2011年6月1日(水) 「リトルプリンス2011」2日目 2幕からキャストチェンジ の段

いろいろなことがあるものです。

今夜も、音楽座ミュージカル「リトルプリンス2011」東京公演を観てました。 そしたら、

昨日が初日で今夜はまだ2日目。 キャストは昨日と同じなのに、1幕で細かいところが違うんです。 何かヘンだな〜、という気はしました。 昨日と今日とでイチバン違ったのは、1幕最後のナンバー ♪アストラル・ジャーニー で、宮崎祥子さんの王子が踊らなかったことです。 サークルの中央に登ったままで、下に降りてきて渡り鳥たちと踊らないんです。 私は、昨日の記事で、まぶしいこと、誇らしいこと と書いた場です。 なので今日もこのナンバー、楽しみだったのですが。  (なんでこんな風に変えたんだろう?何か、映像収録のための事前確認でもやってるのかな?) と思いました。

1幕が終わった直後、突然下手袖に、音楽座ミュージカルの石川聖子さんがマイクを持って登場。 うろ覚えですが、アナウンスの要点はこういうことだったと思います。

『王子役の宮崎祥子が負傷しまして、1幕では階段の上り下りやダンスができませんでした。 大変申し訳ございません。 2幕では、王子役は高野菜々、花役は井田安寿に交代させていただきます。 楽しみにして下さっていたお客様には大変申し訳ございませんが、精一杯やらせていただきますので、どうぞ引き続きご観劇ください。』

その後は、つつがなく2幕の舞台が進行。 はからずも、高野菜々さんの王子を今日観ちゃいましたので、1日で両方の王子を観ることができました。

終演後、劇場ロビーに置いてあるキャストボードには、このようなキャストチェンジのお知らせ貼り紙がしてありました。

「本日一幕上演中に、王子役の宮崎祥子(赤組)が左足の肉離れを起こし、急遽二幕からはダブルキャストの高野菜々(青組)が王子役を、井田安寿(青組)が花役を、佐久間智恵(青組)が渡り鳥役を務めました。」

私としては、東京公演は思い切って休んでしっかり治療して、キッチリ治してからまた元気な王子の姿でお目に掛かりたいです。 私の大事なお姫様ですから。

<追記> 夜11時半過ぎに見ましたら、音楽座ミュージカルの公式Webサイトにもお知らせが出ました。 明後日以降のキャスティングは、改めて発表するとのことです。 <追記終わり>

posted by 宇部産タマネギ at 23:17 | Comment(0) | 宮崎祥子 |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]


メールアドレス: [必須入力]

入力したアドレスはブログ管理人(宇部産タマネギ)にしか見えません

ホームページアドレス:


コメント: [必須入力]