2005年10月18日(火)
最長不倒記録候補?羽根渕ティモン

 今週も今日から、劇団四季の各公演が始まりました。今日から始まったのは「オペラ座の怪人(東京)」「キャッツ(東京)」「アスペクツ・オブ・ラブ(東京)」そして「ライオンキング(名古屋)」の4つです。それ以外は明日から始まります。「クレイジー・フォー・ユー(広島)」は今週が最後で、23日(日曜)が千秋楽です。 「オペラ座の怪人(東京)」  高井さんの怪人、佐野さんのラウルは続投。今週のカルロッタは種子島さん、ピアンジは半場俊一郎さんがそれぞれシングルで務められるようです。クリスティーヌは高木美果さんが続投。当分は、苫田さんと高木さんでいくんでしょうか。沼尾みゆきさんという手もありますが、沼尾さんは「美女と野獣」のベルで評判いいらしいです。脱線しますが、今週からベルは五東由衣さん。京都公演ではよく出演されてましたが、キムさんビーストとのバランスはどうなんでしょう?  ムッシュー・ルフェーブル役をずっと務めておられた鈴木周さん。先週までで連続21週だったのですが、今週から岡本隆生さんに交代です。長い間、お疲れ様でした。次は何に出演されるのでしょう。 「キャッツ(東京)」  夏場には、盛んにワケワカランキャストの入れ替えをやってたキャッツですが、このところ平穏です。今週から、増本藍さんが久々にボンバルディーナで登場。ザングラー・フォーリーズの広島公演でダンスデレクター(ザングラーさん風に...)だったはずが急遽降りて、2週間で猫に変身されたわけです。 「アスペクツ・オブ・ラブ(東京)」  先週とキャストの変更なし。 「ライオンキング(名古屋)」  東京のライオンキングは明日から始まるのですが、スカーが名古屋と東京で入れ替えになっています。野中万寿夫さんが今週の名古屋のスカーです。栗原英雄さんが東京に行ってしまいました。こういう入れ替えってよくあるんですが、どういう意味があるんだろう?私自身がLKはほとんど見ないからわからないだけなのかな? 同じ演目で同じ役で動いても気分転換にはあまりならないと思うんだけど。もっとも、家族が東京に、あるいは名古屋にいる人なら帰れるから嬉しいだろうけど(うわっ、会社員的発想!)   伊藤さんのザズ、小原さんのエド、それから女性アンサンブル6番の齋藤美保さん、結構長くなっています。あ、今週から小原さんのエドは、古野健さんに交代になっていますけど。ちょっと調べたら、伊藤さんのザズは2月から、齋藤美保さんは5月からです。東京と名古屋で頻繁に入れ替えをする役がある一方で、こういうのもあるんですね。  はい、ここで(羽根渕さんを忘れて何言ってんの?)と思わなきゃいけません。羽根渕さんは、名古屋LKの開幕からずっと丸々1年半も名古屋のティモンです。それこそ、1日も休まないで。(何週になるんだろう?今度ヒマなとき数えてみよう)。名古屋LKは来年1月で先週楽ですけど、東京に移ってティモンを続けることができたら、青山弥生さんのロージィ(「マンマ・ミーア!」)の記録を抜けるかも。   それから、女性アンサンブル10番だった村上絵里子さんが抜けて、今週から岩渕夏子さんに。村上さんはどこに行くんだろう?私の希望としては、コーラスラインに出て欲しいな。それか、少しお休みしてから、「マンマ・ミーア!」のアンサンブル6番に戻ってきてもらって、代わりに片山加奈子さんが5番に移って、大田未稀さんをお休みさせてあげてほしいな。
posted by 宇部産タマネギ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]


メールアドレス: [必須入力]

入力したアドレスはブログ管理人(宇部産タマネギ)にしか見えません

ホームページアドレス:


コメント: [必須入力]