2014年3月26日(木) 今週のキャストから(第13週その2)

今日もお友達からキャスト情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。 

リトルマーメイド(東京)    キャスト表はこちら
(東京公演、積水ハウスミュージカルシアター四季劇場[夏])
    昨日 3月25日(水) →      本日 3月26日(木)
  キャスト異動なし

昨日と比べてキャスト異動はなく、公式サイトでの予告どおりでした。

今日のお友達は、神永さんエリックを見るのは初めてだったそうです。 何しろ、ジーザス様ですから。 でも、思ったほど違和感なくって、

「上川・竹内エリックがおとぎ話の少年王子なら、神永エリックはリアルな、ヘンリー王子風の青年王子といったところでしょうか。歌もいいし、王子の風格もあるし、乙女な三平アリエルとの相性もよかったです。」 という感想です。

ところで今日のリトマでは、少々アクシデントがあったそうで。

「 『トリトンの娘たち』 『恋してる』 で、フランダーの周りを回る時に、アンドリーナ(オレンジ色)がつまずいてしまいました。 床に手を付き、中腰のまま移動したのにはヒヤリとしました。 その後、お姉さんが持っていた本がすっぽ抜けて客席へ落ちて来て、今度はビックリでした。」 

出演者にもお客さんにも怪我がなくてよかったです。

さて、今日のオマケです。 劇場ロビーにおいてあった、海劇場の新演目『アラジン』のポスターに、俳優さんのサインが書き込んであるものです。 何人のサインが書いてあるんだろう?

KC4F0172.jpg

posted by 宇部産タマネギ at 23:56 | 劇団四季 |

2015年3月22日(日) 今週のキャストから(第12週その3)

今日も大阪LK情報を頂きました。 実は、昨日から大阪遠征で泊まっておられたお友達です。 いつもありがとうございます>お友達。

ライオンキング(大阪)    キャスト表はこちら
(大阪公演、大阪四季劇場)
    昨日 3月21日(土) →      本日 3月22日(日)
  キャスト異動なし

キャストのほうは、公式サイトでの予告どおりでした。

今日は、終演後に、劇場とは場所を変えてトークイベントがあったそうです。

150322_143221.jpg

150322_164954.jpg

このトークイベントに出てこられたのは、南 晶人さん(シンバ)、福井麻起子さん(ラフィキ)、布施陽由さん(ザズ)、川口雄二さん(ティモン)、荒木 勝さん(プンバァ)の5人。 30分ほどのイベントだったそうです。
紹介のときに出身地が、それぞれ荒木さんが東大阪、川口さんが高槻、南さんが滋賀、福井さんが奈良(確か…)で5人中4人が関西出身なのに、布施さんだけ東京だったので、さっそく突っ込みが入ったそうです。
イベントの内容は、『ライオンキング』の見所紹介(ストーリー、方言など)、ザスのパペットの解説(実演付き!)、質問コーナーなど。 質問のひとつに「他の役ができるなら何をやりたい?」 というのがあり、その回答は、 荒木さんはムファサ、川口さんはスカー、南さんはスカー、福井さんはシンバ、布施さんはティモン という答えだったそうです。
福井さんのシンバって見てみたいです(笑)。

観劇レポート、ありがとうございました > お友達。

posted by 宇部産タマネギ at 19:57 | 劇団四季 |

2015年3月21日(土祝) 今週のキャストから(第12週その2)

今日は、つい先週に全国公演を打ち上げたばかりの、『魔法をすてたマジョリン』が自由劇場に帰ってきました。 凱旋公演ってとこですかね。 さっそく、お友達からキャストボード写真が届きまして、いつものスタイルのキャスト表を作りました。 いつも情報ありがとうございます>お友達。

魔法をすてたマジョリン(東京)    キャスト表はこちら
(東京公演、自由劇場)
    前回 3月13日(金)       本日 3月21日(土)
ニラミンコ 神保幸由 味方隆司
プレッツェル婆さん 増山美保 はにべあゆみ
男性アンサンブル 諏訪友靖
南 圭一朗
小林敏克
諏訪友靖
荒井 孝
菊地智弘
小林敏克
南 圭一朗
女性アンサンブル 今井もえみ 4 権守美加子 4

