2010年12月11日(土) 音楽座ミュージカル「ホーム 〜はじめてテレビがきた日〜」 7日目

音楽座ミュージカル「ホーム ~はじめてテレビがきた日~」の東京公演7日目。 私は、順調に劇場通いを続けております。

3日目くらいから、出演者の皆さんの力がうまい具合に抜けてきました。 強すぎず弱すぎずの適度な「しなやかさ」の集中力にず~っと包まれたまま、一気に物語を見せてくれています。 第1部の所要時間は60分くらいだと思うのですが、私は3日目くらいから、この60分がその半分くらいに感じられるようになりました。

場面転換が多い演目なので、暗転している間にしょっちゅう片付けをやっています。 そうなると、片付け忘れて何かが残ってしまうこともあるわけで。 タマネギ的注目は、麻雀の点棒の箱です。 2日目の公演では、箱が次の場面まで残ってしまい、かなりキワドイ片づけかたをしてました。 今日も、ちょっとハラハラしました。 (タマネギは何を見てるんだか)

さて、お目当ての宮崎祥子さん。 母親代わりの幸枝(さちえ)の役です。 役が一度すっかり自分の身体の中に入って、物語の中で自分の身体ぜんぶが自然に反応してるって感じの姿をしてますし、今までのどの出演作品の中よりも、イチバン役に集中できてる作品だと思います。 その分、毎日、ヘロヘロになってるに違いないですけど。 今回で、宮崎祥子ファンが増えること間違いなし、だと思っています。

posted by 宇部産タマネギ at 00:37 | Comment(0) | 宮崎祥子 |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]


メールアドレス: [必須入力]

入力したアドレスはブログ管理人(宇部産タマネギ)にしか見えません

ホームページアドレス:


コメント: [必須入力]