2008年1月27日(日) 音楽座ミュージカルコンサート Vol.1 @相模大野

 今日は、「グリーンホール相模大野」へ行ってきました。 ここは、劇団四季が全国公演初日によく使う会場でもあります。 でも、今日は劇団四季ではなくて、 音楽座/Rカンパニーのガラコンサートが目的です。

 (あら、タマネギさん、去年は「ふたりのロッテ」に随分おネツを上げてたけど、今度は音楽座ですか?) って突っ込みが飛んできそうです。 いえいえ、これは違うんです。 今は、これが「本命さんへの道」なんです。

 今日のコンサートは、音楽座がこれまで上演してきた演目の中からいくつかナンバーを選んで構成したコンサートです。ただ、その歌を、その役を務めた俳優が歌う場合もあるし、違う俳優が歌う場合もあり、それに今日は舞台装置や衣装は本公演とは違うわけなので、それらのナンバーやダンスを本公演とはちょっと違った演出で楽しめるコンサート、っていうものでした。 ガラ・コンサートってそういうものなんでしょうけど。 劇団四季でいうと、「ソング&ダンス 〜ミュージカルの花束〜」の感じかな? でも、私、音楽座は超初心者でして、本公演を見ないで先にS&Dを見ちゃったのと同じようなわけで、本当にそういう風に楽しめたかどうかは、かなり怪しいですけど。

 曲目 (プログラムから転載)

1) 「アストラル・ジャーニー」 (リトル・プリンス)
2) 「シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ」 序曲
3) 「黄金色の麦畑」 (リトル・プリンス)
4) 「バラの花びら」 (メトロに乗って)
5) 「負けない心」 (アイ・ラブ・坊ちゃん)
6) 「会えない日々」 (泣かないで)
7) 「インムービー」〜「イエス」〜「泣かないで」 (泣かないで)
8) 「揺れる心」 (21C:マドモアゼル モーツァルト)
9) 「朝焼け」 (マドモアゼル モーツァルト)
10) 「怒らないでママ」〜「チェンジのテーマ」 (チェンジ)
11) 「レボリューション」 (ホーム)
12) 「デザイン」 (とってもゴースト)
13) 「失敗がなんだ」 (とってもゴースト)
14) 「七つの人形の恋物語のテーマ(仮題)」 (七つの人形の恋物語のテーマ)
15) 「夜明け前」 (メトロに乗って)

 キャスト  (プログラムから転載)

秋本みな子、井田安寿、大川麻里江、兼崎ひろみ、清田和美、富永友紀、 野口綾乃、
野田久美子、 浜崎真美、堀川亜矢、宮崎祥子、村田麻衣、渡邊りせ

安中淳也、佐藤伸行、新木啓介、関川慶一、萩原弘雄、広田勇ニ、藤田将範、 山合大輔、
吉田朋弘、渡辺修也

伊沢絵里子、永登春香、奥津菜々子、加藤早智、河村真希、冨永波奈、原 真礼、
引野清香、 松田千穂、黛 一亮

 バンド (プログラムから転載)

高田 浩(シンセサイザーT)、Ayae(ピアノ)、石川亮太(シンセサイザーU)、
さいかち太郎(リード)、会田俊樹(ギター)、大町 滋(ヴァイオリン)、
中田真一郎(ベース)、野呂尚史(ドラム)

 どんなコンサートだったか簡単に... 初心者なので覚え違いや人間違いはご容赦

 オープニング  時間になってオーバーチュアがど〜んと始まって同時に緞帳が上がって、ではなくて、藤田将範(ふじたまさのり)さんと堀川亜矢(ほりかわあや)さんが2人で登場。 藤田さんはタキシード、堀川さんは黒のロングドレス。でも、ほとんど藤田さんが一人で喋くりまくり、イントロダクションをやりました。 音楽座/Rカンパニーの紹介、「今日のコンサートを見にはるばる新幹線で来てくれた人、手を上げて!それじゃ、飛行機で来てくれた人、手を上げて!」、それから本編中で観客も歌う「アストラル・ジャーニー」のフレーズを練習したり。 藤田さんのトーク、楽しくて、なかなか和らいだいい雰囲気になりました。 でも、20分間の間に、もっと堀川さんにも喋ってもらってもよかったんでない?せっかくドレスアップして出てきてるのに..(笑)

