2015年9月26日(土) 今週のキャストから(第39週その5)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

コーラスライン(東京) キャスト表はこちら
(東京公演、自由劇場)
    昨日 9月25日(金) →                 今日 9月26日(土)
   夜公演 キャスト異動なし

今日のお友達も 『コーラスライン』 でした。 今日はキャスト異動なしでした。

今日は開演前に自由劇場の入り口に、劇団の名札をつけたスタッフさんがズラリと並んでいたそうです。その中には、社長の吉田さんも。 そして、別の受付が用意されていて、そちらへ行ったお客さんには公演プログラムが配られていたそうな。 団体の来賓さんみたいです。

<追記> お友達が観劇後に感想をメールで送ってくださいました。

お友達個人としては、2年前の東京公演はあまり良くなくって、そのもうひとつ前の5年くらい前の『コーラスライン』が出来がよかったという印象を持ってらっしゃるんだそうです。 それが、今日はそれに迫るくらいの熱いものが感じられました、と書いてくださいました。 特に良かったと思ったのは、♪アット・ザ・バレエ の三重唱だったそうです。 それから、今日は比較的前方の席だったそうですが、機会があったら中段以降の席にして、ザックと同じ目線で見てみたいということでした。

感想、ありがとうございました>お友達。

アラジン(東京) キャスト表はこちら
(東京公演、積水ハウスミュージカルシアター電通四季劇場・海)
    昨日 9月25日(金) →                 今日 9月26日(土)
   昼公演 キャスト異動なし

別のお友達からも、キャスト情報を頂きましたので、書き足します。

まず、昼公演の『アラジン』は、キャスト異動なしでした。

お友達の感想では、

「瀧山さんのジーニー、やっぱりいいです。 いちばん、ジーニーらしいジーニーのような感じがします。  アラジンも歌が力強くなったような気がしました。

アンサンブルさんのダンス、これも見所だと思います。でも、ただでもハードなダンスを、それを何役もこなしておられます。 それなのに開幕からずっと出ておられる方が半数ほどいらっしゃるようなので、ぼちぼちお休み取ってもらって身体を休めさせてあげてほしいです。」 ということです。

これは私も、アラジン出演者一覧表 を作っているで気がついていました。 役付きさんはとりあえずダブルにはなっていますけど、他の演目との取り合いですから、皮一枚って感じです。 アンサンブルは男性も女性も、いまだに1人で通してる枠が目立ちます。 場合によっては、ダブルのように見えても、複数の枠に入る人がいてダブルに見えていたりします。 例えば、相原 茜さんは1枠と3枠、多田毬奈さんは2枠と5枠。 オマケに、井上佳奈さんはキャシーですし、カトクミさんはテスで出払ってるので、やっぱり皮一枚って感じです。 演目が多すぎるんだよね〜。

サウンド・オブ・ミュージック(東京) キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場・秋)
    昨日 9月25日(金) →                 今日 9月26日(土)
   夜公演 キャスト異動なし

もうひとつ、夜公演の『サウンド・オブ・ニュージック』もキャスト情報を頂きました。 こちらも、子役以外はキャスト異動なしで、安泰でした。

『サウンド・オブ・ニュージック』をご覧になったお友達の感想は、

「開幕からお休みなしの深水大佐。 2幕途中から深水大佐の声がややかすれぎみで、歌も苦しそうでした。   最後のほうの歌はかろうじてといってもいいくらい声が出てなかったのでとても心配です。

でも、村さんも芝さんも他の演目に出演中なので代わろうにも代われる人がいない状況なんでしょうね。」 ということでした。

来週のキャスト、どうなるでしょうか。

posted by 宇部産タマネギ at 18:15 | 劇団四季 |