2016年1月31日(日) 今日のお友達情報から(第5週その6)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます。

今日は、『サウンド・オブ・ミュージック』 東京第三演 の千秋楽でした。 お友達の何人かが観劇されていて、キャストボード写真など送ってくださいました。 いつもありがとうざいます>お友達。

サウンド・オブ・ミュージック  キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[秋])  本日千秋楽
  昨日 1月30日(土) →     今日 1月31日(日)
      キャスト異動なし

お友達の感想です。

「東京公演千秋楽、ついに終わってしまいました。 やはり秋山修道院長様。 秋山院長様は院長様以外の何者でもなく、 深水大佐も大佐そのものって感じで、『♪すべての山に登れ』と『♪エーデルワイス』が特に心に沁みました。
お二人だけでなく、他の皆さんもまさにそれぞれの役を生きてるという言葉がピッタリでした。」  ということです。

他のお友達は、

「今まで、比較的前方の席から見ることが多かったのですが、今日は後方中央の、全体が見渡せる席でした。ここから見ると、舞台美術もちゃっちくは見えなかったです。 前方席からでは、特にオープニングの草原は貧相に見えてたんですが、今日は本物の山の草原に見えました。 今日、気付けてよかったです。」

カテコでは、昨日と同じように、緞帳が開いたらトラップファミリーが集まってるパターンだったそうです。 緞帳が上がったのは、10回では足らないくらいと。

それから、客席には、鳥原ゆきみさん、平田愛咲さん、エルザの西田さんほか、過去出演者の方々の姿も見えたそうです。 そして、卒業済みのトラップファミリーの子役さんたちも。

それでは、今日のお友達から届いた、SoM関連の写真を紹介します。

まず、「名作に今、新しい輝きを」 の『サウンド・オブ・ミュージック』パネルです。 今日が見納めです。

DSC_2995.JPG

でも、今日見てて気づいたんですが、このパネルには、劇団四季のロゴが書いてないんです。 あの、「劇」「団」「四」「季」が1文字ずつ紫、赤、黄、緑の地の上に書いてあるやつ。 劇団四季が上演してるのに、ロゴがないなんてパターンがあるんですね。 

思い出すと、お友達の気付きをもとにして以前の記事に書いたことなんですが、通算○○回にあたる公演のはずなのにそれらしい企画が何もないとかいうこともありました。 ちょっとナゾなところもあった、『サウンド・オブ・ミュージック』東京三演でした。 

20160131_155417.jpg

こちらは、四季劇場エントランスにあるポスターだそうです。 ちゃんと、次回演目の『ウェストサイド物語』に変わっています。 これには、劇団四季のロゴもちゃんとありますね(笑)。

リトルマーメイド  キャスト表はこちら
(東京公演、積水ハウスミュージカルシアター四季劇場[夏])
  昨日 1月30日(土) →     今日 1月31日(日)
      キャスト異動なし

続いて、『リトルマーメイド』東京公演です。 予定外のキャスト異動はなくて、昨日と同じでした。

今日のお友達も、田島さんトリトンがお初だったそうです。

「田島さんトリトンの声は、村さんと違いあまり低音ではなくて、今までのトリトンの印象と少しは違ったような気がしました。  そして見た目もかなり若返ったような。」 ということでした。いつもありがとうございます>お友達。

続いて、名古屋です。

オペラ座の怪人  キャスト表はこちら
(名古屋公演、新名古屋ミュージカルシアター劇場)
  昨日 1月30日(土) →     今日 1月31日(日)
      キャスト異動なし

『オペラ座の怪人』名古屋公演、こちらも予定外のキャスト異動はなくて、昨日と同じでした。

今日は、 ♪墓場にて、 のラストに近いところで芝さんのビックリが。

ファントムがクリスティーヌと向かい合うクライマックスの部分で、芝さんファントムは、 『angel of music』もう一度 二人は共に の Angel of music をクリスティーヌより高い音程で歌ったんです。 この歌い方は初めて聞きました。 個人的には、ここは2人がほぼユニゾンでシンクロするのがいいに、と思います。 ということでした。

