2016年1月30日(土) 『ライオンキング』子役 の出演回数ランキング

お友達とのやりとりからヒントをもらって、ちょっと集計してみました。

『ライオンキング』 子役の出演回数ランキング です。 2016年1月29日(金)公演分までカウントしています。 

『ライオンキング』 東京公演
順位  ヤング・シンバ 順位  ヤング・ナラ
226 早矢仕優弥 204 平井花南(現役)
224 福田響志 190 阿部日向子
176+α 夏目卓実 174 片山由里恵
174 滝澤 諒    
168 野田宏海    
165 小林 翼 14 117 島田萌恵
161 加藤慶士 15 114 三木理紗子(現役)
152 間 聖次朗 16   
145 横山賀三(現役) 17  102 永田伊織(現役)

『ライオンキング』 大阪公演
順位 

ヤング・シンバ

順位  ヤング・ナラ
175 藤井 颯 223 利川桃子(現役)
165 大前嘉紀 149 奥内美遥
131 河森翔龍 119 根津桃子
      
     
       
94 菊田千瑛 7  86 角西 環  
57 吉田陽登(現役) 78 吉田 鈴(現役)
52 木下湧仁(現役) 75 田邉心愛(現役)

集計する前は、ヤング・シンバは声変わりがあるので、ヤング・ナラのほうが長続きするんじゃないかと思っていたんですが、実際にはそんなことありませんでした。 

累計の出演回数が200回を超えている子役さんが、4人もいらっしゃいます。 子役の出演は、多くても月6回ペースですから、年にざっと70回です。 となると、3年くらいはやらないと200回超えにはならないわけで、学業もある中で続けるわけですから、大変なことです。

特筆すべきは、200回超えの4人のうちの1人が、大阪のヤング・ナラ、利川桃子さんだということではないでしょうか。 無期限ロングランではない大阪公演で、200回を超えるところまで続けているわけですから、立派なことだと思います。 そして、利川桃子さんの出演回数を見ますと、東京の早矢仕優弥くん、福田響志くんにほとんど追いついており、追い越すのはもう秒読み段階、という感じです。 2月中旬にはぶっちぎってくれるでしょう。 

逆に言うと、大阪公演が3年以上続いていることと、その公演期間をメいっぱい使うことが組み合わさって、大阪でも200回超えができた、ということになりますね。

そして、利川桃子さんに続くのが東京のヤング・ナラ、平井花南さん。 大阪公演と違って東京公演は終わりませんから、回数を延ばそうと思えばまだまだやれますもんね。 東京・大阪を通じてNo.1も見えてます。 そう思うと、ご卒業が気になります。


なお、宇部産タマネギの劇団四季キャスト表は、出演データが完全に全部揃ってはいません。 劇団四季が出演キャストをちゃんと発表してくれなかった時期があったためです。その月のキャスト表はこちら。 その時期が、この表では夏目卓実くんの出演期間と重複しています。 そのため、出演回数を正しくカウントできませんでした。 そこで、+αと表記しています。 多分、αは2だと思っています。

<2月28日(日)追記>

お友達から、夏目卓実くんの出演回数は179回です、という情報を頂きました。 ご本人のツイッターの記事により確認できるのだそうです。

ということは、上の表では、176+αとしか書けなかったのですが、αは3ですね。

そこで、上に載せた2016年1月29日(金)公演分までの表に書き込みました。

『ライオンキング』 東京公演
順位  ヤング・シンバ 順位  ヤング・ナラ
226 早矢仕優弥 204 平井花南(現役)
224 福田響志 190 阿部日向子
179 夏目卓実 174 片山由里恵
174 滝澤 諒    
168 野田宏海    
165 小林 翼 14 117 島田萌恵
161 加藤慶士 15 114 三木理紗子(現役)
152 間 聖次朗 16   
145 横山賀三(現役) 17  102 永田伊織(現役)

情報をありがとうございました>お友達。

posted by 宇部産タマネギ at 21:52 | 劇団四季 |