2008年8月23日(土) 「七つの人形の恋物語」 初日

 音楽座ミュージカル/Rカンパニーの「七つの人形の恋物語」、 本日が初演でした。  前の記事にちょっと書いてしまいましたが、 本当に「音楽座渾身の新作」って感じです。 さて、ネタバレにならないように書きましょう。

 今日は、音楽座での新作の初演というだけじゃなくて、このポール ギャリコの「七つの人形の恋物語」が舞台化されたのは世界でも初めてなんでしょうから、舞台版の世界初演でもあるのかな?

  思っていたよりずっと分かりやすかったです。 でも、これからご覧になるかたは、ぜひ一度は原作を読んでからご覧になることをお薦めしますです。 角川書店から、今日、発売になったものなら手に入りやすいでしょうから。 私は王国社のものを呼んでいきましたが 、読んでいってゼッタイよかったです。 読んでないと、 1幕冒頭のあの場面はどこなのか、想像もつかないでしょう。 

 まだ今日の初演1回きりしか見てませんが、感じたことをいくつか書いてみます。

 いちばん強烈に思うのは、音楽の力強さです。 台詞より雄弁、とでも言いましょうか。 「リトルプリンス」の時も、地球の砂漠の場面、王子の星の場面、渡り鳥の場面、などそれぞれモチーフ(というのかな?)になる旋律が決まっていて場面つくりをしていましたけど、 この「七つの人形の恋物語」では、場面ごとの雰囲気つくりにもっともっと強力な役割を果たしていると思います。 登場人物のイメージは、ある程度なら原作を土台にできますけど、音楽はそうはいきません。 何もないところから作ったクリエイターがすごいと思います。 近々2階席から見るチャンスもあるので、そのときは、照明も楽しんできます。 

 7つの人形たちと、7人の登場人物のイメージがぴったりでした。 タマネギ的ピカいちは、大場泰正さんのムッシュ・ニコラ。 次に、野田久美子さんのジジ、 清田和美さんのマダム・ミュスカも。  キャプテン役の広田勇ニさんが、レイナルドも1人2役でやるとは、今日舞台を見てて初めて知りました。 陽の部分はレイナルドに、陰の部分は全部キャプテンに、という感じでした。 

 2幕に、原作にはないお話を入れて、つまり音楽座オリジナルの部分を差し込んで、かなり膨らましていると思います。 それが、音楽座が「今」伝えたいこと。 音楽座がこの作品で伝えたいメッセージは何か。 それは見た人ごとにどう受け取るか次第で違うんでしょうけど。  

 「アタシ、何にもできない。何の役にもたたない。」と思ってるムーシュ。 でも、自分を傷つけなさそうだと安心できる相手(人形たち)には心を開けるし、そういう人たちの役に立つことができる。 しかし、 そうでない人(キャプテン・コック)とは、うまくやっていけない。 向うも接し方がヘタだけど。 そういう、他人との距離感で人間関係につまずいてしまう縮図を見せているように思います。 「家族は離れてちゃいけない。守りあわなくては。」 というのも、一つのメッセージかと。 う〜ん、何となく感じてることは沢山あるんだけど、なかなか言葉にはならなくて、もどかしいです。

 フィナーレは、見覚えのある場面です。 これって、本当は、本人が気がついていないだけで、誰にでもきっかけはあちこちに顔を出しているんだよ、というメッセージなんだと思います。

 

 さて、 ムーシュの宮崎祥子さん。 書き出すときりがないので(笑)、1言だけ。 原作を読んだ時点でわかることですけど、 ムーシュはこれまでに宮崎さんが出演したどの作品のどの役よりも、芝居の要素が重い作品であり役になると思います。 ご苦労されたようでした。 そして、2幕の幕が開くと1幕とはまるで違っていきなりノッていました。 「リトルプリンス」の王子のときも同じように感じたことを思い出しました。 

 上演時間は、1幕が70分、休憩が20分、2幕が75分、 と看板が出ていました。

 ムーシュのジョーク、 「鳥の巣」はウケませんでした(笑)。 それに、そういえば、最近は家庭の台所でハエが飛んでるなんてないよな〜、と思いました。 ハエを見たことがない子どももいるんでは?  かく言う我が家でも、ハエはいません。子どもたちは、見たことはあると言ってます。でも、蝿取り紙は知りません。 ゴキブリは時々出るので、ホウ酸ダンゴってやつを置いてますけど。  あ、脱線はこの辺で。

 

 <追伸> TBSの「ブロードキャスター」で紹介される、というので、TBSはスポンサーだし、ひょっとして初日パーティの様子とか写るかも!と期待していたら、何ですかあの内容。 10秒ありましたか? がっかり。 即座に消去しました。 <追伸終わり>

posted by 宇部産タマネギ at 01:03 | Comment(4) | 音楽座ミュージカル/Rカンパニー |
この記事へのコメント
早速楽しまれたようで、、パーティーもいかれました?

長いんですね やっぱりあれだけの事を入れるとしょうがないでしょうか
(最終列車は覚悟してますが、タクシーとか捕まりやすいでしょうか?)

短いですね DVD早送りで探したのに、2回も見逃してしまいました あれはないんじゃない?ですか 何の話かも分からないですね カメラが入ったんで他の番組でももう少し取り上げて欲しいですね
Posted by まほちち at 2008年08月24日 02:45
おはようございます。
パーティは行きませんでした。

平日ソワレの19時開演だとしても、最終の新幹線の22時には楽に間に合うと思います。タクシーがつかまればそのほうが確かに速いかも知れませんが、私なら、千代田線の赤坂から乗って二重橋前で降りて、あとは歩いてしまいます。それか、日比谷で降りて有楽町駅からJRに乗ってしまいます。
Posted by 宇部産タマネギ at 2008年08月24日 06:07
やはり初日行かれてたんですね

わたしは行けませんでしたが旦那のみ行ってます(笑)
しっかりパーティーにも参加してきたようです

今日もチケットの残り具合で観劇するかも...だそうです^^;

広田さんが二役されているのは聞いてちょっとびっくりしました
まったく別の雰囲気だといってましたけどすごく気になります

ブロードキャスターの映像、あの一瞬だけとは思えず最後まで録画してました。ほんとにちょこっとでしたねぇ
お客さんへのインタビューとか撮っていたと聞いたので楽しみにしてたんですけど
どこかで放送されるのかなぁ...
Posted by あお at 2008年08月24日 11:15
あおさん こんにちは

 広田さんの二役は、見事に二役になってると思います。分かって見てる人は別にして(笑)、気がつかない人が多いかも。それに、見た目にキャプテンとレイが両方舞台に出てないと困るときは、ちゃんとダミーが出てるのでなおさら分かりにくいです。ダミーは萩原さんのようです。
 広田さんは、歌と台詞でずいぶん雰囲気を変えられるので(と私は思っている)、熱唱があるレイと陰陰滅滅としてるキャプテンにそれぞれうまくマッチしてます。でも、自分の目で見ないと..ほら、だんだん赤坂に引力感じてきたでしょう?
 土曜日のマチネソワレで、ソニーのビデオ撮りが入るようです。 いろいろなパーツは、そういう成果物にメイキングみたいにして入るんじゃないでしょうか。
 それでは、そろそろ今日も赤坂に向けて出発します。 
Posted by 宇部産タマネギ at 2008年08月24日 11:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]


メールアドレス: [必須入力]

入力したアドレスはブログ管理人(宇部産タマネギ)にしか見えません

ホームページアドレス:


コメント: [必須入力]