2008年9月20日(土) 音楽座ミュージカル 「七つの人形の恋物語」大阪公演

 音楽座ミュージカル「七つの人形の恋物語」 大阪公演に行ってきました。 場所は、大阪城近くの、かつて劇団四季が「ライオンキング」や「キャッツ」の大阪公演をやっていた、以前の大阪MBS劇場です。 今は、イオン化粧品シアターBRAVA! という名前になっています。 

 私こと、宇部産タマネギが応援している宮崎祥子さんのムーシュは、東京公演よりもずっと、「なりきりムーシュ」だったと思います。 そして相方の、広田勇二さんが演じるキャプテンコック/レイナルドも、東京公演よりずっと、血の気が多いキャプテン/レイナルドに見えました。 赤血球パワー全開で(笑)。

 宮崎祥子さんの出演リストを更新しました。 それから、今回の大阪公演では、東京公演と比べて出演者が、1名増になっていました。 篠崎達哉さんです。 キャスト表も更新しておきました。 

 大阪公演では、東京公演と比べて、分かりやすく&シンプルに見せるための変更点がいくつかあったように思いました。

 「あの娘(こ)には、人形に見えてねぇんだな」 とゴーロに言わせるひとことが加わっていました。 実際、ムーシュは彼らが人形だとは、これっぽっちも思っていません。 目の前で繰り広ろげられるもの、それが彼女にとっての現実、なわけで、それに自然に没入してしまえるのがムーシュですから。 それでいて、(実は、あれはそれぞれ個性を持った人形なんです)、 という「作り手の意図」を伝えるために役立っていると思います。

 ムーシュの陵辱の場面。 ここは、東京公演より、あっさりめになっていたと思います。

 ムーシュの歌詞が、一部カットされてしまいました。 キャプテンの中の利己的で残忍でひねくれた部分が、七体の人形たちの良心に責められる「水底の記憶」の場です。 この場の後半では、キャプテンが自分自身の中でミシェルの部分を押し殺してしまおうとして悩む心情を歌い上げているわけですけど、東京公演では、この部分がムーシュとの二重唱でした。 でも、大阪公演では、 歌詞が一部カットになってしまって二重唱ではなくなってしまい、ムーシュの歌としては、キャプテンが歌い終わったあとで、「♪なぜだろう、閉じた窓から...」だけをソロで歌うようになってしまいました。

 これは、とっても残念です。 私は、はっきり言わせてもらえば、これは改悪だと思います。 削られてしまった歌詞、「♪あの人は知らない、本当の温もり。。。」 これをムーシュの口から言わせておかないと、 「♪なぜだろう、閉じた窓から...」 だけを歌っても、大事なことが伝わらなくなってしまうと思うのです。 ムーシュの意識のなかではムーシュ自身が気がついていることといないことがあって、そのはざまで心に映りゆくいろいろなよしなしごとがある、ということや、それから、気がついていないこと、というのは、実はムーシュ自身が本当はうすうす気がついているんだけど、実はそう思いたくないから、わざと逃げて自分から遠ざけているんじゃないか、とか、 削られてしまったあの歌詞のウラ側には、そういう「思い」が込められていると思っていたのです。  「♪あの人は知らない、本当の温もり。。。」 ここはぜひぜひ、元に戻してほしいです。

 フィナーレに近い場面。 倒壊する劇場の中でムーシュをかばって、代わりに重症を追ったミシェル。 今日は、このときのミシェルの声が、私にはレイナルドの声とはっきり同じに聞こえました。 ひょっとしたら、東京公演の後半くらいからそうしていたかも知れませんけど、残念ながら記憶が定かでありません。 これで、レイナルドは実は、キャプテンの中でムーシュに恋焦がれるミシェルの部分の具現だったということのわかりやすい謎解きになっていると思います。

 1幕冒頭、 沈んでくるミシェルを川底で待ち構えている海草。 いえ、川だから、海草じゃなくて水草ですね。 あの水草の動きって、本当に水底で揺らいでいるようで見事だと思いませんか。 そして、この場面で流れるメロディも、実に巧妙だと思います。 2幕で出てくる「愛しのロクサーヌ」のメロディですから。 このメロディを1幕冒頭でのここで使って、ミシェルとキャプテンと、そしてレイナルドが実はつながっていることが、それとなく暗に伝わります。 

 でも、ミシェルが転生して現世に戻っていたあとの、キャプテンの現れ方が大阪公演では下手から歩いて現われるように変わっていました。 歩いて現われながら、水面に上がっていくミシェルを見上げてるんです。 それって何? 私は、東京公演のように、ミシェルがみなもにあがって行ったあと、いつの間にか、水草たちの中央にキャプテンが姿を現すほうがいいと思うのですけど。 ミシェルとして現世に戻っていったものと、ミシェルの人格の中には入らなかった異質のもの、つまり「残りもの」、 それがキャプテン、というように受け取れると思うので。

posted by 宇部産タマネギ at 01:50 | Comment(3) | 音楽座ミュージカル/Rカンパニー |
この記事へのコメント
残念ながら私は、行けませんでした。もし次回宮崎さんが、またお出になられるなら行けたらなと思います。それにもう少し近い近い会場だといいんですがね。大阪城ホールにはしょっちゅう行ってましたが旧MBSは、今年2月にプロデューサーズを観に行きました。異国アイーダ以来3回目です。ですのでどこがどう変わったか分かんなかったですが、多分殆ど手を加えてないのかな?
Posted by ayupans at 2008年09月21日 09:51
お疲れ様でした。
って、ひょっとしたら、今日も、ですか?(笑)

1度だけの観劇では、わからないことだらけでしたが、
このゴーロのセリフは、言ってもらって良かったです。
初見では、人形だと思ってはいても、あまりに人間なので(変な表現ですみません)、モヤモヤした状態でしたから…。
このセリフでとても、スッキリしました。
Posted by nakamura at 2008年09月21日 10:39
ayupansさん
 私が最後に大阪MBS劇場へ行ったのは、確か大阪CATSの前楽だったと思うので、7年ぶりくらいでした。キャッツの観劇中に地震に揺られたりとか、ちょっと思い出のある劇場です。でも、今回、内装はほとんど変わっていなかったような気がしました。客席の椅子の座り心地の悪さも、以前のままだったような。
 再演ときは、たぶんまたムーシュをやると思うので、次回はぜひ見てください。

nakamuraさん そうですよね、うまい一言だと思います。それにしても、アトムさんのゴーロはいい味出してましたね。
Posted by 宇部産タマネギ at 2008年09月21日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]


メールアドレス: [必須入力]

入力したアドレスはブログ管理人(宇部産タマネギ)にしか見えません

ホームページアドレス:


コメント: [必須入力]