2010年12月5日(日) 音楽座ミュージカル「ホーム〜はじめてテレビがきた日〜」 初日

DSCN1667a.jpg

今日は、音楽座ミュージカル 『ホーム~はじめてテレビがきた日~』 初日でした。

宮崎祥子さんの音楽座ミュージカル再出発の作品ですから、私はもちろんしっかり初日から見てきました。

宮崎祥子さんの役は、「幸枝」。 主人公の山本哲郎(佐藤伸行さん)の妹の役です。 宮崎さん自身のリアル年齢より若いところから、白髪が混じったおばあちゃんに近いところまで演じます。 リアル年齢より上を演じるのは、初めてじゃないかしら? 

前回の出演は、『シャホン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ』の里美役でした。 それより、出番はとっても多いです。 台詞も多いです。 なので、よっぽど楽しめます。

今日、初日が開いたばかりなので、お話の中身は詳しくは書きません。 でも、中身は、この演目のチラシの絵から最初に受けたイメージとは全然違いました。 その意味では、このチラシはかなり的外れで、失敗作に近いと私は思います。 ただし、『はじめてテレビがきた日』 というサブタイトルのほうは、このストーリーに込められた大事なもののワザと一歩手前に外したところを婉曲表現で指しているように思います。 

宮崎祥子さんのことを書きます。 宮崎さんは「幸枝」だけではなくて、オリジン役でも出ているようでした。 幕が上がって最初のプロローグの場面で、オリジンがゴニョゴニョしている中にもいましたし、その次の2回目にオリジンたちが出てくる場面にもいました。 それ以降のオリジンたちの場面では、見つけられませんでした。 2回目にオリジンたちが出てくるときは、その前に幸枝は下手にはけていくけど、オリジンでは上手から出てくるのでご注意。 (タマネギったら、なにを見てるんだか)

自暴自棄になってる兄に噛みつく場面では雀卓を蹴飛ばしてしまいそな勢いだったし、「新しい洋服を....、髪型を変えても....」と夫に不満をブチかます場面も迫力満点でした。 個人的には、ちょっと身につまされる台詞で耳が痛かったデス。 可愛い系ヒロインのミュージカル俳優もいいのですが、これからはいい芝居をやれる役者のほうに軸足を移していってほしいです。

7月のミュージカル座公演「ひまわり」以来、ほぼ半年ぶりに宮崎祥子さんの舞台を観られた、幸せな日曜日でした。 

<追記> 公演プログラムの中に、今後の公演予定が書いてありました。

音楽座ミュージカル「リトルプリンス2011」 星の王子様
東京公演 ル テアトル銀座 2011年5/31(火)~6/12(日)
大阪公演 イオン化粧品シアターBRAVA! 6/25(土)、26(日)
広島公演  ALSOKホール 7/2(土)
ホームタウン公演 町田市民ホール 7/7(木)、8(金)

*「リトルプリンス2011」ってタイトルになっていますから、内容を前回の2008年のときとは変えるんでしょうね。 私も見直したほうがいいと思います。 「おいしい水」 Agua de Beber なんて、ジャズナンバー中心になったりしてね。これは冗談です。

それから、2011年秋 新作公演を予定 ともあります。 「リトルプリンス」と新作公演を対象にした2011春オーディションもあるようです。

posted by 宇部産タマネギ at 19:08 | Comment(1) | 宮崎祥子 |
この記事へのコメント
初日おめでとうございます。

祥子ちゃんの舞台をご覧になるの、何日ぶりですか?
相変わらず可愛いかったんでしょうね。
久し振りの祥子ちゃんレポ、私の中のタマネギさんのブログは、やっぱりこれじゃないと。

よう観に行きませんが、祥子ちゃんがまた舞台に立たれて、私も嬉しいです。
Posted by nakamura at 2010年12月06日 01:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]


メールアドレス: [必須入力]

入力したアドレスはブログ管理人(宇部産タマネギ)にしか見えません

ホームページアドレス:


コメント: [必須入力]