全国公演の最終日と比べると、キャスト異動は上の表のとおりですが、びっくりキャストは登場しませんでした。

男性アンサンブルは、全国公演では3人でしたが東京公演では5人に戻りました。

お友達から頂いたメールによると、

「今日は東京公演の初日だったせいか、お客さま圧倒的に大人多く、オープニングの『こんにちは』の挨拶など反応が今ひとつでした。 演じる側はやりにくかったのではないでしょうか。」 ということでした。

それから、今日のミラミンコは、去年の東京公演から全国公演を通して出てなかった味方隆司さんでした。 お友達は、味方さんのニラミンコ、お初だったそうですが、「オトボケ感が強いニラミンコで、お芝居が後半になるほど軽妙洒脱になりました。」 ということでした。

私がみた味方ニラミンコは、なんか妙にメス(雌)っぽいニラミンコだったように覚えてます(笑)。

ライオンキング(大阪)    キャスト表はこちら
(大阪公演、大阪四季劇場)
    昨日 3月20日(金) →      本日 3月21日(土)
  昼公演 キャスト異動なし
夜公演 キャスト異動なし

続いて、大阪の『ライオンキング』もキャスト情報を頂きました。 予定外のキャスト異動はなくて平穏です。

今週から、韓 盛治さんが大阪LKに来てますが、ティモプンではなくって、大阪ではスカーで初登場です。

お友達メールによりますと、「客席は満員。ティモンとプンバァの掛け合いに爆笑してました。 まだまだライオン大阪は続きそうな勢いですね。」 とのことです。

それから、ちょっと話がそれますけど、今夜のヤングナラは利川桃子さん。 今回の大阪LKの初代ヤングナラです。 歴代9人目まで登場している中で現役続行中です。

<追記> 『ライオンキング』大阪公演の、マチネの情報も頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

今日の昼公演は、公式サイトでの予告どおり、新ヤング・シンバの木下湧仁くんのデビューだったそうです。 お友達の感想は、

「木下くんのシンバは、シンバメイクが映えて、かわいらしいシンバくんでした。 少しだけ緊張も見えましたが、とても良かったです。」

このお友達は夜公演もご覧になったそうで、「夜公演で藤井 颯くんのヤング・シンバを見ていたら、昼公演でデビューした木下湧仁くんのヤング・シンバは、この藤井くんをお手本にしてるんじゃないかしら と思えるところがあったりして楽しかったです。」 ということでした。

最後に、お友達から頂いた、大阪四季劇場の中のパネル類です。 日本公演通算 10,000回モードになってますね。

150321_125314.jpg

150321_185846.jpg

posted by 宇部産タマネギ at 19:50 | 劇団四季 |

2015年3月17日(火) 今週のキャストから(第12週その1)

今日は、とっても珍しく宇部産タマネギの自分情報です。 『クレイジー・フォー・ユー』の東京公演を見てきました。

クレイジー・フォー・ユー(東京)    キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[秋])
    先週 3月15日(日)       本日 3月17日(火)
エベレット 菊池 正 松下武史
ムース 佐久間 仁 宇龍真吾
パーキンス/
カスタス
脇坂真人 中村 巌
ジミー 南 圭祐 山下純輝
ハリー 中村 巌 ツェザリ モゼレフスキー
エレイン 石戸瑶子 岩本有花

私自身にとって何年ぶりのCFYになるのか、ちょっと思い出せませんが、もちろん、岡村美南さんのポリーは初めてでした。 とってもセリフがよく聞こえるポリーでした。 「何にも分かってらっしゃらないのね」あたりの言い回しは、伝法肌な田舎娘じゃなくって、とっても女の子を感じさせる、気持ちのこもった言葉でした。

ポリーが、「だからと言って失敗とは限らない」みたいなセリフを言ってるところで、荒木美保さんのテスがウルウルしてる感じなのがとってもよかったです。

そして、CFYでいちばん好きなのはやはり1幕の終わりに近いところ。 ♪ Slap That Bass から ♪I Got Rrythm までがやはり楽しかったです。

