2005年10月5日(水) その1
広島CFY開幕

「クレイジー・フォー・ユー(広島)」  新都市公演の第3弾、広島での公演が今日から始まりました。 主なキャストは、結局のところ変わらず。私としては、九州方面で流れているCFYのTV-CFが荒川ボビーなので、静岡・仙台とは違って、荒川ボビー&花代ポリー を期待していたのです。でも、荒川さんは大阪でサムってるし、花代ちゃんは急に福岡でベルが回ってきたのが分かってるので、月曜の時点で諦めてました。  荒川さんが今、ボビーをやるとどうなるか? 踊る、芝居、小技、大丈夫。でも、喉が辛そう。「♪やればできるでしょう〜」「♪やるしかないだろ〜」 ご心配なかたは、大阪で「マンマ・ミーア!」をご覧になってください。  それから、今日になってテスが増本藍さんではなく、有永美奈子さんに代わったのはちょっと驚きました〜。そして、確定キャストフォンを聞いたら、アンサンブルのほうは、静岡や仙台よりは入れ替えが多かったので、またまたちょっと驚きました。  ムースが荒木勝さんから川辺将大(かわべまさひろ)さんに、サムは田中廣臣(ひろおみ)さんから岩城雄太さんに。サムは、静岡と仙台と広島では、それぞれ違う方が演じることになりました。8月に静岡でCFYを見たとき、全体としてはテンションが高くて、バランスの取れたキャストで大満足だったんですが、敢えて言うなら、ムース・ミンゴ・サムの3人が弱いというのが不満でした。3人のうち2人代わったら、いい感じになってるかも知れません。  女性アンサンブルでは、パッツィーが石塚智子さんに代わって、池末絵己子さんに。今年、研究所に入ったばかりでパッツィーをやるとは。そして、ルイーズには大石眞由さんが。大石さんは、今年の公演では、当初キャスティングされてなかったと思ったんですが、いつの間にか入ってますね。そして、私がCFYをこれまでで一番集中的に観た2000年の福岡公演のときもルイーズで出演されてました。そのときは、鍋谷明さん、朝比奈ゆり子さん、三瀬七海さん、といったベテランの中では大石さんは新顔だったんですが、今年の顔ぶれを見ると、いつの間にか大石さんがベテランになってます。5年でこんなに入れ替わるんですね。 ちなみに、この2000年福岡公演のときのパッツィーが、谷内愛さんです。見事にネジが飛んだはじけっぷりは今でも忘れられません。  それから、池末絵己子さんがパッツィーにスライドしたので、空いたベッツィーには市川友貴さんが入ってます。市川さんも、LKに出たり、アイーダに出たり大変です。  「おい爺さん、昔ばなしはもういいよ」 って言われそうなので、この辺でやめときます。
posted by 宇部産タマネギ at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 劇団四季 |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]


メールアドレス: [必須入力]

入力したアドレスはブログ管理人(宇部産タマネギ)にしか見えません

ホームページアドレス:


コメント: [必須入力]