2016年1月9日(土) 今週のキャストから(第2週その4)

今日もお友達情報をいくつも頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

エルコスの祈り  キャスト表はこちら
(東京公演、自由劇場)
  前回 1月6日(水)     今日 1月9日(土)昼公演
エルコス      中山理沙 古田しおり
ジョン      北村 優 権頭雄太朗
ニールス      日出嶋楓也 渡邊寛中
ポーラ      吉田千那津 中川奈々美
エマ     塚越眞夏 岡本直子

まず、今日からの3連休で千秋楽となる『エルコスの祈り』東京公演から。 キャストの異動は上の表のとおりで、劇団四季公式Webサイトでの予告のとおりでした。 千秋楽の11日(月祝)のキャストは、まだ予告されていませんけれど、この3連休は通しキャストでいくのではないでしょうか。

サウンド・オブ・ミュージック  キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場・秋)
  昨日 1月8日(金) →   今日 1月9日(土)
      昼公演 キャスト異動なし

続いてお隣の秋劇場、『サウンド・オブ・ミュージック』 東京公演です。

今日のお友達、マリアが平田愛咲さんに代わったので、すかさずチケットをGETされたんだそうです。

「平田さんマリア、声質が私の好きな部類ということもあるんですが、高音の伸びも素晴らしかったです。
演技も、初々しく弾けていましたし、泣き顔と笑顔が大変素晴らしくて、特に子供と接している時の笑顔は見ているこちらも大変幸せな気分になりました。」

ということです。 お気に入りさんに巡り会えたようでよかったです。

コーラスライン  キャスト表はこちら
(全国公演、1/9は東京都府中市)
  前回 1月6日(水)     今日 1月9日(土)
ジュディ      松山育恵 川井美奈子
クリスティン     引木 愛 小坂華加
ヴァル     三平果歩 松山育恵
ロイ    手島章平 カイサー タティク
トム     カイサー タティク 田邊祐真
トリッシア 小坂華加 中村ひかり

続いて、全国公演の『コーラスライン』。 九州ツアーが終わり、今週と来週は関東地方にいます。 今日は、東京都府中市で公園です。

表に書くと6つの枠で異動があったふうになってしまいますが、中身は、3組の枠スライドです。 キャシーが引き続き坂田加奈子さんなのを覗けば、年末年始の福岡公演に行く前のキャストに戻った状態になってます。

お友達のメールによりますと、

「舞台のほうは、安定した素晴らしいACLでした。 でも、音響のせいなのか会場のせいなのか、はたまた最前列端だったからなのか、音が頭の上を抜けていく感じでこもったように聴こえたのはちょっと残念でした。」

ということです。
さて、今日の最後は北海道に飛びます。 『キャッツ』札幌公演です。

キャッツ  キャスト表はこちら
(札幌公演、北海道四季劇場)
  昨日 1月8日(金) →   今日 1月9日(土)
      昼公演 キャスト異動なし

キャスト異動はなく、劇団四季公式サイトでの発表どおりでした。

お友達情報によりますと、

「札幌公演、あと65回ほどに残り少なくなり、キャストも固定気味ですが、そんな中でも、雅原慶さんのグリドルボーンが輝いている感じです。

北海道四季劇場は、昨日の1月8日に開場五周年を迎えましたが、5月開幕に向けて大丸札幌店では『ウィキッド展』が開催されるなど、着々とキャッツからウィキッドへのシフトが始まっている札幌です。」

ということです。

 image2.JPG image3.JPG

で、関連した話題ということでこんなネタはどうでしょうか。

関西エリアでは、「こんなものが届いたんですよ〜」 と写真を頂きました。

2016-01-10 09.22.39.jpg

「ことりっぷ ウィキッドを観に行く札幌さんぽ」 という冊子です。 ウィキッド色がきれいですね。 発行元は劇団四季ですが、ことりっぷ という名前のとおり、編集は昭文社さんです。

札幌市時計台と、大通り公園のテレビ塔がイラストになってます。 まるで、「札幌遠征のススメ」 ですね。

このお友達にこの冊子の話をしていましたら、 何と! 北海道では 大阪キャッツ版が届いたんだそうです。

image1.JPG

そのままは使うわけにはいかないので改変していますが、猫目をイメージしていますね。 猫目の中にあるのは、通天閣と、千里の太陽の塔ぐらいしか私には分かりませんけど。

劇団四季と昭文社さんのどちらが仕掛けたのか知りませんが、アイディア出して頑張ってるな〜 って感じがします。

他のエリアの皆さんにも、別バージョンのものが届いてますか?

posted by 宇部産タマネギ at 08:42 | 劇団四季 |