それから、フォーリーズガールズの女の子たちのポジションが、以前までの公演とはずいぶん違ってるように思いました。 ダンスナンバーでの話ですけど。

公演プログラムは、まだ新版になってませんでした。 宮田ポリーの写真も載せたいでしょうから、もし第2版が出るなら、来月くらいかな。第2版が出るとしたら、東京公演の次の公演もあるんでしょうかね。 全国公演? 札幌と博多? 

posted by 宇部産タマネギ at 01:08 | 劇団四季 |

2015年3月14日(土) 『オンディーヌ』過去の出演者表 作りました

今日は土曜日なのに、珍しくどなたからもキャスト情報が届きませんでした。 そこで、空いた時間を利用して、前から作ろうと思っていた 『オンディーヌ』の出演者一覧表を作ってみました。 こちら(http://www.tamanegi.jp/list/ondine_cast.html)です。

ondine_cast.PNG

私(宇部産タマネギ)が持っている出演者データから作りましたので、2005年以降しかありません。 全国公演と比べて、東京公演での女性アンサンブルが多かったこと。 2007年の公演は15人、2011年の公演でも12人もいたんですね。 丸山れいさん、五十嵐可絵さん、是澤麻伊子さん、懐かしいお名前です。

来月の中旬から、浅利慶太さんプロデュースの『オンディーヌ』が自由劇場で上演されます。 主要キャストは分かっているようなものですけど(こちら)、女性アンサンブルは、劇団四季から借りてくるんじゃないでしょうか。 

キャストは、劇団四季の公式サイトで発表してくれるのかなぁ? チケット販売と箱は劇団四季のものを使うわけですけど、何と言っても、劇団四季の公演じゃありませんからねぇ。

posted by 宇部産タマネギ at 23:29 | 劇団四季 |

2015年3月10日(火) 今週のキャストから(第11週その1)

今週も『キャッツ』札幌公演のキャスト情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

お友達メールは夕べの話なのですが、私が体調悪めで早く寝てしまい、記事に書けませんでした。なので、1日遅れです。

キャッツ(札幌)    キャスト表はこちら
(札幌公演、北海道四季劇場)
    先週 3月8日(日)       本日 3月10日(火)
ヴィクトリア 馬場美根子 引木 愛

昨日の『キャッツ』は夜公演だったのですが、午後というより夕方になった頃に公式サイトの情報が変わりました。 そして、実際にヴィクトリアは引木 愛さんが出演でした。 引木 愛さんは『キャッツ』初登場でした。

先週くらいから、どんどん初登場の若手キャストに入れ替わってきています。 

そして、お友達メールの感想はこんな感じです。

「大嶺タガーは、今までに見たことないキャラのタガーを演じていて笑えます。 かなりチャラいです。 帝国劇場で東宝ミュージカルに出てくるイケメンニーちゃんって感じですね〜(笑)。
初登場キャストが多いので、ちょっとまだぎこちなさを感じるところもありますが、 全体的に若々しく「攻めている」感じがあるので、これはこれでありでしょう。
劇場は満席が続いています。 この調子でいけば、来月や再来月のころ、いい感じで遅い北海道の春が迎えられそうです。」

いいレポート、ありがとうございました。 またお願いします>お友達。

私からすると、関東エリアで『キャッツ』の公演をするよりも、若い年齢層のお客さんが集まっているような感じがします。 なにしろ、北海道では17年ぶり(?)の『キャッツ』ですからね。 『キャッツ』初見という方が多いはず。 となると、これまでの『キャッツ』を見てきた人には違いすぎて違和感があるようなところも、そんなことカンケイないわけですね。

posted by 宇部産タマネギ at 22:50 | 劇団四季 |

2015年3月8日(日) 今週のキャストから(第10週その3)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

ライオンキング(東京)    キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[春])
    昨日 3月7日(土) →     本日 3月8日(日)
        キャスト異動なし

