市と、土曜日・日曜日の静岡市の計3公演です。 静岡市の公演は、土曜と日曜で会場が違いますから、遠征されるかたはご注意を。 本当は、3公演だけじゃなくて 「ラ・アルプ」には載っていない小学生ご招待公演もいっぱいあるんでしょうね。

「夢から醒めた夢」 (全国公演、宮城県民会館)

 5月中旬から始まったこのツアーも、いよいよ今週がラストの週です。 キャストは、先週の広島公演と同じです。

「ライオンキング」 (東京公演、四季劇場・[春])

 キャストは先週と同じです。

 <9月14日追記>  先週と比べて木曜日以降は次のように変わっているようです。 ただし、今週の最初の公演だった12日(水曜)はどうだったかは分かりません。どなたか観劇されていたら、キャスト教えてください。

ライオンキング(東京公演、四季劇場・[春])
男性Ens.6枠 横山大介 松元 朋
   同 8枠 奈良坂 紀 田井 啓
女性Ens.3枠 森崎みずき 合田友紀

 田井 啓(たい はじめ)さんは、「キャッツ」のマンゴジェリーではなくてこちらにいらっしゃるのですね。 <追記終わり>

 <追記9/15朝>

「アイーダ」 (名古屋公演、新・名古屋ミュージカル劇場)

 キャストは先週と変わらないそうです。アイーダは、今井さん続投です。

 <追記終わり>  

posted by 宇部産タマネギ at 23:54 | Comment(16) | 劇団四季 |

2007年9月12日(水) 今週のキャストから(1)

   「今週のキャストから」ってタイトルで記事を書くのはとっても久しぶりな気がします。 なにせ、先週はそれどころじゃなかったですもんね。でも、先週1週間試行錯誤した甲斐あって、みなさんから毎日のキャスト情報を寄せてもらって「B面」と呼べる程度にはキャスト表が作れそうだという感触です。 

キャッツ(東京公演、キャッツ・シアター)
グリザベラ 重水由紀 織笠里佳子(日曜のみ) 重水由紀
ジェリーロ  =グリドル 遠山さやか 秋 夢子
シラバブ 南めぐみ 紺野美咲

 織笠さんのグリザは、どうだったんでしょう? 今週は、重水さんと織笠さんが交代で出演でしょうか。 

 王 クンさんのジェミマは、まだ続いていますね。このままだと10月第1週の4連休まで休みなし? 今週のナラはやはり先週に引き続いて熊本亜記さんなので、代わりのジェミマもいなさそうです。

「エビータ」 (京都公演、京都劇場)

 本日、京都公演の最終日でした。 今週は昨日から公演が始まりましたが、キャストは先週までと同じだそうです。

 エビータ・カンパニーの皆さんは、ちょっとお休みがあるのかな?23日(日)から全国公演です。全国公演はいつもの相模大野からです。

「ウェストサイド物語」 (東京公演、四季劇場・[秋])

 2週目に入りました。 こちらもキャストは、先週までと同じだそうです。

「ウィキッド」 (東京公演、電通四季劇場・海)

 オズは栗原さんが引き続き出演です。

「マンマ・ミーア!」 (福岡公演、福岡シティ劇場)

 千秋楽まで、今週も含めてあと3週間です。 こちらもキャストは、先週までと同じだそうです。

 野中万寿夫さんは、月曜日の福岡LKリターンの製作発表に出て、その後どうやら仙台に行っちゃったみたいですね。 サムは、荒川さんが続投です。 

「ふたりのロッテ」 (神戸公演、新神戸オリエンタル劇場)

 今日から、神戸での公演です。劇団四季が、新神戸オリエンタル劇場を使うのはひょっとして初めて? 新幹線の「のぞみ」が新神戸駅に停まりますから、遠征には便利ですよ〜。 

 キャストは、東京公演とは結構変えてきました。 坂本里咲さんと、劇団昴の服部幸子さんが降りたわけです。 タマネギ的には、またイレーネを見に行くかも。武 木綿子(たけ ゆうこ)さんのイレーネを自由劇場で見ましたが、藤原紀香ふうにまとめてて意外によかったです。  残念ながら、ロッテとルイーゼの誕生日である9月14日は休演日です。 

posted by 宇部産タマネギ at 00:20 | Comment(12) | 劇団四季 |

2007年9月10日(月) 朝のご報告っ!