 1) 「アストラル・ジャーニー」 (リトル・プリンス)

  左に広田勇ニさん、中央がプリンスの野田久美子さん(多分)、右にバラの花の秋本みな子さん

 このあと、舞台奥の幕が開いて、ステージに乗ったバンドメンバーが登場。バンドは8人でした。

  2) 「シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ」 序曲

 3) 「黄金色の麦畑」 (リトル・プリンス)

 新木啓介さん、藤田将範さん、広田勇ニさん、秋本みな子さん、浜崎真美さん、堀川亜矢さんの6人で。『普段はあまりやらないアカペラのコーラスはすごく緊張しました、音外したら終わりですからねぇ』って。 ということは、いつもは誰かが音外すんですね(笑)。 

 藤田さんが舞台下手にはける時、内ポケットに入れていた一輪のバラを、舞台にそっと置いていきました。

 4) 「バラの花びら」 (メトロに乗って)

 これは、井田安寿さんのソロ。 藤田さんが置いていったバラを拾って。

 7) 「インムービー」〜「イエス」〜「泣かないで」 (泣かないで)

 藤田さんがバンドメンバーをひとりずつ紹介したあと、この3曲をバンド演奏のメドレーで。

 8) 「揺れる心」 (21C:マドモアゼル モーツァルト)

 井田安寿さん、広田勇ニさん、藤田将範さんの3人

 9) 「朝焼け」 (マドモアゼル モーツァルト)

 秋本みな子さんと浜崎真美さんの2人。 本公演では、浜崎真美さんが歌姫コンスタンツェを務めたそうなのですが、今日のコンサートでは、コンスタンツェのパートを秋本みな子さんにお願いし、浜崎さんは、マドモアゼル・モーツァルトのパートを歌ったんだそうです。

 12) 「デザイン」 (とってもゴースト)

 安中淳也さん(?)と浜崎真美さんの2人 浜崎さんはとってもミニスカート。 「私が今のあなたみたいに落ち込んだとしたら、私なら自分をなりたい自分になれるように自分をデザインするわ」 というイントロでした。  今日聞かせてもらった曲目のなかで、私、このナンバーがいちばん気に入りました。 

 13) 「失敗がなんだ」 (とってもゴースト)

 ダンスパートのみなさんがたくさん出てきました。 新木啓介さんが結構踊ってるんで楽しかった。 女性アンサンブル(というのかな?)もなかなか。 「コンタクト」のPart2を、「クレイジー・フォー・ユー」の I got Rhythm のノリでやった感じ。

 14) 「七つの人形の恋物語のテーマ(仮題)」 (七つの人形の恋物語のテーマ)

 「七つの人形の...」は、今年の8月に赤坂で上演する新作だそうです。その中で使うために作ったメロディを、「まだデモの段階なんだけど...」と言いながら、作曲・音楽監督の高田 浩さんが紹介とともに、会場で流してくれました。私が感じたことは、眠っていた人形たちが目を覚まして、目覚めてみたけどやっぱりまだ人形のままだったことが哀しくなって、でも誰かが新しい目標とか生き甲斐みたいなものを見つけて、みんなが揃って前を向いて生きていく、みたいな感じのメロディでした。 これ、私が勝手にアタマのなかに浮かんだイメージを言葉にしただけです。 

 15) 「夜明け前」 (メトロに乗って)

 本編最後のナンバー。 出演者が皆さん舞台に揃って、二列に並んでコーラス。 大まかには、ソングパートさんが前列、ダンサーパートが後列だったみたいです。 

 カーテンコール  「シャボン玉とんだ....」の中から「ドリーム」をコーラスで。

 カーテンが上がってみたら、舞台上には、本編最後のナンバー、「夜明け前」と同じように出演者のみなさんが揃っていました。 ただし、1人増えました。 そうです、本編には出演しなかった宮崎祥子さんが、前列の下手いちばん端に並んでいました。  私の席は前から7列目でしたけど、私の位置からちょうど真正面。涙が出てきそうなほど嬉しい、私には7ケ月ぶりの姿でした。 以前と少しもお変わりないように見えました。 隣の井田安寿さんは、ご自分が持っているマイクをしきりに傾けて宮崎さんにマイクを薦めるか声を拾おうとしていましたけど、ご本人は最後まで遠慮していました。