最後の写真は、名古屋の劇場に登場した、新劇場演目『リトルマーメイド』のタペストリーです。 床から天井まで届く大きなものだそうで、皆さん、ワクワクで見上げていたそうです。 ありがとうございました>お友達。

image2.JPG

posted by 宇部産タマネギ at 18:51 | 劇団四季 |

2016年1月30日(土) 『ライオンキング』子役 の出演回数ランキング

お友達とのやりとりからヒントをもらって、ちょっと集計してみました。

『ライオンキング』 子役の出演回数ランキング です。 2016年1月29日(金)公演分までカウントしています。 

『ライオンキング』 東京公演
順位  ヤング・シンバ 順位  ヤング・ナラ
226 早矢仕優弥 204 平井花南(現役)
224 福田響志 190 阿部日向子
176+α 夏目卓実 174 片山由里恵
174 滝澤 諒    
168 野田宏海    
165 小林 翼 14 117 島田萌恵
161 加藤慶士 15 114 三木理紗子(現役)
152 間 聖次朗 16   
145 横山賀三(現役) 17  102 永田伊織(現役)

『ライオンキング』 大阪公演
順位 

ヤング・シンバ

順位  ヤング・ナラ
175 藤井 颯 223 利川桃子(現役)
165 大前嘉紀 149 奥内美遥
131 河森翔龍 119 根津桃子
      
     
       
94 菊田千瑛 7  86 角西 環  
57 吉田陽登(現役) 78 吉田 鈴(現役)
52 木下湧仁(現役) 75 田邉心愛(現役)

集計する前は、ヤング・シンバは声変わりがあるので、ヤング・ナラのほうが長続きするんじゃないかと思っていたんですが、実際にはそんなことありませんでした。 

累計の出演回数が200回を超えている子役さんが、4人もいらっしゃいます。 子役の出演は、多くても月6回ペースですから、年にざっと70回です。 となると、3年くらいはやらないと200回超えにはならないわけで、学業もある中で続けるわけですから、大変なことです。

特筆すべきは、200回超えの4人のうちの1人が、大阪のヤング・ナラ、利川桃子さんだということではないでしょうか。 無期限ロングランではない大阪公演で、200回を超えるところまで続けているわけですから、立派なことだと思います。 そして、利川桃子さんの出演回数を見ますと、東京の早矢仕優弥くん、福田響志くんにほとんど追いついており、追い越すのはもう秒読み段階、という感じです。 2月中旬にはぶっちぎってくれるでしょう。 

逆に言うと、大阪公演が3年以上続いていることと、その公演期間をメいっぱい使うことが組み合わさって、大阪でも200回超えができた、ということになりますね。

そして、利川桃子さんに続くのが東京のヤング・ナラ、平井花南さん。 大阪公演と違って東京公演は終わりませんから、回数を延ばそうと思えばまだまだやれますもんね。 東京・大阪を通じてNo.1も見えてます。 そう思うと、ご卒業が気になります。


なお、宇部産タマネギの劇団四季キャスト表は、出演データが完全に全部揃ってはいません。 劇団四季が出演キャストをちゃんと発表してくれなかった時期があったためです。その月のキャスト表はこちら。 その時期が、この表では夏目卓実くんの出演期間と重複しています。 そのため、出演回数を正しくカウントできませんでした。 そこで、+αと表記しています。 多分、αは2だと思っています。

<2月28日(日)追記>

お友達から、夏目卓実くんの出演回数は179回です、という情報を頂きました。 ご本人のツイッターの記事により確認できるのだそうです。

ということは、上の表では、176+αとしか書けなかったのですが、αは3ですね。

そこで、上に載せた2016年1月29日(金)公演分までの表に書き込みました。

『ライオンキング』 東京公演
順位  ヤング・シンバ 順位  ヤング・ナラ
226 早矢仕優弥 204 平井花南(現役)
224 福田響志 190 阿部日向子
179 夏目卓実 174 片山由里恵
174 滝澤 諒    
168 野田宏海    
165 小林 翼 14 117 島田萌恵
161 加藤慶士 15 114 三木理紗子(現役)
152 間 聖次朗 16   
145 横山賀三(現役) 17  102 永田伊織(現役)