 突然降ってきた大騒ぎから1週間、なんとなく手持ちブサタな月曜の朝です。

なんだかあっという間の1週間でした。キャスト表作りをいったんは諦めたものの、皆さんから劇場へ行った時のキャスト情報を教えてもらうことでなんとか続けられるのではと思うようになり、結局、キャスト表 B面 計画がスタートしてしまいました。

 で、実際のところ、先週1週間に行われた11演目のうち、できたキャスト表は10演目。全国公演の「ユタと不思議な仲間たち」がないだけです。少なくとも、見た目にはちゃんとキャスト表になってます。 (まさに、B面!)  情報提供してくださった方々、本当にありがとうございます。 リンクを作ってありますので、どうぞご利用ください。

「ライオンキング」 東京公演

「ウェストサイド物語」 東京公演

「ふたりのロッテ」 東京公演

「ウィキッド」 東京公演

「キャッツ」 東京公演

「アイーダ」 名古屋公演

「オペラ座の怪人」 大阪公演

「エビータ」 京都公演

「マンマ・ミーア!」 福岡公演

「夢から醒めた夢」 全国公演

 中には、「今週は観劇予定がないけど、次に見に行く時は自分もキャスト情報を送るのでキャスト表つくりよろしくお願いします」 と応援してくださったかたもいまして、とても心強く思っています。 ありがとうございます。

<追記(9月10日昼前)> キャスト表の日付けの欄を見てください。その欄に書いてない日は、キャスト情報がないので「歯抜け」になってます。もし、その日に観劇なさっていた場合は、ぜひぜひ情報提供をお願いします。全国公演のユタをご覧になった方も、ぜひ。詳しくはこちらを。<追記終わり>

<追記(9月10日夜)> 夜になって、皆さんから先週のキャスト表の歯抜けを埋める情報が届いています。「ユタと不思議な仲間たち」も情報が来まして、とうとう先週の11演目はキャスト表が全部揃いました。 「マンマ・ミーア!」については、水曜から日曜までの6公演分が全部揃ってしまいました。 ご協力、ありがとうございます。

ユタのキャスト表はこちらです。  「ユタと不思議な仲間たち」 全国公演    <追記終わり>

じゃ、本文を続けます。

 で、作ったキャスト表を見て初登場の「気ついたこと」を上げますと、

金曜日 夜公演で、「ウィキッド」に栗原英雄さんのオズが初登場 日曜日 昼公演で、「キャッツ」に織笠里佳子さんのグリザベラが初登場

 栗原オズは、土日にも出演されたんでしょうか? 

 それから、その他に「気づいたこと」というと、

「ふたりのロッテ」  東京公演(自由劇場)は、昨日が千秋楽でしたが、中2日おいて12日(水曜日)から神戸公演が始まります。でも、9月14日は休演日です(笑)。

「エビータ」  京都公演が12日(水曜日)に千秋楽となります。 京都劇場での次の演目は、神戸公演を終えたばかりの「ふたりのロッテ」で9月22日から。

自由劇場   昨日までで「ふたりのロッテ」が終わって、次の演目は16日(日曜日)から「この生命誰のもの」。早田は、どなたがお演りになるか興味があります。済みません、演目主義じゃなくて。

「夢から醒めた夢」  広島公演を終えて、今週はいよいよラストの仙台公演です。千秋楽は、17日(月、祝)。5月中旬から丸々4ケ月、完投の俳優さんが多いです、俳優さん、裏方さん、お疲れさまです。最後までどうかいい舞台を。

posted by 宇部産タマネギ at 11:05 | Comment(30) | 劇団四季 |

2007年9月8日(土) ウェストサイド物語 初日

今日は「ウェストサイド物語」の初日を観てきました。キャストは、タマネギのキャスト表(B面)のこちらに作ってありますので、どうぞご覧になってください。

 内容は重いですけど、ダンス系の演目が好きな私にはとっても楽しめる演目でした。 全体で3時間、1幕が1時間45分くらいかな。LKと同じくらいですね。終演もLKとWSSが重なるので、ロビーは結構ごったかえしてました。

初見の笠松はるさん、いきなりマリアで登場。今までは、「ユタと不思議な仲間たち」の小夜子だけだったのでお目に掛かったことがありませんでした。びっくりしました〜、透明感のあるよく伸びる声。まるでマリアをやるために劇団に入ったよう。いえいえ、逆かも知れません、この人が入ったから、「ウェストサイド物語」ができると劇団関係者が思って、今回演目に取り入れたんでは?と感じるほどです。 もう一人のマリアは木村花代さんのようですが、花代マリアを押さえて初日に起用されるくらいだから、四季も笠松マリアに自信をもっているんでしょう。 花代マリアの方が、熱血というか情熱的なマリアのような気がしますが、ヤンキーも怖い、自分の兄も怖いマリアですから、おどおどしてるはずなんであまり熱血でないほうがよさそうです。