キャスト異動はなかったのですが、キャスト予告では今日のヤング・シンバがずっと未定でした。 実際には、桑原 柊くんのヤング・シンバ デビューでした。

今日観劇されたお友達のメールには、
「柊くんヤング・シンバ、ぱっと見た目には普通の男の子って感じなんですが、 チャウダウンとか、キリッとしてカッコいいヤング・シンバくんでした。 それから、とにかく笑顔がかわいいです。カテコでも、平山さんムファサや、田中さんシンバと交互に顔を合わせて、とびきりのニコニコ顔でした。」
ということです。

キャッツ(札幌)    キャスト表はこちら
(札幌公演、北海道四季劇場)
    昨日 3月6日(金)       本日 3月7日(土)
ジェリーロ 高瀬 悠 小林由希子
シラバブ       昼 岩城あさみ
夜 和田侑子
→       岩城あさみ

それから、今日も札幌からキャスト情報を頂きました。 これを見て私はビックリ。 新グリドルが出るなんて知らなかった.... 情報ありがとうございます>お友達。

今日のシラバブが、昨日の昼公演でデビューだった岩城あさみさんなのは予告どおりだとして、 ジェリーロは知らなかったです。 午前中、四季サイトにネットが全然つながらなかったので、キャストチェックしてませんでした。 ネットがつながらなかったのは、『アラジン』の予約初日だからだろうと思うのですけど。

キャストが若返るのは悪いことじゃないですけど、 ジェリーロは、若いより、少し「しっとり」め なほうがいいとタマネギは思うんですよね。 ずいぶん昔のことですけど、木村花代さんのジェリーロ=グリドルを見慣れた頃に、井上智恵さんに代わったことがありました。 智恵さんの♪ガスは落ちぶれた芝居猫〜 の一声を聞いたとき、一瞬で惚れました。 (あ、こういう包み込んでくれる感じっていいなぁ)と思ったのですよね。 大阪城公園のところのMBS劇場で上演した大阪CATSですので、もう15年くらい前の話です。

(追伸) 木村花代さんは、もう劇団四季にいらっしゃらないこともありますし、ご存知ない方のために書き添えると、木村花代さんより井上智恵さんのほうが年齢的にはお姉さんです。

posted by 宇部産タマネギ at 15:01 | 劇団四季 |

2015年3月7日(土) 今週のキャストから(第10週その2)

水曜日に続いて、今日も札幌の『キャッツ』レポを頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

キャッツ(札幌)    キャスト表はこちら
(札幌公演、北海道四季劇場)
    昨日 3月6日(金)       本日 3月7日(土)
シラバブ       和田侑子 →       昼公演 岩城あさみ

今日の昼公演です。 劇団四季公式Webサイトでの予告どおり、シラバブ枠で 岩城あさみ さんがデビューでした。

お友達のメールからちょっと抜粋して紹介しますと、

 「大嶺タガー、自分的には、今まで観たタガーとは違う感じで、なんて言ったらいいかわからないけど、今までより軽くてチャラい感じ? 外国的な感じのタガーでした。
それから、ご登場がビックリなのは、やっぱり平良さんデュト。相変わらず良いお声でした。」
 ということでした。

大嶺さん、これまで四季ではないフィールドで活躍されていたようです。 なので、四季の舞台の雰囲気と異質な感じはあると思います。 むしろ、タガーにはそういうハンパ者的な雰囲気があっていいんだろうな、とちょっと思いました。

それから、札幌CATSでは、幕間にステージに上がって見学できるんだそうです。 私は知りませんでした。 

私がCATSを見始めたころの幕間は、お客さんが順々にステージに上がっていって、ステージ中央で待っているデュト様のサインがもらえたんです。 このメールをもらって、そんなことを、ふと思い出しました。  サインしおわって、袖に引き上げていく前にデュトさまが、 (あ〜、疲れた)とばかりに、「ふぅ」を息をはいて歩き始めるのが妙におかしかったです。

