2016年1月1日(金)その2 今週のキャストから(第1週その5)

元日の記事の続きです。 元日の夕方から出かけてしまったあともお友達情報を頂いていましたので、その分をこちらの記事に書きますね。

アラジン  キャスト表はこちら
(東京公演、大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場・海)
  昨日 12月31日(木) →  今日 1月1日(金)
      キャスト異動なし

『アラジン』東京公演、元日の今日も舞台はとっても盛り上がったそうです。

海劇場の入り口です。 海劇場には、特に正月飾りみたいなものはなく、ちょっとサビシイ、ということでした。 門松などなどがないのは、大家さん(カレッタ汐留)の方針かな?

IMG_4215.jpg

お友達は、「正月飾りがないのでその代わりに」 ということで、こんな写真を送ってくださいました。

IMG_4218.jpg

ジーニーカラーのランプだそうです。 こんなのあるんだ! ショーケースの中にあるんだそうです。

元日ツアーのラストは、『オペラ座の怪人』 名古屋公演です。 

オペラ座の怪人  キャスト表はこちら
(名古屋公演、新名古屋ミュージカルシアター)
  昨日 12月31日(木)    今日 1月1日(金)
男性Ens.      伊藤潤一郎 1 真田 司 1

キャストの異動は上の表のとおりで、男性アンサンブル1枠に真田 司さんが戻ってきています。 水曜・木曜とお留守だったのはナゼかな?

今日の『オペラ座の怪人』名古屋公演、お友達によりますと、些細なアクシデントはあったものの、いつもどおりの佐野さんファントムを堪能させていだきました、ということです。

「些細なアクシデントというのは、ラストの隠れ家の場面で、クリスティーヌがラウルに駆け寄るときにベールが落ちちゃったことです。クリスティーヌのカチューシャが浮いていたのでちょっと心配だったのですが、案の定、駆け寄るときに落ちてしまいました。でも、さすが佐野さん、自然な動きでベールを投げていつもの位置に。 アクシデントも含めて舞台の魅力だと改めて感じました。」

アクシデントも含めて舞台の魅力、って、おっしゃるとおりですね。 生身の人間がやってるからこそできるものですもんね。 でも、多分、俳優さんたちが舞台に上がったら、役を演じているというより、もうその場で生きているので、何が起こってもそのときどきで普通に何とかするものなのでしょうね。

「そういえば、高井さんファントムは、クリスティーヌにブーケを持たせるときにベールを直しますが、佐野さんファントムは直さないのですね・・・」

うわっ、どれだけの数の目線がファントムに刺さっているんでしょう?  

さて、名古屋の劇場の門松は年末から出てましたので、このブログでは12月27日(日)の記事に載ってるんですが、今日は他の劇場の門松の写真があれこれ載ってるので、その写真を再掲しますね。

tm_14511872608173.jpg

そして、今日のお友達がこんな写真を送ってくださいました。 オペラ座キャンディだそうです。 紅白なのでお正月向きかと。

新しいイメージ.JPG 新しいイメージ1.JPG

元日の今日も、たくさんの観劇情報をありがとうございました>お友達のみなさん。

posted by 宇部産タマネギ at 11:46 | 劇団四季 |