予想どおりだった加藤ベルナルド。 やっぱり、あのポスターにもよく使われているシャーク団3人の、脚を高く上げるダンスも一番キマッています。 でも、ジェット団、シャーク団の顔ぶれを見ると、一人だけ飛びぬけて年長ですよね。 長く出演して欲しいです。頑張って欲しいです。 

加藤ベルナルド以外の出演者は、さっぱり予想つきませんでした。 坂田加奈子さんが出てれば、グラジェラに入ったんでしょうか。でも、今日の高倉恵美さんもステキでした。 

今日の初日と、明日の2日目は、キャスト同じでしょうか。 6月のジーザスのときは、初日と2日目でマリアを変えてきました。 今日の初日で、劇場に置いてあったキャストシートを見ると、「本日の出演者」の左側に、わざわざ「初日」と書いてあります。 秋劇場って、初日はいつもこう書いているんですか? 「初日」って書いてしまったら、2日目と共通では使えないですよね.. きっとどこか入れ替るに違いない..日曜日の公演をご覧になったかた、ぜひ教えてください。

 キャスト表を見て気が付いたこと

前回の公演って、12年前でしたっけ? そのときに、ジェット団のミニー、シャーク団のマルガリータとかニブルスとかいました? 

 ところで、なぜ今回、劇団四季はこの「ウェストサイド物語」を上演することにしたんでしょう? 何をメッセージとして受け取って欲しいんでしょう? 21世紀になっても、場所が単一民族のこの国になっても、やはり今の社会は病んでいる。 さぁ、何から変えていったらいいのでしょうか? スイッチを入れて電気を付けるようには変わりっこありません。 私は、親がちゃんと子供を愛しながら育てること、だと思うんですけど。 クラプキ巡査のナンバーで坊やたちが歌っていることの裏返しです。 

 

posted by 宇部産タマネギ at 02:49 | Comment(12) | 劇団四季 |

2007年9月8日(土)  「宇部産タマネギの劇団四季キャスト表」B面計画

 皆さんが寄せてくださるキャスト情報をもとにして、タマネギはキャスト表作りを再開しました。 今のところ、

「ライオンキング」 東京公演 「ふたりのロッテ」 東京公演 「ウィキッド」 東京公演 「キャッツ」 東京公演 「オペラ座の怪人」 大阪公演 「エビータ」 京都公演 「マンマ・ミーア!」 福岡公演  この7枚があります。 

 先週までの、劇団四季が「確定キャストフォン」でサービスを提供してくれていたときと違って、これからのキャスト表は、情報源が「確定キャストフォン」でなく観劇したみなさんからの情報提供によるもの、という点で作りかたが違いますし、情報提供がない公演はどうしても歯抜けにもなります。でも、「確定キャストフォン」がなくてもこれだけのものができるということ、そして小作品だけど珠玉の味わいのあるもの、という意味を込めて、今月からタマネギのキャスト表「B面」として続けていきたいと思います。

 若い人は、「B面」ってわかりますか? ご両親にでも聞いてください。

 観劇されたら、情報提供をよろしくお願いします。 ひとつ大事なルールを設けていますので、この記事を読んでいただいて、賛同していただけるようでしたらご協力をお願いします。

 

posted by 宇部産タマネギ at 10:56 | Comment(18) | 劇団四季 |

皆さんにお願い (キャスト情報をお知らせくださる際に)

 宇部産タマネギです。

 さっそく各地のキャスト情報をメールやコメントで寄せてくださってありがとうございます。

 こんなにすぐ皆さんから集まるとは思ってなかったので、ちょっと準備が間に合ってないのですが、皆さんからのキャスト情報をキャスト表にまとめていくにあたり、私なりにとても重要なルールをひとつ設けようと思っているので、そのことについて書いておきます。

 キャスト情報を寄せて下さるのは、「自分が観劇した場合だけ」お願いします。 これをルールにしたいのです。

 私が書いた9月3日の記事に、あやさんがコメントして下さっていますが、「自分が聞いた情報を」、これがとても大事なことだと思っています。 言い換えれば自分が発信源である情報、伝聞情報でない、又聞き(またぎき)でない情報、ということですね。 劇団四季の「確定キャストフォン」を情報源にしていた頃は、全部自分自身で聞いた情報でキャスト表を作っていました。 ですから、表にまとめるときにケアレスミスによる誤記はありましたが、誤記があっても台帳を再確認したり、録音を聞きなおしたりして、確認のうえ修正ができました。 自分が発信源だからできたわけです。