ライオンキング(東京)    キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[春])
    昨日 3月6日(金)       本日 3月7日(土)昼公演
女性Ens.       井上智映子 5
石野寛子 11
→       坂井菜穂 5
織田なつ美 11

続いて、東京エリアで観劇されていたお友達からもキャスト情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

まず、昼公演の『ライオンキング』東京公演です。 キャスト異動は、劇団四季公式Webサイトでの予告のとおりでした。

坂井菜穂さんは、『ライオンキング』には昨年から出演されてますが、これまでは6枠だったんです。5枠は今回が初めてです。 織田なつ美さんは『ライオンキング』初登場です。

お友達の感想は、
「池田英治さんのティモン、パベットの動きがとってもなめらかでビックリしました。
 それから、韓スカーがすごく良くなってたと思います。いい具合にスレているというのでしょうか。 スカーがムファサの下でため込んでいたものがよく分かる感じでした。
 それから、今さらですけど、町 真理子さんのナラに今日は宮崎しょうこさんが演じていたナラと同じ雰囲気を感じました。 シャドウランドで久しぶりにグッと来ました。」 
ということです。 私(宇部産タマネギ)お姫様=宮崎しょうこさん を思い出してくださって、ありがとうございます!

リトルマーメイド(東京)    キャスト表はこちら
(東京公演、積水ハウスミュージカルシアター四季劇場[夏])
    昨日 3月6日(金)       本日 3月7日(土)夜公演
男性Ens.       橋基史 6 →       佐藤圭一 6
女性Ens. 三平果歩 5 町島智子 5

続いて、夜公演の『リトルマーメイド』東京公演です。 こちらも、キャスト異動は、劇団四季公式Webサイトで予告されていたとおりです。 それにしても、複数の演目のアンサンブルが、ほぼ同じタイミングで急に交代するってなぜでしょうね?

女性アンサンブルの町島智子さん、『リトルマーメイド』には初登場です。 ついこの間まで名古屋公演をやっていた『美女と野獣』のアンサンブルに出演されてたので、よく覚えています。 その前は?と思って調べたら、去年の3月の『魔法をすてたマジョリン』が初舞台だったようです。

それはさておき、こちらもお友達の感想を紹介します。  神永さんエリックの感想を初めて聞かせてもらいました。

「神永エリックは、確かに王子なんだけど、上川さんや竹内さんの王子に比べると、貫禄というかもっと落ち着きがある王子という感じでした。 もっとも、こちらの脳内に、ジーザスのイメージがあって見ていたからかも知れませんけど。 
ビジュアル的にも文句なしです。 谷原アリエルとほんとお似合いのカップルに見えました。」

posted by 宇部産タマネギ at 16:55 | 劇団四季 |

2015年3月4日(水) 今週のキャストから(第10週その1)

今日は、『キャッツ』札幌公演のキャスト情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

キャッツ(札幌)    キャスト表はこちら
(札幌公演、北海道四季劇場)
    前回 3月1日(日)       本日 3月4日(水)
ランペルティーザ       山中由貴 →       今 彩乃
ラム・タム・タガー 田邊真也 大嶺 巧
スキンブルシャンクス 北澤裕輔 小林 唯

劇団四季公式Webサイトでの予告どおりでした。 タガーは、大嶺 巧(おおみね たくみ)さんが四季初登場でした。 公演プログラムには載っておらず、追補で配られているそうです。

小林 唯さんも、『キャッツ』には初登場です。

posted by 宇部産タマネギ at 22:55 | 劇団四季 |

2015年3月1日(日) 今週のキャストから(第9週その2)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

クレイジー・フォー・ユー(東京)    キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[秋])
    昨日 2月28日(土) →     本日 3月1日(日)
       キャスト異動なし

キャスト異動はなく、昨日と同じでした。 今日のお友達は、「青羽 剛さんのザングラーと荒木美保さんのテスがいい感じなので、今日も楽しんで見てきます」 というメールをくださいました。

