2006年1月24日(火) 今週のキャストから

 今の時期、東京の四季劇場・秋、名古屋、それと福岡と劇場が3つも閉まっているので、四季全体としては公演数が少ないです。今週現在で走っているのは、LK、PH、CATS、鹿鳴館、MM、ACL、そして、全国公演のCFYと人猫の8本。そして、今月末の31日(火曜日)には、全国公演の「クレイジー・フォー・ユー」が千秋楽ですし、その週の日曜日には、京都のACLも千秋楽を迎えますので、どんどん公演数が減っていきます。その時点では、6本になってしまうわけです。

 もっとも、6本が少ないなんていうのは、東京に5つも専用劇場を構えた去年以降くらいを基準に考えるとそうなるだけの話です。例えば5年前(2001年)の上演演目一覧を見てください。春、秋、名古屋、大阪、福岡で5拠点、それに加えて全国公演が同時に2本走ったとしても7本が精一杯です。5年でずいぶん手を広げたものです。

 さて、今週のキャストの動きです。あまり大きな動きはありませんけど。

 「クレイジー・フォー・ユー(全国公演)」

 11月からスタートした全国公演も、とうとう最後の1週間、あと5公演を残すだけとなりました。来週の火曜日、31日に和歌山市の公演が千秋楽です。キャストは、年が明けてからずっと同じです。おそらく、最後まで荒川ボビーなんでしょう。東京もそうなんでしょうか?

 「人間になりたがった猫(全国公演)」

 こちらも、今週はキャストの動きはありません。アンサンブルのキャストの一部入れ替えが先週ありましたが、主要キャストは不動です。

 「キャッツ(東京)」

 今週から、マンカストラップが趙 宇(ちゃお ゆぅ)さんに戻りました。青山祐士さんのマンカスは1週間だけでした。なんでこういうことになるんでしょうね?

 また、先週の土曜日からマンゴジェリーに百々義則(もも よしのり)さんが入っています。その前は、福岡の「美女と野獣」で、ルミエール役で出演されてました。それから、今週からマキャが赤瀬賢二さんから片山崇志さんに代わっています。

posted by 宇部産タマネギ at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]


メールアドレス: [必須入力]

入力したアドレスはブログ管理人(宇部産タマネギ)にしか見えません

ホームページアドレス:


コメント: [必須入力]