 でも、「確定キャストフォン」がなくなってしまって、代わりに皆さんが寄せてくださった情報も含めてキャスト表をまとめていく場合には、どうしたらいいでしょう? 教えてもらった情報である以上、もう伝聞情報です。伝聞情報は使わない、と言っていてはキャスト表は作れません。 そこで、私の代わりに、情報を送る皆さんのところでは、「又聞きでない、自分が発信源である情報を」、これを皆さんとのルールにしたいのです。 「観劇したので、そのときのキャスト情報をタマネギさんにお知らせします」 ぜひぜひ、これでお願いします。

<追記9/8(土曜日)>

1.キャスト情報を送る方法は、ブログのどの記事にコメントしてもいいですし、タマネギ充てメールでもOKです。 宇部産タマネギのメールアドレスは、このブログのカレンダーの下の部分にあります。

  <追記9/11> コメントを書くとき、あなたのメールアドレスが必須の入力項目になっていますが、ブログの読者には、あなたのメールアドレスは見えません。第三者に知られる心配はありませんから、どうぞ安心してコメントしてください。ただし、宇部産タマネギ(管理人)には、ブログの管理画面から見えますのでご承知おきください。<追記終わり>

2.誤解を防ぐために、今日とか昨日でなく、○月○日(○曜日)昼/夜 を明記してください。 また、「自分が観劇した」ことを一言書き添えてください。 

3.役名と俳優名を全部書くのは大変ですから、キャストシート(劇場で配布している小さい紙)をデジカメ写真にして送ってくださっても構いませんし、○月○日のキャストと同じです、でもOKです。

4.タマネギのキャスト表に書くのに、アンサンブルを枠順で書くのか、それともキャストシートに載っている順で書くのか、私自身正直なところ決めかねています。 後日、統一するつもりです。

  よろしくお願いします。

posted by 宇部産タマネギ at 23:44 | Comment(25) | 劇団四季 |

2007年9月5日(水) お帰りなさい彰孝シンバ

 今日は、春劇場に行ってきました。 劇場に着くまでキャストがわからないまま、というのはひょっとして初めて? 多分、ナラは上田亜希子さんから変わってないだろうと思っていましたけどね。

 今日行って一番嬉しかったのは、田中彰孝(たなかあきたか)さんのシンバが帰ってきました。

 スカーは、下村さんでした。日曜の栗原スカーは、どういうわけだったんだろう?と思っちゃいました。

 とりあえず、劇場で貰ってきたキャスト表を転記します。 そのあとで、感想書きをします。

2007年9月5日(水) 夜公演 ライオンキング  四季劇場「春」 

ラフィキ  鄭 雅美
ムファサ  内海雅智
ザス    雲田隆弘
スカー   下村尊則
ヤングシンバ 大鹿礼生
ヤングナラ 林 愛夏
シェンジ  原田真理
バンザイ  太田浩人
エド    岡本繁治
ティモン  羽根渕章洋
プンバァ  川辺将大
シンバ   田中彰孝
ナラ    熊本亜記
サラビ   西村麗子

【男性アンサンブル】

南  晶人  那我性 智  羽根博司
鈴木 聡  遠藤 剛 横山大介
田辺 容  奈良坂 紀  秋山勝也
高木英樹  田中宣宗  虎尾信弘
玉城 任  岸本功喜

【女性アンサンブル】

宝生 慧  森崎みずき  キム ヒョジョン
玉井明美  諸 英希   黒田あきつ
黒田あきつ  奥山あゆみ  キム ユジョン
井藤湊香  小松陽子  春川希実


 

posted by 宇部産タマネギ at 23:29 | Comment(7) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年9月3日(月) 「宇部産タマネギの劇団四季キャスト表」 更新は中止します

 宇部産タマネギです。

 昨日の9月2日(日)を最後に、劇団四季が「キャストBox」、「キャストフォン」それに「確定キャストインフォメーション」のサービスを止めてしまいました。 ですので、やむを得ず、「宇部産タマネギのキャスト表」の更新は中止します。

 「宇部産タマネギの劇団四季キャスト表」は、劇団四季が提供してくれていた「確定キャストインフォメーション」のキャスト情報を、私自身が、毎日、全公演欠かさず聞いて収拾した情報を表に整理してまとめていたものです。 その情報源が途絶えてしまいましたから、これから先は、続けていくことができません。 とはいえ、私のサイトを閉鎖するわけではないので、これまでに作った表はそのまま残っています。 今までどおり、必要なときにご覧になってください。