公演プログラムに載っている舞台写真は、ポリーは後姿のポリーばかり。 後は、稽古写真満載だそうです。 やはり、樋口さんはもう劇団にいらっしゃらないようです。

ところで、ようやく 『クレジー・フォー・ユー』の出演者一覧表を更新しました。 今回の東京公演のキャストを載せました。 こちら です。 

cfy.png

posted by 宇部産タマネギ at 13:11 | 劇団四季 |

2015年2月28日(土) 今週のキャストから(第9週その1)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達

クレイジー・フォー・ユー(東京)    キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[秋])
    昨日 2月27日(金)       本日 2月28日(土)
テス     加藤久美子 →     荒木美保

公式サイトの予告どおりなのですが、金曜日だけ、テスが加藤久美子さんでした。 今日の土曜日は荒木美保さんに戻っていました。 荒木さんのご都合が悪かったのかな? 加藤さんは、しばらく前にルイーズ役で出演されたことがありましたが、テスでは初登場でした。

今日のお友達のメールはこんな感じでした。

「世代交代、ってのが第一印象ですね。 でも、 松下さん平田さん脇坂さんといったベテランがうまく引き締めていて、全体としてはとても良かったです。」 

「岡村さんのポリーも素敵でした。 ボビーに集中するつもりが、ついポリーを追ってしまいました。」

ライオンキング(大阪)    キャスト表はこちら
(大阪公演、大阪四季劇場)
    昨日 2月27日(金) →     本日 2月28日(土)
      キャスト異動なし

『ライオンキング』大阪公演の情報も頂きました。昼公演と夜公演、両方です。夜公演のほうは、初めてメールをくださったお友達でした。ハジメマシテ、キャスト情報ありがとうございました>お初のお友達。

お友達の感想を紹介しますと、

「朴ナラは初見でした。 体格が良く、はっきりした顔立ちにつり目がちな強い目ジカラで。 登場した瞬間から、もう肉食獣にしか見えません! 登場から一週間と思えない落ち着きとパワフルさで、これからますます楽しみなナラです。

それにも負けず、南シンバもますますパワフルで、若々しいお似合いの肉食獣カップルでした。」

もう一人のお友達は、

「南シンバ、いい声で、とてもよく伸びてました。 でも、大阪弁のノリのよさ、ザズの六甲おろし、そして、やっぱり大阪弁のティモンとプンバァは最高です!
大阪LKはニ年ぶりに見ましたが、この二頭のためにもう一度見に行こうと思います。 チケットも大分取りやすくなりましたし。」

開幕から2年を過ぎた大阪LK、満3年までは決定済みですけど、4年まで行けるかどうかはティモプンの双肩にかかってる?

= = = =

ところで、今日は『リトルマーメイド』 神永さんのエリックが初登場したようなのです。 明日の日曜日も、神永さんエリックの出番になりました。 ジーザスさまの次にエリック! そう来るか〜?! と一瞬思いましたけど、 実際、どうだったんでしょう? ちょっとミスマッチ感が逆にいい感じだったんじゃないかと。 アリエルは誰が似合うんでしょうね。

posted by 宇部産タマネギ at 09:27 | 劇団四季 |

2015年2月22日(日) 今週のキャストから(第8週その3) 『美女と野獣』 名古屋公演千秋楽

今日は『美女と野獣』名古屋公演の千秋楽です。 お友達情報、頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

美女と野獣(名古屋)    キャスト表はこちら
(名古屋公演、新名古屋ミュージカル劇場)
    昨日 2月21日(土) →     本日 2月22日(日)
     キャスト異動なし

キャストは、昨日の土曜日と同じでした。お友達メールによると、今日の様子は、

千秋楽の挨拶は、ベルとビーストとアンサンブル以外の主要キャストの皆さんが、少しずつ挨拶と『マンマ・ミーア!』の宣伝を。 そして、特別カーテンコールは、ビ・アワ・ゲストの曲で、踊る佐野さんビーストや田島さんガストンが観られてなかなか新鮮でした。 ということです。

千秋楽の記念品は、メッセージカードとしおりだったそうです。

IMG_20150222_151007a.jpg

IMG_20150222_151032.jpg

posted by 宇部産タマネギ at 15:46 | 劇団四季 |

2015年2月21日(土) 今週のキャストから(第8週その2)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