情報をありがとうございました>お友達。

posted by 宇部産タマネギ at 21:52 | 劇団四季 |

2016年1月30日(土) 今日のお友達情報から(第5週その5)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

いよいよ、この週末に千秋楽を迎える 『サウンド・オブ・ミュージック』東京公演です。 何人かのお友達が、秋劇場に乗り込んでおられました(笑)。

サウンド・オブ・ミュージック  キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[秋])
  前回 1月29日(金) →     今日 1月30日(土)
      昼公演、夜公演とも キャスト異動なし

予定外のキャスト異動はなく、劇団四季公式Webサイトの発表どおりでした。

お友達の感想をご紹介しますと、 まず、昼公演を観劇されたお友達の情報では、

「昼公演では、スペシャルカーテンコールとして、 So Long,  Farewell が披露されました。」 ということです。

そして、昼公演と夜公演をマチソワでご覧になったお友達からは、

「今回の公演では、「名作に今、新しい輝きを。」というキャッチコピーがついてますが、その言葉通りだったと思います。 輝いてました。 素晴らしかったです!
キャスト一人一人の作品への思いも感じられて、マチネ、ソワレとも熱い舞台でした。
ソワレは客席も熱かったです。 子どもたちが行進して初めて登場したときに拍手がありました。 このタイミングでの拍手というのは、これまで記憶にないです。」

「カテコでは、深水大佐からご挨拶がありました。 そのあと、これまでの公演と同じく、『♪さよなら、またね』で、トラップ家の子どもたちを送り出したんですが、恒例のマックスおじさんによる子役一人一人の紹介が、今日は省かれてたので、ちょっとだけ残念でした。

 
ソワレのカテコは何回も上がって、最後は、幕が上がってみたら、トラップファミリーのみというパターン。それから、全員を呼び込んで、手を振って終わりだったんですが、
予想外だったんでしょう、半分は袖に戻りながら、もう半分は舞台に残ったまま、という珍しい終わり方になりました。」

「それから、売店では、小物がことごとく売り切れになっていました。 これは、納得です。」 という感想を送ってくださいました。

オマケの写真は、春劇場の入り口上。 17周年のフラッグが取り外されていてなかったそうです。 春劇場の保守点検の関係で取り外したんでしょうかね。 いつも何かしら架けてあったところに何もないと、殺風景というか、さびしいですね。

20160130_165606.jpg

<追記> 夜になって、もうひとつお友達情報を頂いたので、今日の記事を書き足します。

アラジン  キャスト表はこちら
(東京公演、大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海])
  前回 1月29日(金) →     今日 1月30日(土)
      昼公演、夜公演とも キャスト異動なし

『アラジン』東京公演です。 このお友達も、昼公演と夜公演のマチソワでした。

お友達の感想です。

「今日の楽しみは、何といっても私にとってはお初の海宝さんアラジンでした。 いやぁ〜、第一声からいきなり惹き込まれました。。
この方、歌もセリフの時も本当にいい声ですね。 歌が上手とか、セリフが聴きやすいという方は結構いますが、海宝さんの声は聴いていて気持ちがいい声です。

そして、このミュージカルのアラジンは、ほぼジーニーに役どころ持っていかれてしまうんでしょうけど、今日の海宝さんアラジン、全然負けていなかったです。素晴らしかった。

アラジンだけでなく、ジャスミンの三井さんも、今までで一番声が出ていて、歌も聴き応えありましたし、ジーニーは瀧山さんで相変わらずの爆笑王。 マチソワの観劇でしたが、あっという間に終わってしまいました。」

感想、ありがとうございました>お友達。

posted by 宇部産タマネギ at 20:46 | 劇団四季 |

2016年1月29日(金) 今日のお友達情報から(第5週その4)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