 キャスト表を作って更新していく「やる気」は満々ですので、信頼できる情報源があれば再開したいと思っています。

  

posted by 宇部産タマネギ at 00:50 | Comment(19) | 劇団四季 |

2007年9月2日(日) 祝!2周年

 宇部産タマネギでございます。

 手前ミソな話ですが、本日の9月2日は当ブログ「気づいたこと」の、満2周年でございます。 2年間も続きました! 読者のみなさん、ありがとうございます。

 去年の9月の満1周年のときにも、みなさんからお祝いのメッセージを頂きました。あれから、もう1年なんて早いものです。 その時の記事はこちらです。 

 1年前、「2周年の頃、私はどんなことをやってるんでしょう?」 と書きました。 まさか、大阪から東京に移ってもブログを書いてるとは思いもしませんでしたね。 

 あれから1年たちましたけど、私がやってることはほとんど変わっていません。本業のかたわらで毎日確定キャストフォンを聞いて、キャスト表作っています。 むしろこの1年間でいちばん変わったことは、皆さんからのフィードバックが増えたことです。 記事のコメントなどを通して実際の情報を提供してくださったり、私の誤記を指摘してくださったり。 間違いなく、続けていくための張合いになっています。 

  気持ちを新たにして、明日から3年目スタートです。 皆さん、これからも、よろしくお願いします。

posted by 宇部産タマネギ at 19:57 | Comment(11) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年9月2日(日) 突然栗原スカー?

   今日の「ライオンキング」は、栗原スカーみたいです。

 午前中に劇団四季公式WebのキャストBoxを見たら下村さんの名前だけだったのに、お昼過ぎに見たら栗原さんの名前が追加になっていました。 確定キャストフォンも、 昨日までとは違う女性の声のアナウンスで、スカーは栗原さんになっています。

 今日、下村さんのスカーを楽しみに観劇されるかたには、ちょっと気の毒です。

<追記 9月2日夜> 夕べの表に、今日の○だけ書き足しました。

アイーダ (名古屋公演、新名古屋ミュージカル劇場)
アイーダ 8/28 29 30 31 9/1M S 2
秋 夢子         
今井美範                  
 タマネギの予想は大外れ。 夢子さんは、もうとっくに名古屋を離れた、ということなんでしょうか。 来週のアイーダ役は誰なんでしょう。

キャッツ (東京公演、キャッツ・シアター)
マンゴジェリー 8/28 29 30 31 9/1M S 2
武藤 寛           
田井 啓         


 <追記終わり>

posted by 宇部産タマネギ at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年9月1日 今週のキャストから(4)

アイーダ (名古屋公演、新名古屋ミュージカル劇場)
アイーダ 8/28 29 30 31 9/1M S 2
秋 夢子      ○     
今井美範                  
昨日のソワレ公演が初登場だった今井美範(いまいみのり)さんのアイーダ。夢子さんと今井さんのこの交代パターンですと、明日は夢子アイーダのようですが。 でも、来週は、さっそく今井さんのシングルでしょうか? 夢子さん夏休みに入るのかな? 夢子さんの行きそうなところというと、「キャッツ」のジェリーロ=グリドルくらいしか思いつきませんけども。

キャッツ (東京公演、キャッツ・シアター)
マンゴジェリー 8/28 29 30 31 9/1M S 2
武藤 寛           
田井 啓             

 今週のマンゴジェリーは、週初めから田井 啓(たい はじめ)さんも出演する予定にはなっていたものの、実際はずっと武藤さんの出演が続いていました。 ようやく、今日の土曜日から田井さんが出てきました。 この分だと、ようやく(?)免許皆伝? 明日の日曜日も田井さんのマンゴジェリーで、来週から晴れてシングルのような気がします。

posted by 宇部産タマネギ at 20:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年8月31日(金) ラ・アルプ9月号

 今月は、月が変わる前にちゃんと届きました、「ラ・アルプ」。

 で、私が早速見るのは、公演情報のページです。9月号だと、60ページからです。でも、何かいつもと雰囲気違う...ちょっと寒々しい... なぜって、今月発売になる赤枠囲みがほとんどないんです。「鹿鳴館」自由劇場だけ。 いつもより、見た目が白っぽいでしょ?