ライオンキング(大阪)    キャスト表はこちら
(大阪公演、大阪四季劇場)
    昨日 2月20日(金)      本日 2月21日(土)
ナラ    町 真理子 →    夜公演 朴 悠那

朴 悠那 さんのナラ・デビューでした。 朴 悠那さん、『ライオンキング』では、これまで東京公演でも大阪公演でも女性アンサンブル7枠に出演されていましたが、今回、ナラ役では初登場です。

お友達のメールによると、「ヤンキーっぽくて、堂々としたナラでした。 ガタイがよいので、たくましいです。」 ということです。

posted by 宇部産タマネギ at 09:58 | 劇団四季 |

2015年2月17日(火) 今週のキャストから(第8週その1)

今日はお友達2人からキャスト情報を頂きました。 今週の公演が今日から始まる2つの劇場が揃いました。 いつもありがとうございます>お友達。

美女と野獣(名古屋)    キャスト表はこちら
(名古屋公演、新名古屋ミュージカル劇場)
    昨日 2月15日(日) →    本日 2月17日(火)
    キャスト異動なし

今週がラスト週の『美女と野獣』名古屋公演です。 今週のキャスト異動はなく、先週と同じです。 

ライオンキング(大阪)    キャスト表はこちら
(大阪公演、大阪四季劇場)
    昨日 2月15日(日)      本日 2月17日(火)
シンバ    石毛翔弥 →    南 晶人
ナラ    辻 茜 →    町 真理子
男性Ens.    酒井良太 10
天野勝仁 11
山本 道 14
→    沢樹陽聖 10
廣野圭亮 11
野口雅史 14
女性Ens. 小野さや香 1
豊田早季 3
新保綾那 9
市川友貴 1
山本志織 3
古田しおり 9

やはり、最近ミョーに人気が高い 『ライオンキング』大阪公演からもお友達情報を頂きました。 

今週、シンバとナラがセットで交代しました。 町 真理子さんのナラは、大阪公演初登場です。 

posted by 宇部産タマネギ at 22:04 | 劇団四季 |

2015年2月15日(日) 今週のキャストから(第7週その3)

この数日お友達情報がなかったのですが、今日も『ライオンキング』大阪公演のお友達情報を頂きました。 もちろん、木曜のお友達とは別の方です。 いつもありがとうございます。

ライオンキング(大阪)    キャスト表はこちら
(大阪公演、大阪四季劇場)
    昨日 2月14日(土) →    本日 2月15日(日)
    キャスト異動なし

キャスト異動はなく、公式サイトでの予告のとおりでした。 

今週のラフィキは、日本では元祖の青山さん。 お友達によれば、「 音程が少し怪しい部分がありましたが、情感も迫力もたっぷりなラフィキでした。」  ということです。

 

珍しいことに、今週は週途中でのキャスト異動がありませんでしたので、私は比較的ヒマでした。 なので、『魔法をすてたマジョリン』の出演者一覧表などを作ったりしておりました。 アドレスは http://www.tamanegi.jp/list/majorin_cast.html  です。

posted by 宇部産タマネギ at 22:34 | 劇団四季 |

2015年2月12日(木) 今週のキャストから(第7週その2)

今日もお友達情報を頂きました。 最近、私のところには東京LKよりも観劇レポートが多く集まる『ライオンキング』大阪公演です。

ライオンキング(大阪)    キャスト表はこちら
(大阪公演、大阪四季劇場)
    昨日 2月11日(水祝) →    本日 2月12日(木)
    キャスト異動なし

キャスト異動はなく、昨日と同じでした。

お友達がゲットされた、ライオンキング日本公演通算 10,000 回記念のクリアファイルです。 東京ではもう終わったんですかね?大阪でのプレゼントは、昨日から始まったようです。

IMG_20150212_150406.jpg

posted by 宇部産タマネギ at 21:01 | 劇団四季 |

2015年2月10日(火) 今週のキャストから(第7週その1)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>常連のお友達。

