2016年9月29日(木) 今日のお友達情報から(第40週その3)

今日も『ウィキッド』札幌公演の情報が届きました。 今日も、キャスト異動はなく、安泰でした。

ウィキッド (札幌) キャスト表はこちら
(札幌公演、北海道四季劇場)
 昨日 9/28(水)今日 9/29(木)
 キャスト異動なし

今日の『ウィキッド』レポートは3人から頂きました。 終演後の、オフステージイベントの効果ですかね笑。 北海道外から集まってくるお客さんも多いようです。 『ウィキッド』は、旅行業界にもありがたい存在かも。

今日のオフステージイベントは、舞台装置に関する考察と、あとはクイズ大会。 白倉さんと伊藤源さんが大活躍。 勅使瓦陛下も軽妙なトークで盛り上げてくれました、ということです。

本編の感想は、

「久しぶりに、飯村さんのフィエロを拝見しました。 さすがベテランですね。 自然な演技や歌、素晴らしかったです。私の一番のお気に入りは、グリンダの真似をするエルファバに、『君はそのままでいいのに』と言うセリフです。 雅原さんエルファバは、先週よりも声の調子が良くなっていたように思いました。」

ということでした。

では、お友達から頂いた写真です。 まず、SAPPORO FINAL と入っているグッズ類。 中央はクリアファイル300円。 その左側は iPhone6ケース2,500円。

もうひとつは、恒例の日替わりボード。

もう少し下がってみるとこんな感じだそうです。 日ハム優勝の記念パネルは、置き場所が変わりました。

 

どーでもいいことなんですが、 硬球を絵に描くときって、縫い目を横に描くのが普通ですかね? パネルのデザインをするときに、文字を書き込むには楽ですけど。

壁抜け男 (東京) キャスト表はこちら
(東京公演、自由劇場)
 昨日 9/28(水)今日 9/29(木)
 キャスト異動なし

もうひとつは、『マンマ・ミーア!』東京公演。 昨日は休演日だったので、公演2日目。 キャスト異動はありませんでした。 一昨日の初日と同じです。

今日のお友達の感想は、

「鳥原さんのイザベル、ちょっと天真爛漫すぎじゃないでしょうか。

昼間の買い物時に、解放感と多少のオドオド感がないと高圧的な夫に悩まされる不幸な妻には見えません。 ちょっと軽い女に見えて。 高井さんがまた、そこまで悪人に見えないこともあって、物語の根幹の恋物語がたんなる不倫です。

飯田さんのコンサートだと思えば充分楽しめます。 残りのチケットはそう思うことにします。」 ということでした。

高圧的な夫って舞台には出てこないので、イザベルの歌詞を聞かないとイザベルの境遇はわからないんでしたっけ? たいぶ忘れてしまいました。 気楽に見に行くお客さんには、そこんところはスルーしてしまって、出会いと別れの恋物語に見えるかもですね。

ところで、『壁抜け男』東京公演が終わったら、そのままでしょうか。 というのは、『壁抜け男』って、このほぼこの10年間、東京公演しかやっていないです。 この演目、そもそも日本初演が福岡公演でしたから、福岡リターンがありそうな気がしますけど。 『リトルマーメイド』福岡公演が始まるまでの間に、キャナルシティ劇場でやったらいいんじゃない?って気がします。

posted by 宇部産タマネギ at 09:50 | 劇団四季 |