 私自身は、ほとんどのナンバーを始めて聞いたのですが(初心者ですから...)、どの歌もとっても耳に馴染みやすいと感じました。 やはり最初から日本人が日本語の歌詞を乗せるようにメロディを作っているから、でしょうか。 英語の歌詞を翻訳すれば日本語で歌うことはできますが、メロディを変えないなら、1音ずつが必ず母音を含む日本語ではどうしたって歌詞が間延びします。 初めて聞いた歌なのに、とっても気持ちが入り込みやすかったです。

 今日が宮崎祥子さんの音楽座/Rカンパニーでの初舞台です(だと思います)。 新しい世界ではこれまでと勝手が違うこともあるでしょうが、一歩一歩前に進んでいってくれると思います。 そして、なかば偶然ではあるんですが、こういう節目をしっかり押えて観ている私は、きっとフォアの風が吹いていると勝手に自画自賛しています。それから、この機会にこのブログの左下に作ってある「宮崎祥子さんの出演リスト」も更新しました。1公演ずつ増えていくのが楽しみです。 

<追記 2009/1/11> この記事を書いてからほぼ1年経った今日、改めてこの記事を読み返していて、堀川亜矢さんのお名前を一文字書き違えていたことに気がつきました。 あわてて訂正しました。 堀川さん、ゴメンナサイ。。。<追記終わり>

posted by 宇部産タマネギ at 21:34 | Comment(7) | 音楽座ミュージカル/Rカンパニー |
この記事へのコメント
いいなあ、リトプリは地方公演のチケット取ったけどさすがにガラコンまではいけませんでした しょうこちゃんがいつの間にか入団してたみたいですが、さすがに今日はちっこくなってたんでしょうか? 野田さんみたいにいきなりプリンスデビューとか、夏の新作とか楽しみにしてます 
新作の原作本を買ったのが今日届きました 在庫のないサイトもあったので慌てて買ってしまいました
Posted by まほちち at 2008年01月27日 22:09
良かったですねぇ。
やはり行っておられたんですね。
友達からメールをもらって、タマネギさん行っておられるだろうな、と思ってました。

これからの活躍が楽しみですね。
私も、機会があれば音楽座のしょうこちゃん、拝見したいです。

春ですねぇ(はあと)
Posted by nakamura at 2008年01月27日 23:28
おめでとうございます。

それでご機嫌だったのですか。
ナルホド、ナルホド。

これからも舞台をご覧になる機会はいくらでもあるでしょうけど、デビューの日に立ち会えるなんて本当にラッキーですね。

さぞ可愛かったでしょうね♪
Posted by kahana at 2008年01月28日 09:20
おめでとうございます。

私もしょうこちゃん好きだったので、こちらをお邪魔する楽しみがまた一つ増えました。

お変わりないようでよかったです!
Posted by ひろりん at 2008年01月28日 10:26
まほちちさん 準備が早いですね。
 昨日は、何しろ音楽座でまだ本公演に出たことがない立場でしたので、本編には出番がなかったです。

nakaumuraさん、kahanaさん
 昨日の朝の時点では、出るかどうかも知らなかったのですよ。予感はしてましたけど。舞台で見たら、やっぱり目元が可愛くって。以前にも増して、とっても透明なそれでいて光輝くオーラの人です。もぅー、(はあと)な春です。 えへへ、タマネギ、壊れてます。

ひろりんさん
 今回、所在がわかりましたので、すごく安心しました。タマネギが壊れかけ(はあと)モード全開の観劇レポを書くかもしれません。また、このブログ見に来てください。 
 
Posted by 宇部産タマネギ at 2008年01月28日 17:36
久しぶりに赤坂ACTシアターのHPみてそういえばと思いました。夏に音楽座の舞台がありますね。気になりますが、遠征予定の後にあるので残念です。
Posted by ayupans at 2008年01月29日 21:13
タマネギさん、こんばんは。
壊れかけモード全開(?)のレポお待ちしてます。そして、いつかは自分の目で確かめたいと思います。

「妃」の件、ありがとうございました。ずっと気になってたのですっきりしました。
Posted by chizulove at 2008年01月29日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]


メールアドレス: [必須入力]

入力したアドレスはブログ管理人(宇部産タマネギ)にしか見えません

ホームページアドレス:


コメント: [必須入力]