2008年8月24日(日) 音楽座ミュージカル 「七つの人形の恋物語」 第2日

 今日は、マチソワで行ってきました。 赤坂ACTシアター、 音楽座ミュージカル 「七つの人形の恋物語」 です。

 もう、全体がどんどんよくなっています。 ムーシュ(宮崎祥子さん)について言えば、今日は、本当にムーシュという女の子がいて、その子が自然に宮崎さんの身体を使って生きているような気さえしました。 

 タマネギ的に、いちばんお気に入りは、劇中劇の「シラノ・ド・ベルジュラック」ですね。 ここは、ムーシュがアリを励ましたり、歌いながらレイとアリに歌詞を教えます。 ムーシュはただ目の前のことに必死なんだけど、それで一座のみんなが束ねられている感じがいちばん強く感じられます。

 劇中劇の 「シラノ・ド・ベルジュラック」 の前には、レイナルド(広田勇ニさん)の 「愛しのロクサーヌ」 があります。 熱唱です。 ロクサーヌがいとしいと言っているけど、 本当にいとしいのは、ムーシュです。 彼の目線は、2階でお掃除しているムーシュをずっと追いかけています。 見てて切ないです。 そして、 このときムーシュはレイナルドに気がつきませんが、でも、ムーシュも何か感じるんですね。 

 ダンスが楽しめる場面はいくつかあります。 その中で、ムーシュのダンスは、ジプシーのところですね。 エレガントです。 それから、相手役のバロット(安中淳也さん)の振りには、「リトルプリンス」のキツネと同じ(に見える)振りがあったり、バロットとムーシュが踊るところでは、「アスペクツ・オブ・ラブ」のジェニーみたいなシーンもあったりします。 アスペクツと言えば、ゴーロの小林アトムさんも、かつて出演していましたっけ。

 最後は、どうなったんでしょう。 人形劇一座は、「キャプテン・コック一座」から、「ミッシェル・ペエロ人形劇一座」(だったかな?)に名前を変えて興行を続けているようです。 ジジもちゃんといて、 人形たちはみんな幸せそうです。 背景も、この作品では多分この場面まで使わなかった緑を基調にしていて、 今までとは違うということがわかります。 キャプテンは、月並みな言葉で言うと改心したんでしょうね。

 音楽座ミュージカル公式Webサイトによると、月曜日の公演(夜公演です)、若干枚の当日券があるそうです。

 

 ところで、3公演見ると、昨日だけでは気がつかなかったいろいろなところが見えてきます。

 なによりも、 いろいろなところに別の場での謎解きになるようなネタが仕込んであるような気がします。 

 いちばん、引っ掛かるっこと。 どう見たって、7体の人形の中で、にんじんさんだけはキャプテン・コックが転生(?)して人形たちを作る前のことや、 両親のことを知ってますよね。 あれって、にんじんさんには、キャプテンの良心が他の人形たちよりも特別に強く込められている、ということになっているんでしょうか。 レイナルドがムーシュにお別れのプレゼントで渡す母親の襟巻きは、母親が男たちと戯れているときに拾っています。 この点、とっても頭がこんがらがっています。

  吊りロープで沈むところ、

 あれって、吉田さんがやってらっしゃるんでしょうか。 だとしたら、ものすごく練習されたんでしょうね。 うつ伏せのまま、ふわっ〜と沈んできて、途中から今度はごく自然に、水中のように(笑)あお向けにひっくり返ってちゃんと止まるんですからすごいです。 

 原作本のこと、

 ロビーの物販コーナーで、今日は、王国社の原作本「七つの人形の恋物語」を売っていました。 昨日は角川書店のものしか置いてなかったですよね。 中身は同じなんでしょうか。 訳者は同一人物のようですけど。