コーラスライン  キャスト表はこちら
(全国公演、今日1/29は名古屋市)
  前回 1月28日(木) →     今日 1月29日(金)
      キャスト異動なし

全国公演の『コーラスライン』、今日は名古屋市での公演です。 キャストは、昨日と変わらずでした。

今日のお友達の感想をご紹介しますと、

「キャパ1000人の会場では、この演目、明らかにこじんまりし過ぎていました。

それに、男性陣もこじんまりしてます。 おまけに、初めは歌が弱すぎます。

後半で盛り返してきますし、女性陣は皆さん素晴らしいと思います。 でも、それを打ち消してしまうくらい男性陣が薄いのが残念です。

ダンスは見応えあると思うので、やはり自由劇場クラスの劇場で、また見てみたいと思います。」

ということでした。

『コーラスライン』は、このあと、2月から3月にかけて京都劇場で3週間の滞在公演があり、最後に、東北地方を回って3月下旬に全国公演が終わります。 そのあと、自由劇場での東京公演へと続きます。 CFY全国公演のように、全国公演の期間中に熟成されて、自由劇場での凱旋公演では素晴らしい舞台になりますように。

ところで、今日は、『オペラ座の怪人』名古屋公演は昼公演で、『コーラスライン』のほうは夜公演でした。 なので、『コーラスライン』の客席には、オペラ座カンバニーのメンバーが見に来てらしたそうです。

posted by 宇部産タマネギ at 00:07 | 劇団四季 |

2016年1月28日(木) 今日のお友達情報から(第5週その3)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

リトルマーメイド  キャスト表はこちら
(東京公演、積水ハウスミュージカルシアター四季劇場[夏])
  前回 1月27日(水) →     今日 1月28日(木)
      キャスト異動なし

キャストは昨日と変わらずでした。 

今日のお友達の感想は、

「田島さんのトリトン王、私は初めて拝見しました。 歌い方など芝さんに近い感じだったように思います。 そのせいなのでしょうね、意外と田島さんらしさを感じませんでした。 これからに期待したいと思います。

それから、青山さんのアースラは久しぶりでした。 期待していたんですが、アースラの足の動きが一部ぎこちなく、そちらのばかりに目がいってしまいました。

そして竹内さんのエリックは、まだ成長中です。」

ということでした。 感想、ありがとうございました>お友達。

posted by 宇部産タマネギ at 23:29 | 劇団四季 |

今週のキャスト情報 (2016/01/28更新) その370

「ライオンキング 大阪公演」  今月のキャスト表は こちら

> 今週のキャスト情報(2016/01/28 更新)
> ヤングナラ 田邉心愛 (27日,31日) 庄司 笹 (28日) 利川桃子 (29日) 折坂月帆 (30日(昼)) 吉田 鈴 (30日(夜))

(宇部産タマネギのメモ) やっぱりー! 未定だった30日(土)昼公演のヤングナラは、やはり、新しいヤングナラのデビューでした。 おりさか つきほ さん、とお読みすればいいのかな? 大阪公演の千秋楽が見えてるけど、頑張ってねー。

posted by 宇部産タマネギ at 19:04 | キャストチェンジ |

2016年1月27日(水) 今日のお友達情報から(第5週その2)

今日もお友達情報を頂きました。 いつもありがとうございます>お友達。

コーラスライン  キャスト表はこちら
(全国公演、今日1/27は愛知県豊橋市)
  前回 1月26日(火) →     今日 1月27日(水)
      キャスト異動なし

『コーラスライン』全国公演、今日は、愛知県豊橋市です。 キャストは昨日と変わらずでした。

今日のお友達の感想によりますと、

「全体としては、歌がちょっと弱いかな。でも、個々には、頑張ってる印象が強く感じられるかたもいました。 たとえば、マギーの服部ゆうさん。」 ということです。

私が、2007年ロッテ組が大好きなのをご存知の上で、こう書いてくださったのかも知れませんけど(笑)。

今年が2016年ですから、もう9年になるんですね。 今でも劇団に在籍してらっしゃるのは、服部ゆうさん、梅崎友里絵さん、齋藤 舞さん、小澤真琴さん、木内志奈さん、五所真理子さん、このくらいになっちゃいました。 今では、皆さん、そうそうたる中堅どころです。

posted by 宇部産タマネギ at 22:08 | 劇団四季 |

今週のキャスト情報 (2016/01/27更新) その369

「人間になりたがった猫 全国公演」   今月のキャスト表は こちら

> 今週のキャスト情報(2016/01/27 更新)
> スワガード 荒木 勝 (25日〜27日) 加藤 迪 (28日〜31日)

