2006年12月16日(土) 今週のキャストから(6)+おまけ

 

今日のキャストの動きです。最後に、オマケの話題が1件。

 

キャッツ!  (東京公演、キャッツ・シアター)
ジェリーロラム=
グリドルボーン
秋 夢子 木村花代
ジェミマ 王 クン 熊本亜記


 ジェリーロとジェミマに、昨日(金曜日)だけそれぞれ秋 夢子さんと王 クンさんが入ったのですが、結局それは昨日の1公演だけでした。今日の土曜日は昼公演、夜公演とも、今週レギュラーの木村花代さん、熊本亜記さんに戻りました。文字どおり、スポット登板だったわけです。

 

オペラ座の怪人  (東京公演、電通四季劇場・海)
女性Ens.9枠 世登愛子 中野聖子
 同 11枠 田窪万理子 世登愛子

 今週から9枠に出ていた世登愛子(せとあいこ)さんが、土曜日の夜公演では古巣の11枠に戻って出てきました。

 

 さて、オマケです。でも、本心では今日のメインの記事はこれです。

 私が作っている「宇部産タマネギの劇団四季キャスト表」は、劇団四季の「確定キャストフォン」を聞いて作っています。これによると、今月はじめから、「アイーダ」の女性Ens.3枠の出演者を みなみかほ とアナウンスしていました(12月9日の記事)。その時点で、(何かヘンだよね..)と思っていました。そして、昨日の記事に書いたように、「確定キャストフォン」のアナウンスは、12月15日から みなみちえ に変わりました。みなみちえ なら、以前からこの枠に出演していた 南 千繪 さんです。 しかし、四季の俳優さんではないけれども、南 果歩さんという女優さんが現実にいるわけですし、11月25日にたった1公演だけですが、マルシアさんが客演でアイーダ役として出演した直後ですから、他にも客演ということがあるのかも知れないし、と思いました。

 確認を取ったところ、結局、出演していたのは、南 千繪さんであることがわかりました。 キャスト表は、早速に訂正しておきました。

 

posted by 宇部産タマネギ at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]


メールアドレス: [必須入力]

入力したアドレスはブログ管理人(宇部産タマネギ)にしか見えません

ホームページアドレス:


コメント: [必須入力]