2016年7月16日(土) 今日のお友達情報から(第29週その4)

今日はもう日曜日(7月17日)なんですが、昨日の『キャッツ』大阪公演初日の写真を紹介しきれていないので、昨日の続編です。

お友達の感想をご紹介しますと、

「やっぱり、瀧山さんを目で追っかけていました。 劇場猫の時は声が枯れてて悲しそうだし、グロタイに変身したときは勇ましく。 ただ、階段を上がるときにもっと勇ましい方がいいかなと。 ぴょこぴょこしてて、ジーニーが洞窟に入っていく姿を彷彿とさせました(笑)。 船から飛び降りるところは、ジーニーがアラジンになった!と思ったり、勝手にいろいろ繋げてアタマの中で遊んでいました。

泥棒猫は2匹ともとても歌も踊りも上手で、特に、三平さんのランペルは背筋が綺麗にそってて踊りもひときわキレイです。 何をしてても釘付けでした。」

とういうことです。 感想ありがとうございました>お友達。

ところで、『キャッツ』大阪公演初日、初日なのにお土産類は何もなく、本日初日!のチラシが一枚あっただけ。それから、恒例の関係団体さんからお祝い花がズラリと並んでるというのもなかったようですね。 お花の写真を送ってくださったお友達が1人もいなかったです。

そのチラシというのは、これかな?

そして、お祝い花の代わりに、「お祝い花ありがとうございました」のパネルが。

このパネルを見て、へぇ〜 と思ったのは、阪急電鉄は上のほうに書いてあるけど、阪神電気鉄道は劇団四季と共同主催なのでいちばん下の行にあったこと。 経営統合したけど、別会社ですもんね。

劇場内外は、すっかり猫目になってます。 これは、ハービスエントの地下1階入り口。 猫目が3つ(よく見ると5つ)揃ってるように見えるポジションを選んで撮っていますね。

このまま入り口を入って、まっすぐ進むと、ここを通るのかな? ネコ目のフラッグが互い違いになってるせいか、パッと見た目にはあまり目立たないですね。『ライオンキング』のフラッグのオレンジはかなり目だってたと思ったのですが。

そして、7階ロビーの窓際です。 ここ、外が明るいので、写真に撮ると、白とびと黒つぶれが同時に起こってしまいやすく、上手に撮るのはちょっと難しいです。 人間の目だとちゃんと見えるんですけどね笑。

posted by 宇部産タマネギ at 14:16 | 劇団四季 |