(宇部産タマネギのメモ) あれ、加藤 すすむさん、1週間ほど前まで札幌でマンカストラップだったのに。 いつの間にお稽古されたんでしょ?

荒木 勝さんのクラプキ抜けに関連する玉突きでしょうか。 川辺さんは大阪でプンヴァですが、 青羽 剛さんは、仙台BBが終わってるので空いてるといえば空いてると思います。

posted by 宇部産タマネギ at 10:03 | キャストチェンジ |

2016年1月26日(火) 今日のお友達情報から(第5週その1)

今日も常連のお友達から、キャスト情報を頂きました。 いつもありがとうございます>常連のお友達。

サウンド・オブ・ミュージック  キャスト表はこちら
(東京公演、四季劇場[秋])
  前回 1月24日(日) →     今日 1月26日(火)
      キャスト異動なし

いよいよ今週がラスト週の、『サウンド・オブ・ミュージック』 東京公演です。

キャスト異動は、上の表のとおりで、予定外のキャスト異動はありませんでした。 劇団四季公式Webサイトでの予告のとおりでした。

今日のキャスト情報を送ってくださったお友達は、私のお友達のなかでも、たぶん筆頭格の 『サウンド・オブ・ミュージック』 好きの方です。 どうも、毎回観劇されるたびに号泣されているようなんです。 今日も、「残念だけど、スケジュール的に今日が私のマイ楽になります。 嗚咽を堪えながら号泣してまいりました」 ってメールをくださいました。

たくさんのSoM情報、ありがとうございました>常連のお友達。

posted by 宇部産タマネギ at 22:06 | 劇団四季 |

2016年1月24日(日) 今日のお友達情報から(第4週その1)

とっても久々にブログの記事書きをしている宇部産タマネギです。 2つ3つの事情が重なって、ブログの記事書きを2週間ほどサボっておりました。

今日は、情報の鮮度としては古新聞になってしまうんですが、昨日の日曜日の夜に届いていたお友達情報などを紹介します。

お友達が観劇されたのは、『人間になりたがった猫』 羽村公演です。

人間になりがった猫  キャスト表はこちら
(全国公演、今日1/24は東京都羽村市)
  前回 1月22日(金)      今日 1月24日(日)
女性Ens.      成松 藍      小菅 舞 

キャスト異動は上の表のとおりで、劇団四季公式Webサイトで予告があったとおりです。

お友達の感想によりますと、

「今日のタドベリは飯田さん兄、お初でした。 吉谷さんのタドベリが人生経験豊富な老齢タドベリだとすると、飯田さんのダドベリは、インテリの道からちょいと外れたような、それでいてやさしくて、若くて端正な感じがするタドベリでした。 それぞれに良さがあると思うので、どちらもありかなと思います。」

ということでした。 感想、ありがとうございました>お友達。

ところで、今日のお友達が送ってくださったキャストシートに、 『ファミリーミュージカル エルコスの祈り』 全国公演決定!という告知を見つけました。

2016-01-24エルコス情報.jpg

4月23日(土)相模原、4月29日(金祝)江戸川、5月4日(水祝)東大和  とあります。

『ラ・アルプ』の1月号には、2月先行発売 相模原/江戸川 しか載ってないですし、公式Webサイトにも公演スケジュールや公演地は、まだ掲載されていませんけど、これのことですね。 2月号の『ラ・アルプ』に詳細が載ると思います。  みなさんからの情報はありがたいです。

posted by 宇部産タマネギ at 20:02 | 劇団四季 |