  昨日の記事で、 1幕70分、休憩20分、2幕75分 と書きましたが、 カーテンコールを含めるともう少々長いです。 今日は、5回くらいのカーテンコールが終わったあと、バンドさんのエピローグの演奏が終わらないうちに出ましたが、それで、全体で合計2時間50分でした。 終演後の、俳優さんたちの送り出しを楽しんでいると、もっと掛かります。

 ところで、 音楽座って、「海」とか「水」が好きですか? 「リトルプリンス」のときも、「水の惑星」というシーンがありました。 今度も、ムーシュが立ち直るきっかけのところで、「私はマレル 私は海」と言って自分を取り戻します。  でも、ムーシュの本名は、原作でマレル(海)・ギュイゼックなんだから、 ここと結びつけた脚本家がスマートなんでしょうね。

posted by 宇部産タマネギ at 23:43 | Comment(5) | 音楽座ミュージカル/Rカンパニー |
この記事へのコメント
「七つの人形〜」の原作が大好きで、はじめてRカンパニーさんのミュージカルを拝見しました。いまだ余韻覚めやらず、ブログを覗かせていただきました。

確かに、レイナルドはロクサーヌを通してムーシュに愛を語っていますが、本当はそれは、キャプテン自身の愛の言葉なんですよね。
人形たちの言葉や行動は全てキャプテン自身の押し込められた本心であるのに、キャプテンもムーシュもその現実から敢え眼を逸し続けています。ムーシュなんて、キャプテンに虚構の世界では優しくされ、現実世界では冷たくされるわけですから、好きになればなるほど憎まずにはいられないし、人形=キャプテンという現実を受け入れれば自分が壊れてしまう。
そういう部分を意識しつつ観ると、何重構造にもなっていて、かなり深〜い恋愛物語です。

ミュージカルの出来は本当に素晴しかったですが、二人の恋愛感情についてはさらっと省かれて、分かりづらい部分もあった気がするので、ぜひぜひ小説を読んでいただきたいです(^-^)きっと色んな疑問も解決すると思いますよ。

原作本は単行本・文庫ともに同訳ですが、個人的にイラストなしの文庫本の方がミュージカルを反芻できて、お勧めです。
通りすがりで長々と乱文を失礼致しました
m(_ _)m



Posted by ペレット at 2008年08月25日 22:23
どうも♪

吊りロープは吉田君じゃありません♪
片山千穂ちゃんが演っています♪

にんじんさんはミッシェルの子供の時の人格です♪
レイは母親に甘えたかった人格つまりミッシェルの愛されたいと思う心です♪

最後はジジの言葉で解かる様に「あたし達は同じミッシェルだものね」でミッシェルに戻った形ですね♪
 
まだまだ進化すると思うので目が離せません♪

それじゃまた♪
Posted by オヤジ♪ at 2008年08月26日 10:49
ベレットさん、おやじ♪さん こんばんは

オヤジ♪さんの説明、なるほど。ありがとうございます。わからないのは、なぜ、にんじんとレイにその役割を持たせたか..


私は、単刊本から入ったので人形たちのイメージも含めてそちらが好きです。文庫本は、まず、表紙のカバーイラストがどうもね。
Posted by 宇部産タマネギ at 2008年08月27日 00:40
タマネギさんこんばんは。原作読みました。お芝居は残念ながら拝見していませんが、宮崎さんには無垢な魂の役が似合うのでしょうね。今回のお話も根本の所は星の王子様と同じ気がします。原作だけでも読めてよかったです。
Posted by 千尋 at 2008年08月30日 19:09
千尋さん こんにちは
そうです、純真とか無垢とかいう言葉が似合うと、かねがね思っています。夢醒めのハンドベルの子供の印象から抜けきれてないのかな、私(笑)。
Posted by 宇部産タマネギ at 2008年08月31日 11:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]


メールアドレス: [必須入力]

入力したアドレスはブログ管理人(宇部産タマネギ)にしか見えません

ホームページアドレス:


コメント: [必須入力]