 それじゃあ、と59ページに戻って9月〜10月分の会員先行予約の一覧を見ると...10月まで含めても発売が全部で8公演しかない。 まぁ、ロングランものは、もう来年の春まで発売してますしね。

 でも、初めて気がついた「収穫」を書き並べてみますと、

・「ユタと不思議な仲間たち」の京都公演があるんですね。 「ユタ」全国公演は、沖縄県方面まで足を延ばすみたいですし、京都劇場のJCSエルサレム版の後になるんでしょうから、公演は12月末か新春でしょうか。

・8月26日の記事のネタにした、「ふたりのロッテ」新神戸オリエンタル劇場の確定キャストフォンの番号は、京都劇場と同じ番号を使うようです。 0120-567-274です。 

posted by 宇部産タマネギ at 00:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年8月31日(金) 今週のキャストから(3)

アイーダ(名古屋公演、新・名古屋ミュージカル劇場)
アイーダ 秋 夢子 今井美範

キャスト・スタッフのページには早々に載っていた今井アイーダ、今日がデビューでした。アイーダは、名古屋でどうも予想外に長続きしそうな感じですし、アイーダをやれる人がもっと必要なんでしょうね。

先日の記事で、「アイーダ」は8月の1ケ月間でキャスト異動がひとつもなかった、ってことになりそう、と書きましたが、最後の31日の夜公演でやってくれました。

オペラ座の怪人(大阪公演、大阪四季劇場)
女性Ens.5枠 江利ちえみ


改名

智川ちえみ
ともかわ

今日、またまた5枠に初めてのお名前が登場しました。ともかわちえみさんは、劇団四季公式Webのキャスト・スタフのページにまだ載ってないので、お名前の漢字がわかりません。 どなたか、劇場でキャスト表をもらったかた、教えてください。

5枠は、7月中旬に初登場した木村智秋(きむらちあき)さん、そして先週から登場の江利ちえみさん、そして今週はともかわちえみさん、と新顔ラッシュです。 江利ちえみさんと、ともかわちえみさんって、別人物ですよね?

<9月1日追記> saebonさんがこの記事にコメントしてくださったとおり、江利ちえみさんが智川ちえみさんに改姓されたそうです。saebonさん、ありがとうございました。<追記終わり> 

ライオンキング(東京公演、四季劇場[春])
男性Ens.9枠 はぉーじぇ


改名

秋山勝也
女性Ens.2枠 オ ボヘ


改名

宝生 慧
ほうしょうめぐみ

このLKの新アンサンブルさんは、昨日(30日)から出演しています。

<9月1日追記> こちらも、あやさんがこの記事にコメントしてくださったとおり、どちらも改名されたことによるもので、俳優さんは実は同じ人だそうです。みなさん、いろいろ情報をありがとうございます。<追記終わり>

<9月2日追記> 日曜日のLK確定キャストフォンは、いつもと違うひとがアナウンスしていましたが、この人のアナウンスだと、ほうしょうめぐみ と聞こえました。 <追記終わり>

posted by 宇部産タマネギ at 00:12 | Comment(5) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年8月29日(水) 今週のキャストから(2)

  今日から他の公演とは1日遅れで「オペラ座の怪人」と「エビータ」が始まりました。 

エビータ(京都公演、京都劇場)
チェ 芝 清道
金田俊秀
金田俊秀

 先週の後半にデビューした金田俊秀さんのチェは、今週から無事にシングルになりました。  

 

オペラ座の怪人(大阪公演、大阪四季劇場)
クリスティーヌ 苫田亜沙子 佐渡寧子
ピアンジ 石井健三 半場俊一郎
女性Ens.1枠 小野さや香 華山ソナ
 同 9枠 西田ゆりあ 世登愛子
 同 11枠 世登愛子 田窪万理子


 苫田さんのクリティーヌは、2週間でした。佐渡さんは大阪公演には初登場です。

 ピアンジに半場さんが帰ってきました。大阪公演でのピアンジは、石井健三さんと半場さんの2人だけで回しています。東京公演でよく出ておられた蔵田雅之さんは、いまのところ「キャスト・スタッフ」のページにお名前がありません。

 女性アンサンブル1枠は、小野さや香さんから華山そな(かやまそな)さんにスイッチ。実は1枠も、大阪公演ではこの2人だけで回しています。 もっと言うと、大阪公演だけではなくて、海劇場での東京公演が26ケ月(2年2ケ月)あったうちの、おしまいの20ケ月はずっとこの2人だけで回しています。 

 このお2人、ほとんど「オペラ座の怪人」専属、それも1枠専属という感じなのでなんとかローテーションできていますが、実は華山ソナさんは、「ライオンキング」女性7枠にも出演されます。 本当は、もう一人欲しいところだと思いますけども。

 それから、9枠と11枠は、西田ゆりあさんが抜けて、世登愛子(せと あいこ)さんがスライドして、田窪万理子(たくぼりこ)さんが11枠に入った、ということなんですが、ここで久しぶりの田窪万理子さんが11枠ってところにすごく意味があるのでは?見えないところで結構大変だったんでは?と思います。田窪さんは、大阪公演には初登場です。

