2015年6月2日(火) 11年目に突入

宇部産タマネギです。

5月が終わって6月に入りましたので、私(宇部産タマネギ)の劇団四季キャスト表が、ついに11年目に突入しました。 2005年の6月がスタートだったのです。 当初は、10年も続くと思いませんでしたけどね。

この10年間、いろいろなことがありました。 前日公演の出演者情報がキャストフォンしかなかった時期もありました。 この頃は、自分が出勤している間にPCに電話を掛けさせて、アナウンスを留守番電話器に録音し、それを私が帰宅してから再生して、キャスト表を更新していましたっけ。 演目ごとに掛ける電話番号が違うし、土曜日はマチソワなので、1日に2回聞かなきゃいけないので大変でした。  海外出張のときは、実は協力者に代役をお願いして情報を取っていました。

2007年9月には、突然、劇団が実績出演者の発表をやめてしまいました。 とってもピンチな時期でした。 このときは、観劇した皆さんからキャストボード写真などをメールで送っていただき、その情報だけでキャスト表作りを何とか続けました。 この危機的な状態は、確か5週間続いたと思います

その頃に比べると、今は、夢のように楽になりました。 一般公演でない、例えば「こころの劇場」のような招待公演も含めたすべての演目の、プリンシパルもアンサンブルも、翌朝には、公式サイトで前日公演の全部の実績出演者が発表になるのですから。

今は、今週の出演予定キャストの発表が充実しているので、以前と比べたら、私のキャスト表はニーズが減ったようです。 でも、劇団が出版している上演記録は2004年が最後ですから、入手可能な記録としての価値もありそうですし、 何より、10年間にわたって、すべての演目を、完全に統一されたスタイルの表で公開していて、しかも日々アップデートしているなんてことを続けてる方は多分他にはいらっしゃならないでしょう。 「オンリーOne、ナンバーOne」だと勝手に自惚れて、当分続けるつもりです。

みなさんが観劇された折には、ぜひ、劇場のキャストボードや、配布用のキャストシートをデジカメで撮って、宇部産タマネギにメールで送ってくださいませ。 実際の出演者が、公式サイトで予告されている出演予定キャストと同じでも、つまりは、予定外なことが起こっていなくても構わないです。 メールにその日の感想などでも書き添えていただければ、このブログの中でネタに使わせていただきます。

いつまで続くかわかりませんが、これからも、宇部産タマネギの劇団四季キャスト表を、ごひいきにお願いいたします。 

posted by 宇部産タマネギ at 22:26 | その他 |