2015年12月19日(土) 今週のキャストから(第51週その4) 『コーラスライン』全国公演初日

今日は、『コーラスライン』全国公演の初日です。 正午過ぎに公式サイトを見ましたら、出演予定者が載っていました。 さっそく、いつもスタイルのキャスト表を作りました。

コーラスライン  キャスト表はこちら 本日初日 
(全国公演、今日12/19は埼玉県所沢市)

ほぼ1ケ月前まで、自由劇場で東京公演をやっていましたので、そのときのキャストと比べると、大きくは変わっていない感じです。

次の方々が、『コーラスライン』初出演です。

小原哲夫(アル) 服部ゆう(マギー) 手島章平(ロイ) 吉村摩耶(ビッキー) 

ビッキーの吉村摩耶さん、私はお名前に見覚えがないので、 劇団四季の舞台に初登場の新人さんだと思います。 初舞台、おめでとうございます。

マギーの服部ゆうさん、ちょっと久々の舞台だと思います。 今年の3月、『ふたりのロッテ』全国公演の千秋楽まで ロッテをおやりになっていましたけれど、その後、お休みされていたと思いますので。 


実際に今日の所沢公演をご覧になってきたお友達から、今日の感想がメールで届きました。

皆さん安定していて、安心して見ていられる感じでしたが、 初登場の 小原哲夫さんアルと 服部ゆうさんマギー、声の通りがよくてとてもよかったということです。 感想、ありがとうございました>お友達。

美女と野獣(仙台)  キャスト表はこちら
(仙台公演、東京エレクトロンホール宮城)
    昨日 12月18日(金) 今日 12月19日(土)
     昼公演 キャスト異動なし

それから、『美女と野獣』仙台公演をご覧になったお友達からもキャスト情報を頂きました。 

今日の昼公演は、昨日と同じキャストで、公式サイトでの発表どおりでした。

お友達の感想をご紹介しますと、

「お目当ては北澤さんのビーストでした。 食事を共に願う駄々っ子感とかベルを帰したあとの『愛せぬならばリプライズ』とか、とても良かったです。
ベルと心が通じ合うようになるところで、佐野さんビーストが 安心して観ていられるビースト であるなら、北澤さんビーストは 応援してあげたくなるビースト といったところでしょうか。 『何かが変わった』が微笑ましかったですし、 一幕の「愛せぬならば」はとても丁寧に歌ってる印象があります。

それから、良かったのが地元の仙台出身の赤間さんルフウです。 前回に観劇したときは田島さんガストンの印象が濃くていいとこ持ってかれた感じでした。 今日のガストンは高橋さんでしたので、高橋さんのガストンとの組み合わせだとそれがなく、お二人のバランスが良くて、赤間さんのルフウがイキイキして見えました。」

ということです。感想、ありがとうございました>お友達。

今日のオマケです。 これは、記念写真スポットのパネルですね。 仙台公演51回 とあります。 このパネルの右側の面は、ベルとビーストが2人で踊ってる場面のようですので、静岡公演で使っていたパネルが仙台でもご奉公してるんでしょう。 

151219_123722.jpg

次は、劇場に内に飾ってあった、『美女と野獣』日本公演20周年の特別カテコで使ったオブジェ。 ただ、時期的に、クリスマスツリーがあってもよさそうなものですけど、それは劇場内になかったんだそうです。

151219_124543.jpg

それから、仙台市内の、定禅寺通り(じょうぜんじどおり)のイルミネーションです。 SENDAI光のページェント という名前の催しだそうです。

 151219_173509.jpg

 151219_174855.jpg

もうひとつ、お友達情報を頂きました。 『オペラ座の怪人』名古屋公演です。 いつもありがとうございます>お友達。

オペラ座の怪人(名古屋)  キャスト表はこちら
(名古屋公演、新名古屋ミュージカル劇場)
    昨日 12月18日(金) 今日 12月19日(土)
     昼公演 キャスト異動なし

こちらも、予定外のキャスト異動はなくて昨日と同じ、公式サイトでの予告と同じでした。

名古屋のお友達は、劇場のホワイエにあるクリスティーヌの楽屋の写真を撮って送ってくださいました。 小物類が手が届くくらい近くにあるようでビックリです。

image.jpeg 

posted by 宇部産タマネギ at 12:43 | 劇団四季 |