 11枠って、実はすごく要員タイトな枠だったと思うんです。大阪公演では世登愛子さんと森田かおりさんの2人で回してました。 森田かおりさんといえば...ついこの間まで7枠に出演されていました。 もし、森田かおりさんが当分出演できなくて、他には世登さんしかいないとしたら全然余裕ないじゃん!と書いておきます。 お久ぶりの田窪さんを引っ張り出してきて、11枠をかろうじて繋いだんでは?という気がします。 事実、大阪公演の「キャスト・スタッフ」ページに、先週までは田窪万理子さんの名前がありませんでした。今はありますけど、多分追加になったのは今日です。 俳優のやりくりに苦労しているような気がします。

 

ウィキッド(東京公演、電通四季劇場・海)
ディラモンド教授 本日マチネ 武見龍磨
本日ソワレ 岡本隆生


 今日の「ウィキッド」は、珍しく平日マチソワの日でした。今週から教授は岡本隆生さんがシングルのはずだったのですが、今日の午前中のうちにキャストBoxに武見さんのお名前が入り、マチネ公演は武見教授でした。ソワレは、岡本さんの教授でした。

 ひょっとして、今日はソワレ公演だけだと思ってた、とか? (失礼しました...)

 「ライオンキング」 (東京公演、四季劇場[春])

 今週のヤングナラは、7公演を6人でローテーションするはずだったのですが、今日の夕方にキャストBoxを見たら天野 咲(あまの さき)さんの名前が消えていました。今週の3番手で出演するはずだったのですが。

 

posted by 宇部産タマネギ at 23:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年8月28日(火) 今週のキャストから(1)

  今週は、東京地区は全部今日から始まりました。 大阪の「オペラ座の怪人」と京都の「エビータ」だけが明日からです。

キャッツ(東京公演、キャッツ・シアター)
ガス=タイガー/
バストファジョーンズ
村 俊英 田島亨祐
ラム・タム・タガー 田邊真也 金森 勝
コリコパット 王 斌 花沢 翼
ランパスキャット 張 沂 高城将一
カーバゲッティ 劉 志 松永隆志
ギルバート 范 虎 龍澤虎太郎
タンブルブルータス 張 野 川野 翔

 あれあれ、JCSのユダ明けの金森さんが、いきなりタガーに入りました。田邊タガーは、2週間で一区切りになりました。

 コリコ以下は、どうやら揃って改名されたために出演者が代わったように見えると思っているんですが、確かな情報がまだないのでよくわかりません。 読みは、高城将一(たかぎまさかず)さん、松永隆志(まつながりゅうじ)さん、龍澤虎太郎(たつざわこたろう)さんです。カーバは志の字が、ギルは虎の字が共通なので、おそらくは改名されたんだろうと想像しています。

 上の表には出てきませんが、王 クンのジェミマは今週で連続17週、そして、その前に休みなしでランペルが9週+アルファがありますので、これで連続26週の出演になります。つまり、半年間休みなしです。 もっとも、「マンマ・ミーア!」大阪公演で、松浦勇治さんのビルが連続52週(その記事はこちら)、「ライオンキング」名古屋公演では、羽根渕章洋(はねぶちあきひろ)さんが全公演(約950公演)でティモンを完投など、もっと上をいく記録があることはあるんですが、それはそれで、王さん、お疲れさまです。

 もうひとりジェミマができる熊本亜記さんが、先週で「ライオンキング」のナラを降りましたので、ひょっとしたら来週くらいから代わってもらって、王 さんがお休みできるかもしれません。 そう思うと、ジェミマって、今の「キャッツ」のなかでいちばん人手不足なように見えます。 なんで、ランペル、ディミ、ボンバルみたいに違う人が出てこないんでしょう。
 

ライオンキング(東京公演、四季劇場[春])
スカー 栗原英雄 下村尊則
ナラ 熊本亜記 上田亜希子
男性Ens.13枠 平田郁夫 玉城 任
女性Ens.4枠 小林英恵 キム ヒョジョン
  同  6枠 ベ ジンファ 諸 英希


 月曜日のキャスト発表の時点では、今週のナラは先週までと同様に熊本亜記さんの続投だったはずなんですが、今日の午後になって、上田亜希子さんの出演に変わりました。熊本さんは、7月と8月のナラをほとんど一人で担当してくださった感じです。

