2016年7月9日(土) 今日のお友達情報から(第28週その4)

今日も、お友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

ウェストサイド物語(全国)   キャスト表はこちら
(京都公演、京都劇場)
 昨日 7/8(金)今日 7/9(土)
 昼公演 キャスト異動なし

今日の『ウェストサイド物語』全国公演、京都劇場です。 客席は、少しだけ高校生団体が入っていたものの、ほぼ満席だったそうです。

お友達の感想をご紹介します。

「新演出、私はアタリだと思います。 昔、四季版を観たとき、プエルトリカンが黒人に見えたり演技のスケールも小さかったりで、結局は日本人に見えて仕方なかったのと、古い作品に見えて困りました。 一方、直後にみた来日公演のスケールの大きさと、根付いた人種の壁とかが素晴らしくて。

その点、今回の新演出は変に肌色を強調するのでなく、服装の色と髪色などで群をみせ、芝居もダンスもスケールが大きくて迫力が増し、どうしても下素な演技が増えるのですが、それでも逃げないで生々しい悲劇を演出していたと思います。

ところで、田中彰孝さんのトニー、観ているこっちが恥ずかしくなるくらい爽やかです。真っ直ぐで、初々しくて。 とてもジェット団を作った人に見えません。歌も、シンバのようでした。

周囲からは、「こんな話だったんだ、知らなかった」「ハッピーエンドにならないんだ」「かなり重い話なんだね」という声が聞こえてきました。人種のトラブルが多い今こそ、沢山の人に観て欲しい作品だと思います。 また、今回、リニューアルしたことで新たな命が吹き込まれ、古い作品から不朽の名作になったんじゃないかと思います。」

ということです。 しっかりした感想、ありがとうございました>お友達。

エクウス(馬) (東京)   キャスト表はこちら
(東京公演、自由劇場)
 昨日 7/8(金)今日 7/9(土)
 昼公演、夜公演とも キャスト異動なし

続いて、明日の日曜日が千秋楽、いよいよ大詰めの『エクウス』東京公演。 こちらも、今日のお友達の感想をご紹介します。

「今日、はっきりわかりました。 この演目、ストーリー上はアランが主役なのですが、中身は違います。アランの周りの、正常と呼ばれている側の人々、特にダイサートやアランの両親の物語ですね。」

ということです。感想、ありがとうございました>お友達。

閑話休題。 

キャスト異動の情報ではないんですが、

お友達情報によると、『リトルマーメイド』東京公演の公演プログラムが新しくなっているそうです。 これまでは4月版でしたが、夏劇場では、今日から7月版を販売しているとのこと。

7月版公演プログラムのキャスティングを見てみますと、アリエルは4人で変化なしですが、役付きさんは増えている枠が多いですね。 エリックは2人、トリトンも2人増えています。

次の公演プログラムは、東京公演と名古屋公演の統合版になるんでしょうね、きっと。

オペラ座の怪人(名古屋)   キャスト表はこちら
(名古屋公演、新名古屋ミュージカル劇場)
 昨日 7/8(金)今日 7/9(土)
 昼公演・夜公演とも キャスト異動なし
posted by 宇部産タマネギ at 00:13 | 劇団四季 |