美女と野獣(名古屋)    キャスト表はこちら
(名古屋公演、新名古屋ミュージカル劇場)
    前回 2月8日(日)      本日 2月10日(火)
ビースト     中井智彦 →    佐野正幸
コッグスワース 青木 朗 吉谷昭雄
パベット 長橋礼佳 小川美緒
男性Ens. 柳 隆幸 4
影山 徹 9
山口泰伸 4
川村 英 9
女性Ens. 橋沙耶 2
吉田千恵 5
長寿真世 2
出口恵理 5

千秋楽まで、いよいよラスト2週になった『美女と野獣』名古屋公演です。 キャスト異動は上の表のとおりで、劇団四季公式Webサイトでの予告のとおりでした。

ビーストが今週から、佐野正幸さんに代わりましてお誕生日舞台だったそうです。 ファンにとっては、誕生日に舞台に出てらっしゃるのは嬉しいことですよね。

それから、先週から苫田亜沙子さんのベルがデビューしています。 お友達の感想によると、

「ベル・デビューして間もないとは思えないほど、いい意味で貫禄があって、堂々と、凛としたベルでした。

何と言っても、背が低めなのがとてもいい。 ビーストやガストンと並ぶと、可愛らしさが際立ちます。」

ということでした。 

image3.JPG

posted by 宇部産タマネギ at 09:22 | 劇団四季 |

2015年2月8日(日) 今週のキャストから(第6週その4)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

マンマ・ミーア!(東京)    キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[秋])  本日は千秋楽
    昨日 2月7日(土) →    本日 2月8日(日)
    キャスト異動なし

とうとう千秋楽になりました『マンマ・ミーア!』東京公演です。 千秋楽なんですが、記念品とかご挨拶とかはなかったそうです。

今日は2人のお友達から感想メールを頂きました。 

まず、「本公演の集大成と言っても一番の出来だったと思います。本当に素晴らしい公演でした!

特に岡本ソフィは素晴らしく、セリフが「言葉」となっており、さらに仕草、表情など全てが「ソフィ」その人そのものとして、舞台上に存在してました。

また、♪Take a chance on me ♪での野中ビルと久居ロージーのやりとり、劇場内を爆笑の渦に巻き込むくらいおかしかったです。 あんなに笑いを誘ったのは今までありませんでした。 ぜひ、早い時期に再演を期待しています。」

もうひとりのお友達からは、

「最後だからか、りきんじゃたのか、イマイチ〜な『マンマ・ミーア!』でした。 樋口さんもあれれな感じでした。 でも、野中ビルは面白かったです。」

というメールでした。 なお、劇場には四季の俳優さんたちが大勢来てらしたそうです。


今日のオマケは恒例の四季劇場前のライオン板です。 なんか、2月8日の下が中途半端に広く空いている気がしますが.....

14233842258560.jpg

posted by 宇部産タマネギ at 19:35 | 劇団四季 |

2015年2月7日(土) 今週のキャストから(第6週その3) 『マンマ・ミーア!』東京公演 前楽

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

マンマ・ミーア!(東京)    キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[秋])  明日が千秋楽
    昨日 2月6日(金) →    本日 2月7日(土)
    夜公演 キャスト異動なし

いよいよ明日が東京公演の千秋楽。 今日のお友達がご覧になったのは夜公演なので、前楽ということになります。 多分、今日から3公演続きというお客さんも多いんでしょうね。

お友達の感想では、

「もう一言、樋口ドナすごい!です(^_^)。 もうね、神がかっていたと言ってもいいくらい。 特に「手をすり抜けて」から「勝者が全てを」にかけては鳥肌がたったほどです。

それから八重沢ターニャですね。 高橋ペッパーをお子ちゃまとあしらう感じに妙に納得しました。 

それに、前楽だけあって、拍手もカテコも客席の息がピッタリ合ってた感じです。 カテコの最後の♪Waterloo が終わってからも何回だったか忘れたくらい幕が上がりました。」

ということです。

posted by 宇部産タマネギ at 23:48 | 劇団四季 |