 一方、上田さんのナラは、2月以来ですから半年振りになります。 上田さんって、よくお名前を見るような気がするんですが、持ち役というと、人猫と、「コーラスライン」のマギーと、それから「ライオンキング」の5枠とナラですね。 ナラは、2003年12月からなので、ナラ暦が長い俳優さんです。 

 そして、びっくりなのは、玉城 任(たましろ まこと)さんが13枠に出てきてしまいました。ということは、当面のスカイでは別の人、ということですね。

ウィキッド(東京公演、電通四季劇場・海)
ディラモンド教授 武見龍磨 岡本隆生

 

マンマ・ミーア!(福岡公演、福岡シティ劇場)
サム・カーマイケル 渡辺 正 荒川 務

 荒川 務さんのサム、福岡初登場です。 荒川さん、最近、福岡には足が遠くて、来ても長くは滞在せずに、異動してしまいます。 タマネギのキャスト表を調べてみると、最後の福岡登場は、今年の3月の「夢から醒めた夢」で夢の配達人で登場しましたが、その時は開幕週の5公演だけ。その前は、というと、...え〜っと、2000年の「ソング&ダンス」福岡公演...ここまで遡る?...ホントかなぁ... 早めに見に行きましょう。


「ふたりのロッテ」 (東京公演、自由劇場)
「アイーダ」 (名古屋公演、新・名古屋M劇場)
「夢から醒めた夢」 (全国公演、今日と明日は高松市)
「ユタと不思議な仲間たち」 (全国公演、今日は北海道大樹町)

 この4つは、キャスト異動なしでした。  「ふたりのロッテ」はラスト2週間、「夢から醒めた夢」はラスト3週間です。

「アイーダ」は、とうとう8月の1ケ月間でキャスト異動が全然なかったということになりそうです。

posted by 宇部産タマネギ at 22:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | 劇団四季 |

2007年8月26日(日) 今週のキャストから(6)

キャッツ (東京公演、キャッツ・シアター)
マンゴジェリー 8/22 23 24 25M 25S 26
武藤 寛        
田井 啓           
 やはり、日曜日は武藤さんのマンゴジェリーでした。この分だと、来週から田井さんがシングルの気配が濃厚です。

ジーザス・クライスト=スーパースター
(エレサレム・バージョン)

(東京公演、四季劇場[秋])     本日千秋楽
ユダ 8/21 22 23 24 25M 25S 26
金森 勝       ○ 
田中彰孝               
 今日が千秋楽でした。楽日は、金森さんがユダを務めました。6月上旬に開幕したジャポネスク版から通して約3ケ月、東京公演は一区切りです。

 柳瀬さんのジーザス、下村さんのヘロデ王、芝さんのユダ、など旧来の顔ぶれが見られましたが、この演目の「顔」を言ってもいいような古顔さんが姿を消していました。同時に、準主役級、アンサンブル含めてずいぶん入れ替ったという感じが強いです。 次は、ちょっと間が空きますが、10月から京都公演になります。 

 「エビータ」 (京都公演、京都劇場)

 今日のチェは、金田俊秀さんでした。 来週から、早速、金田さんのシングルでしょうか。 私としては、芝さんの行き先が気になります。

 京都エビータは、千秋楽まで、ラスト2週間と半分です。楽日の9月12日は水曜なので、どういうわけか平日です。この日は、新神戸オリエンタル劇場で「ふたりのロッテ」の初日でもあります。

 余談ですが、新神戸でのロッテは、期間中に9月15日(土)〜17日(月、祝)の3連休があるのですが、この3連休がマチソワ3連発です。俳優さん、ちょっとタイヘンかも...お疲れさまです。みんな若いから大丈夫ですよね。

 <追記> 「ふたりのロッテ」新神戸公演の確定キャストフォンは?
 思い出したので書きますが、この新神戸での「ふたりのロッテ」の確定キャストフォンは、どの番号でサービスするんだろう、と疑問に思ってます。
 確定キャストフォンは、劇場ごとに決まったフリーダイヤルの番号があるんですが、新神戸は初めてですし、短期間ですから、新たな番号を作るとも思えません。全国公演の2本のうちのどちらか(「夢から醒めた夢」の 284か、「ユタと不思議な仲間たち」の 283)に便乗するのが一番自然のような気もしますが、ダブりが避けられません。京都劇場の番号(274)に相乗りすれば、ダブるのは1日で済みます。
 タマネギなら、初日がダブらないから、という理由でユタの 283 に相乗りします。さあ、どうなるんでしょう。 9月号の「ラ・アルプ」には、ちゃんと書いてあると思います。ちょっと楽しみです。 <追記終わり>

posted by 宇部産タマネギ at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |